『-1 (MINUS ONE』(マイナス・ワン)は、日本のロックバンドであるビデオ・スターリンの唯一のオリジナルアルバム。 1988年9月20日にインディーズレーベルのB.Q.レコードから発売された。作詞は全曲MICHIRO(遠藤ミチロウ)、作曲はMICHIROとMAYが担当、プロデューサーは遠藤が担当している。 1985年のザ・スターリン解散後、ボーカルの遠藤ミチロウが新たにメンバーを選出し、ザ・スターリン時代の曲を演奏しビデオのみをリリースするというコンセプトであったビデオ・スターリンの唯一のアルバム。すでにライブ・ビデオを2本リリースしていたビデオ・スターリンであったが、本アルバムリリース前の8月4日の宮城県唐桑臨海劇場でのライブを最後に活動を停止しており、その後にリリースされている。 本作からは1枚もシングルカットはされなかったが、1988年1月9日に中野文化センターでのライブにて「ウルトラSEX MAN/24時間愛のファシズム」のソノシートが配布された。このアルバムにはザ・スターリン時代の曲は収録されておらず、全て新曲となっている。このアルバムを発表後にビデオ・スターリンは解散し、翌1989年に遠藤を中心にメンバーを一新したスターリンが結成される。

Property Value
dbo:abstract
  • 『-1 (MINUS ONE』(マイナス・ワン)は、日本のロックバンドであるビデオ・スターリンの唯一のオリジナルアルバム。 1988年9月20日にインディーズレーベルのB.Q.レコードから発売された。作詞は全曲MICHIRO(遠藤ミチロウ)、作曲はMICHIROとMAYが担当、プロデューサーは遠藤が担当している。 1985年のザ・スターリン解散後、ボーカルの遠藤ミチロウが新たにメンバーを選出し、ザ・スターリン時代の曲を演奏しビデオのみをリリースするというコンセプトであったビデオ・スターリンの唯一のアルバム。すでにライブ・ビデオを2本リリースしていたビデオ・スターリンであったが、本アルバムリリース前の8月4日の宮城県唐桑臨海劇場でのライブを最後に活動を停止しており、その後にリリースされている。 本作からは1枚もシングルカットはされなかったが、1988年1月9日に中野文化センターでのライブにて「ウルトラSEX MAN/24時間愛のファシズム」のソノシートが配布された。このアルバムにはザ・スターリン時代の曲は収録されておらず、全て新曲となっている。このアルバムを発表後にビデオ・スターリンは解散し、翌1989年に遠藤を中心にメンバーを一新したスターリンが結成される。 (ja)
  • 『-1 (MINUS ONE』(マイナス・ワン)は、日本のロックバンドであるビデオ・スターリンの唯一のオリジナルアルバム。 1988年9月20日にインディーズレーベルのB.Q.レコードから発売された。作詞は全曲MICHIRO(遠藤ミチロウ)、作曲はMICHIROとMAYが担当、プロデューサーは遠藤が担当している。 1985年のザ・スターリン解散後、ボーカルの遠藤ミチロウが新たにメンバーを選出し、ザ・スターリン時代の曲を演奏しビデオのみをリリースするというコンセプトであったビデオ・スターリンの唯一のアルバム。すでにライブ・ビデオを2本リリースしていたビデオ・スターリンであったが、本アルバムリリース前の8月4日の宮城県唐桑臨海劇場でのライブを最後に活動を停止しており、その後にリリースされている。 本作からは1枚もシングルカットはされなかったが、1988年1月9日に中野文化センターでのライブにて「ウルトラSEX MAN/24時間愛のファシズム」のソノシートが配布された。このアルバムにはザ・スターリン時代の曲は収録されておらず、全て新曲となっている。このアルバムを発表後にビデオ・スターリンは解散し、翌1989年に遠藤を中心にメンバーを一新したスターリンが結成される。 (ja)
dbo:artist
dbo:genre
dbo:producer
dbo:title
  • -1 (ja)
  • (MINUS ONE) (ja)
  • -1 (ja)
  • (MINUS ONE) (ja)
dbo:wikiPageID
  • 2384124 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 13379 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 82676042 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:artist
prop-ja:collapsed
  • yes (ja)
  • yes (ja)
prop-ja:ean
  • (ja)
  • (2012年) (ja)
  • (ja)
  • (2012年) (ja)
prop-ja:genre
prop-ja:headline
  • A面 (ja)
  • B面 (ja)
  • Disc 1 MINUS ONE (ja)
  • Disc 2 DEBUT! (ja)
  • A面 (ja)
  • B面 (ja)
  • Disc 1 MINUS ONE (ja)
  • Disc 2 DEBUT! (ja)
prop-ja:label
  • B.Q. RECORDS (ja)
  • B.Q. RECORDS (ja)
prop-ja:length
  • 39 (xsd:integer)
  • 115.0
  • 119.0
  • 150.0
  • 151.0
  • 153.0
  • 155.0
  • 157.0
  • 172.0
  • 173.0
  • 175.0
  • 178.0
  • 180.0
  • 181.0
  • 184.0
  • 185.0
  • 186.0
  • 187.0
  • 192.0
  • 193.0
  • 198.0
  • 206.0
  • 207.0
  • 226.0
  • 227.0
  • 244.0
  • 297.0
  • 341.0
  • 343.0
  • 480.0
  • 484.0
  • 526.0
  • 584.0
  • 798.0
  • 95.0
prop-ja:lyrics
prop-ja:lyricsCredits
  • yes (ja)
  • yes (ja)
prop-ja:music
  • MAY (ja)
  • MAY、MICHIRO (ja)
  • MICHIRO (ja)
  • タム (ja)
  • マーク・ボラン (ja)
  • 文部省唱歌 (ja)
  • 晋太郎、タム (ja)
  • MAY (ja)
  • MAY、MICHIRO (ja)
  • MICHIRO (ja)
  • タム (ja)
  • マーク・ボラン (ja)
  • 文部省唱歌 (ja)
  • 晋太郎、タム (ja)
prop-ja:musicCredits
  • yes (ja)
  • yes (ja)
prop-ja:name
  • -1 (xsd:integer)
  • (ja)
prop-ja:note
  • ソノシート音源 (ja)
  • ソノシート音源 (ja)
prop-ja:producer
prop-ja:recorded
  • 1987 (xsd:integer)
  • 1988 (xsd:integer)
  • dbpedia-ja:ロフト_(ライブハウス)
  • (ja)
  • --05-03
  • エコーハウス (ja)
  • スターシップスタジオ (ja)
  • 神楽坂EXPLOSION (ja)
  • (DISC 2 1,16曲目) (ja)
  • (DISC 2 2〜15曲目) (ja)
prop-ja:released
  • --09-20
prop-ja:rev
prop-ja:rev1score
  • 肯定的 (ja)
  • 肯定的 (ja)
prop-ja:rev2score
  • 肯定的 (ja)
  • 肯定的 (ja)
prop-ja:title
  • -1 (xsd:integer)
  • 20 (xsd:integer)
  • 24 (xsd:integer)
  • GASS (ja)
  • KOREA (ja)
  • LOVE TERRORIST (ja)
  • New York PARANOIA (ja)
  • Relo Relo (ja)
  • STOP GIRL (ja)
  • Sha.La.La (ja)
  • ウルトラ・SEX・MAN (ja)
  • キリの中 (ja)
  • タイフーン・レディ・フラッシュ (ja)
  • バイ・バイ“ニーチェ” (ja)
  • バキューム (ja)
  • メシ喰わせろ! (ja)
  • 仰げば尊し (ja)
  • 先天性労働者 (ja)
  • 冷蔵庫 (ja)
  • 天上ペニス (ja)
  • 愛してやるさ! (ja)
  • 渚の天婦羅ロック (ja)
  • 爆裂(バースト)ヘッド (ja)
  • 猟奇ハンター (ja)
  • 羊飼いのうた (ja)
  • (ja)
  • 解剖室 (ja)
prop-ja:totalLength
  • 1161.0
  • 1199.0
  • 3257.0
  • 3783.0
prop-ja:type
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 『-1 (MINUS ONE』(マイナス・ワン)は、日本のロックバンドであるビデオ・スターリンの唯一のオリジナルアルバム。 1988年9月20日にインディーズレーベルのB.Q.レコードから発売された。作詞は全曲MICHIRO(遠藤ミチロウ)、作曲はMICHIROとMAYが担当、プロデューサーは遠藤が担当している。 1985年のザ・スターリン解散後、ボーカルの遠藤ミチロウが新たにメンバーを選出し、ザ・スターリン時代の曲を演奏しビデオのみをリリースするというコンセプトであったビデオ・スターリンの唯一のアルバム。すでにライブ・ビデオを2本リリースしていたビデオ・スターリンであったが、本アルバムリリース前の8月4日の宮城県唐桑臨海劇場でのライブを最後に活動を停止しており、その後にリリースされている。 本作からは1枚もシングルカットはされなかったが、1988年1月9日に中野文化センターでのライブにて「ウルトラSEX MAN/24時間愛のファシズム」のソノシートが配布された。このアルバムにはザ・スターリン時代の曲は収録されておらず、全て新曲となっている。このアルバムを発表後にビデオ・スターリンは解散し、翌1989年に遠藤を中心にメンバーを一新したスターリンが結成される。 (ja)
  • 『-1 (MINUS ONE』(マイナス・ワン)は、日本のロックバンドであるビデオ・スターリンの唯一のオリジナルアルバム。 1988年9月20日にインディーズレーベルのB.Q.レコードから発売された。作詞は全曲MICHIRO(遠藤ミチロウ)、作曲はMICHIROとMAYが担当、プロデューサーは遠藤が担当している。 1985年のザ・スターリン解散後、ボーカルの遠藤ミチロウが新たにメンバーを選出し、ザ・スターリン時代の曲を演奏しビデオのみをリリースするというコンセプトであったビデオ・スターリンの唯一のアルバム。すでにライブ・ビデオを2本リリースしていたビデオ・スターリンであったが、本アルバムリリース前の8月4日の宮城県唐桑臨海劇場でのライブを最後に活動を停止しており、その後にリリースされている。 本作からは1枚もシングルカットはされなかったが、1988年1月9日に中野文化センターでのライブにて「ウルトラSEX MAN/24時間愛のファシズム」のソノシートが配布された。このアルバムにはザ・スターリン時代の曲は収録されておらず、全て新曲となっている。このアルバムを発表後にビデオ・スターリンは解散し、翌1989年に遠藤を中心にメンバーを一新したスターリンが結成される。 (ja)
rdfs:label
  • -1 (MINUS ONE) (ja)
  • -1 (MINUS ONE) (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of