黒澤 明(くろさわ あきら、1910年3月23日 - 1998年9月6日)は、日本の映画監督・脚本家。第二次世界大戦後の日本映画を代表する映画監督であり、国際的にも有名で影響力のある映画監督の一人とみなされている。ダイナミックな映像表現、劇的な物語構成、ヒューマニズムを基調とした主題で知られる。生涯で30本の監督作品を発表したが、そのうち16本で俳優の三船敏郎とコンビを組んだ。 青年時代は画家を志望していたが、1936年にP.C.L.映画製作所(1937年に東宝に合併)に入社し、山本嘉次郎監督の助監督や脚本家を務めたのち、1943年に『姿三四郎』で監督デビューした。『醉いどれ天使』(1948年)と『野良犬』(1949年)で日本映画の旗手として注目されたあと、『羅生門』(1950年)でヴェネツィア国際映画祭金獅子賞を受賞し、日本映画が国際的に認知されるきっかけを作った。その後『生きる』(1952年)、『七人の侍』(1954年)、『用心棒』(1961年)などが高い評価を受け、海外では黒澤作品のリメイクが作られた。1970年代以降は国内で製作資金を調達するのが難しくなるが、海外資本で『デルス・ウザーラ』(1975年)、『影武者』(1980年)、『乱』(1985年)、『夢』(1990年)を作り、国内外で多くの映画賞を受けた。1985年に映画人初の文化勲章を受章し、1990年にはアカデミー名誉賞を受賞した。没後、映画監督初の国民栄誉賞が贈られた。

Property Value
dbo:abstract
  • 黒澤 明(くろさわ あきら、1910年(明治43年)3月23日 - 1998年(平成10年)9月6日)は、日本の映画監督・脚本家。第二次世界大戦後の日本映画を代表する映画監督であり、国際的にも有名で影響力のある映画監督の一人とみなされている。ダイナミックな映像表現、劇的な物語構成、ヒューマニズムを基調とした主題で知られる。生涯で30本の監督作品を発表したが、そのうち16本で俳優の三船敏郎とコンビを組んだ。 青年時代は画家を志望していたが、1936年にP.C.L.映画製作所(1937年に東宝に合併)に入社し、山本嘉次郎監督の助監督や脚本家を務めたのち、1943年に『姿三四郎』で監督デビューした。『醉いどれ天使』(1948年)と『野良犬』(1949年)で日本映画の旗手として注目されたあと、『羅生門』(1950年)でヴェネツィア国際映画祭金獅子賞を受賞し、日本映画が国際的に認知されるきっかけを作った。その後『生きる』(1952年)、『七人の侍』(1954年)、『用心棒』(1961年)などが高い評価を受け、海外では黒澤作品のリメイクが作られた。1970年代以降は国内で製作資金を調達するのが難しくなるが、海外資本で『デルス・ウザーラ』(1975年)、『影武者』(1980年)、『乱』(1985年)、『夢』(1990年)を作り、国内外で多くの映画賞を受けた。1985年に映画人初の文化勲章を受章し、1990年にはアカデミー名誉賞を受賞した。没後、映画監督初の国民栄誉賞が贈られた。 (ja)
  • 黒澤 明(くろさわ あきら、1910年3月23日 - 1998年9月6日)は、日本の映画監督・脚本家。第二次世界大戦後の日本映画を代表する映画監督であり、国際的にも有名で影響力のある映画監督の一人とみなされている。ダイナミックな映像表現、劇的な物語構成、ヒューマニズムを基調とした主題で知られる。生涯で30本の監督作品を発表したが、そのうち16本で俳優の三船敏郎とコンビを組んだ。 青年時代は画家を志望していたが、1936年にP.C.L.映画製作所(1937年に東宝に合併)に入社し、山本嘉次郎監督の助監督や脚本家を務めたのち、1943年に『姿三四郎』で監督デビューした。『醉いどれ天使』(1948年)と『野良犬』(1949年)で日本映画の旗手として注目されたあと、『羅生門』(1950年)でヴェネツィア国際映画祭金獅子賞を受賞し、日本映画が国際的に認知されるきっかけを作った。その後『生きる』(1952年)、『七人の侍』(1954年)、『用心棒』(1961年)などが高い評価を受け、海外では黒澤作品のリメイクが作られた。1970年代以降は国内で製作資金を調達するのが難しくなるが、海外資本で『デルス・ウザーラ』(1975年)、『影武者』(1980年)、『乱』(1985年)、『夢』(1990年)を作り、国内外で多くの映画賞を受けた。1985年に映画人初の文化勲章を受章し、1990年にはアカデミー名誉賞を受賞した。没後、映画監督初の国民栄誉賞が贈られた。 (ja)
  • 黒澤 明(くろさわ あきら、1910年(明治43年)3月23日 - 1998年(平成10年)9月6日)は、日本の映画監督・脚本家。第二次世界大戦後の日本映画を代表する映画監督であり、国際的にも有名で影響力のある映画監督の一人とみなされている。ダイナミックな映像表現、劇的な物語構成、ヒューマニズムを基調とした主題で知られる。生涯で30本の監督作品を発表したが、そのうち16本で俳優の三船敏郎とコンビを組んだ。 青年時代は画家を志望していたが、1936年にP.C.L.映画製作所(1937年に東宝に合併)に入社し、山本嘉次郎監督の助監督や脚本家を務めたのち、1943年に『姿三四郎』で監督デビューした。『醉いどれ天使』(1948年)と『野良犬』(1949年)で日本映画の旗手として注目されたあと、『羅生門』(1950年)でヴェネツィア国際映画祭金獅子賞を受賞し、日本映画が国際的に認知されるきっかけを作った。その後『生きる』(1952年)、『七人の侍』(1954年)、『用心棒』(1961年)などが高い評価を受け、海外では黒澤作品のリメイクが作られた。1970年代以降は国内で製作資金を調達するのが難しくなるが、海外資本で『デルス・ウザーラ』(1975年)、『影武者』(1980年)、『乱』(1985年)、『夢』(1990年)を作り、国内外で多くの映画賞を受けた。1985年に映画人初の文化勲章を受章し、1990年にはアカデミー名誉賞を受賞した。没後、映画監督初の国民栄誉賞が贈られた。 (ja)
  • 黒澤 明(くろさわ あきら、1910年3月23日 - 1998年9月6日)は、日本の映画監督・脚本家。第二次世界大戦後の日本映画を代表する映画監督であり、国際的にも有名で影響力のある映画監督の一人とみなされている。ダイナミックな映像表現、劇的な物語構成、ヒューマニズムを基調とした主題で知られる。生涯で30本の監督作品を発表したが、そのうち16本で俳優の三船敏郎とコンビを組んだ。 青年時代は画家を志望していたが、1936年にP.C.L.映画製作所(1937年に東宝に合併)に入社し、山本嘉次郎監督の助監督や脚本家を務めたのち、1943年に『姿三四郎』で監督デビューした。『醉いどれ天使』(1948年)と『野良犬』(1949年)で日本映画の旗手として注目されたあと、『羅生門』(1950年)でヴェネツィア国際映画祭金獅子賞を受賞し、日本映画が国際的に認知されるきっかけを作った。その後『生きる』(1952年)、『七人の侍』(1954年)、『用心棒』(1961年)などが高い評価を受け、海外では黒澤作品のリメイクが作られた。1970年代以降は国内で製作資金を調達するのが難しくなるが、海外資本で『デルス・ウザーラ』(1975年)、『影武者』(1980年)、『乱』(1985年)、『夢』(1990年)を作り、国内外で多くの映画賞を受けた。1985年に映画人初の文化勲章を受章し、1990年にはアカデミー名誉賞を受賞した。没後、映画監督初の国民栄誉賞が贈られた。 (ja)
dbo:academyAward
dbo:birthYear
  • 1910-01-01 (xsd:gYear)
dbo:deathYear
  • 1998-01-01 (xsd:gYear)
dbo:notableWork
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 1970 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 87757 (xsd:nonNegativeInteger)
  • 90566 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81597833 (xsd:integer)
  • 86717028 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:alt
  • 三船敏郎 (ja)
  • 志村喬 (ja)
  • 三船敏郎 (ja)
  • 志村喬 (ja)
prop-ja:footer
prop-ja:image
prop-ja:text
  • この記事の項目名には分野により以下のような表記揺れがあります。 (ja)
  • この記事の項目名には分野により以下のような表記揺れがあります。 (ja)
prop-ja:title
  • 受賞 (ja)
  • 受賞 (ja)
prop-ja:topic
  • 第58回アカデミー賞 (ja)
  • 第62回アカデミー賞 (ja)
  • 第58回アカデミー賞 (ja)
  • 第62回アカデミー賞 (ja)
prop-ja:totalWidth
  • 280 (xsd:integer)
prop-ja:video
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:その他の賞
  • 1951 (xsd:integer)
  • 1985 (xsd:integer)
  • 1992 (xsd:integer)
  • 外国語映画賞 (ja)
  • 監督賞 (ja)
  • ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞 (ja)
  • D・W・グリフィス賞 (ja)
prop-ja:ふりがな
  • くろさわ あきら (ja)
  • くろさわ あきら (ja)
prop-ja:アカデミー賞
  • 1975 (xsd:integer)
  • 1989 (xsd:integer)
  • 外国語映画賞 (ja)
  • 名誉賞 (ja)
prop-ja:カンヌ国際映画祭
  • 1980 (xsd:integer)
  • パルム・ドール (ja)
prop-ja:ジャンル
prop-ja:セザール賞
  • 1980 (xsd:integer)
  • 外国映画賞 (ja)
prop-ja:ニューヨーク映画批評家協会賞
  • 1985 (xsd:integer)
  • 外国語映画賞 (ja)
prop-ja:ブルーリボン賞
  • 1950 (xsd:integer)
  • 1958 (xsd:integer)
  • 1965 (xsd:integer)
  • 1980 (xsd:integer)
  • 1985 (xsd:integer)
  • 1998 (xsd:integer)
  • 特別賞 (ja)
  • 脚本賞 (ja)
  • 作品賞 (ja)
  • 監督賞 (ja)
prop-ja:ベルリン国際映画祭
  • 1954 (xsd:integer)
  • 1959 (xsd:integer)
  • 国際映画批評家連盟賞 (ja)
  • 銀熊賞 (監督賞) (ja)
  • ベルリン市政府特別賞 (ja)
  • 銀熊賞(監督賞) (ja)
prop-ja:ロサンゼルス映画批評家協会賞
  • 1985 (xsd:integer)
  • 外国語映画賞 (ja)
  • 生涯功労賞 (ja)
prop-ja:ヴェネツィア国際映画祭
  • 1951 (xsd:integer)
  • 1954 (xsd:integer)
  • 1965 (xsd:integer)
  • 1971 (xsd:integer)
  • 1982 (xsd:integer)
  • 金獅子賞 (ja)
  • 栄誉金獅子賞 (ja)
  • 銀獅子賞 (ja)
  • 国際カトリック映画事務局賞 (ja)
  • イタリア批評家賞 (ja)
  • サン・ジョルジョ賞 (ja)
prop-ja:主な作品
  • 『隠し砦の三悪人』(1958年) (ja)
  • 『醉いどれ天使』(1948年) (ja)
  • 『七人の侍』(1954年) (ja)
  • 『生きる』(1952年) (ja)
  • 『デルス・ウザーラ』(1975年) (ja)
  • 『乱』(1985年) (ja)
  • 『天国と地獄』(1963年) (ja)
  • 『影武者』(1980年) (ja)
  • 『用心棒』(1961年) (ja)
  • 『羅生門』(1950年) (ja)
  • 『蜘蛛巣城』(1957年) (ja)
  • 『赤ひげ』(1965年) (ja)
  • 『野良犬』(1949年) (ja)
  • 『悪い奴ほどよく眠る』(1960年) (ja)
  • 『隠し砦の三悪人』(1958年) (ja)
  • 『醉いどれ天使』(1948年) (ja)
  • 『七人の侍』(1954年) (ja)
  • 『生きる』(1952年) (ja)
  • 『デルス・ウザーラ』(1975年) (ja)
  • 『乱』(1985年) (ja)
  • 『天国と地獄』(1963年) (ja)
  • 『影武者』(1980年) (ja)
  • 『用心棒』(1961年) (ja)
  • 『羅生門』(1950年) (ja)
  • 『蜘蛛巣城』(1957年) (ja)
  • 『赤ひげ』(1965年) (ja)
  • 『野良犬』(1949年) (ja)
  • 『悪い奴ほどよく眠る』(1960年) (ja)
prop-ja:備考
  • 文化勲章(1985年) (ja)
  • 文化功労者(1976年) (ja)
  • 国民栄誉賞(1998年) (ja)
  • 従三位(1998年) (ja)
  • 文化勲章(1985年) (ja)
  • 文化功労者(1976年) (ja)
  • 国民栄誉賞(1998年) (ja)
  • 従三位(1998年) (ja)
prop-ja:全米映画批評家協会賞
  • 1985 (xsd:integer)
  • 作品賞 (ja)
prop-ja:出生地
  • ・東京府荏原郡大井町(現在の東京都品川区東大井) (ja)
  • ・東京府荏原郡大井町(現在の東京都品川区東大井) (ja)
prop-ja:日本アカデミー賞
  • 1998 (xsd:integer)
  • 2000 (xsd:integer)
  • 最優秀脚本賞 (ja)
  • 協会栄誉賞 (ja)
prop-ja:死没地
  • ・東京都世田谷区成城 (ja)
  • ・東京都世田谷区成城 (ja)
prop-ja:没年
  • 1998 (xsd:integer)
prop-ja:没日
  • 6 (xsd:integer)
prop-ja:没月
  • 9 (xsd:integer)
prop-ja:活動期間
  • 1943 (xsd:integer)
prop-ja:生年
  • 1910 (xsd:integer)
prop-ja:生日
  • 23 (xsd:integer)
prop-ja:生月
  • 3 (xsd:integer)
prop-ja:画像コメント
  • 1953 (xsd:integer)
prop-ja:画像ファイル
  • Akirakurosawa-onthesetof7samurai-1953-page88.jpg (ja)
  • Akirakurosawa-onthesetof7samurai-1953-page88.jpg (ja)
prop-ja:職業
prop-ja:芸名
  • 黒澤 明 (ja)
  • 黒澤 明 (ja)
prop-ja:英国アカデミー賞
  • 1980 (xsd:integer)
  • 1985 (xsd:integer)
  • 監督賞 (ja)
  • 外国語作品賞 (ja)
prop-ja:著名な家族
  • 兄:須田貞明(活動弁士) (ja)
  • 孫婿:松岡充(歌手) (ja)
  • 孫:加藤隆之(俳優) (ja)
  • 孫:黒澤優(元女優) (ja)
  • 長女:黒澤和子(デザイナー) (ja)
  • 長男:黒澤久雄(タレント、歌手) (ja)
  • 兄:須田貞明(活動弁士) (ja)
  • 孫婿:松岡充(歌手) (ja)
  • 孫:加藤隆之(俳優) (ja)
  • 孫:黒澤優(元女優) (ja)
  • 長女:黒澤和子(デザイナー) (ja)
  • 長男:黒澤久雄(タレント、歌手) (ja)
prop-ja:血液型
  • B型 (ja)
  • B型 (ja)
prop-ja:表記
  • 黒澤明 (ja)
  • 黑澤明 (ja)
  • 黒沢明 (ja)
  • 黒澤明 (ja)
  • 黑澤明 (ja)
  • 黒沢明 (ja)
prop-ja:議論ページ
prop-ja:身長
  • 182.0
prop-ja:配偶者
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 黒澤 明(くろさわ あきら、1910年3月23日 - 1998年9月6日)は、日本の映画監督・脚本家。第二次世界大戦後の日本映画を代表する映画監督であり、国際的にも有名で影響力のある映画監督の一人とみなされている。ダイナミックな映像表現、劇的な物語構成、ヒューマニズムを基調とした主題で知られる。生涯で30本の監督作品を発表したが、そのうち16本で俳優の三船敏郎とコンビを組んだ。 青年時代は画家を志望していたが、1936年にP.C.L.映画製作所(1937年に東宝に合併)に入社し、山本嘉次郎監督の助監督や脚本家を務めたのち、1943年に『姿三四郎』で監督デビューした。『醉いどれ天使』(1948年)と『野良犬』(1949年)で日本映画の旗手として注目されたあと、『羅生門』(1950年)でヴェネツィア国際映画祭金獅子賞を受賞し、日本映画が国際的に認知されるきっかけを作った。その後『生きる』(1952年)、『七人の侍』(1954年)、『用心棒』(1961年)などが高い評価を受け、海外では黒澤作品のリメイクが作られた。1970年代以降は国内で製作資金を調達するのが難しくなるが、海外資本で『デルス・ウザーラ』(1975年)、『影武者』(1980年)、『乱』(1985年)、『夢』(1990年)を作り、国内外で多くの映画賞を受けた。1985年に映画人初の文化勲章を受章し、1990年にはアカデミー名誉賞を受賞した。没後、映画監督初の国民栄誉賞が贈られた。 (ja)
  • 黒澤 明(くろさわ あきら、1910年(明治43年)3月23日 - 1998年(平成10年)9月6日)は、日本の映画監督・脚本家。第二次世界大戦後の日本映画を代表する映画監督であり、国際的にも有名で影響力のある映画監督の一人とみなされている。ダイナミックな映像表現、劇的な物語構成、ヒューマニズムを基調とした主題で知られる。生涯で30本の監督作品を発表したが、そのうち16本で俳優の三船敏郎とコンビを組んだ。 (ja)
  • 黒澤 明(くろさわ あきら、1910年3月23日 - 1998年9月6日)は、日本の映画監督・脚本家。第二次世界大戦後の日本映画を代表する映画監督であり、国際的にも有名で影響力のある映画監督の一人とみなされている。ダイナミックな映像表現、劇的な物語構成、ヒューマニズムを基調とした主題で知られる。生涯で30本の監督作品を発表したが、そのうち16本で俳優の三船敏郎とコンビを組んだ。 青年時代は画家を志望していたが、1936年にP.C.L.映画製作所(1937年に東宝に合併)に入社し、山本嘉次郎監督の助監督や脚本家を務めたのち、1943年に『姿三四郎』で監督デビューした。『醉いどれ天使』(1948年)と『野良犬』(1949年)で日本映画の旗手として注目されたあと、『羅生門』(1950年)でヴェネツィア国際映画祭金獅子賞を受賞し、日本映画が国際的に認知されるきっかけを作った。その後『生きる』(1952年)、『七人の侍』(1954年)、『用心棒』(1961年)などが高い評価を受け、海外では黒澤作品のリメイクが作られた。1970年代以降は国内で製作資金を調達するのが難しくなるが、海外資本で『デルス・ウザーラ』(1975年)、『影武者』(1980年)、『乱』(1985年)、『夢』(1990年)を作り、国内外で多くの映画賞を受けた。1985年に映画人初の文化勲章を受章し、1990年にはアカデミー名誉賞を受賞した。没後、映画監督初の国民栄誉賞が贈られた。 (ja)
  • 黒澤 明(くろさわ あきら、1910年(明治43年)3月23日 - 1998年(平成10年)9月6日)は、日本の映画監督・脚本家。第二次世界大戦後の日本映画を代表する映画監督であり、国際的にも有名で影響力のある映画監督の一人とみなされている。ダイナミックな映像表現、劇的な物語構成、ヒューマニズムを基調とした主題で知られる。生涯で30本の監督作品を発表したが、そのうち16本で俳優の三船敏郎とコンビを組んだ。 (ja)
rdfs:label
  • 黒澤明 (ja)
  • 黒澤明 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • くろさわ あきら (ja)
  • 黒澤 明 (ja)
  • くろさわ あきら (ja)
  • 黒澤 明 (ja)
is dbo:basedOn of
is dbo:director of
is dbo:editing of
is dbo:influencedBy of
is dbo:producer of
is dbo:storyEditor of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is dbo:writer of
is prop-ja:influences of
is prop-ja:lyrics of
is prop-ja:writer of
is prop-ja:原作 of
is prop-ja:原案 of
is prop-ja:影響を受けたもの of
is prop-ja:監督 of
is prop-ja:脚本 of
is prop-ja:著名な家族 of
is prop-ja:配偶者 of
is prop-ja:関係する人物 of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of