鶴岡 淑子(つるおか よしこ)は日本の元女優。本名は山本典子。作家・三島由紀夫の制作、監督、演出した自身の原作を基にした映画『憂国』で主人公・武山信二中尉の貞淑な新妻・麗子を演じたことで知られる。 映画撮影のため、麗子役の女優を探していた三島由紀夫と、藤井浩明の紹介により1965年(昭和40年)2月18日、ホテルニュージャパンで面会。相手役に抜擢された。三島は、「彼女のナイーヴな外見や態度に、求めてゐたものが得られたと感じた」とその印象を語っている。芸名は鶴岡八幡宮より採られた。三島曰く、鶴岡八幡宮の古風で典雅なイメージを含め、淑子という名で彼女の性格を象徴して、日本女性の美しさを強調したかったからだという。 三島と面会当時、彼女は三島のことは全く知らなかった。三島の職業がわからず、「あなた、もと大映にいたの?」と訊ねたという。帰宅した際、母親には、「今日はヤクザみたいな人と会ったわ。でもなんだか偉い人らしかったわ」と言ったという。

Property Value
dbo:abstract
  • 鶴岡 淑子(つるおか よしこ)は日本の元女優。本名は山本典子。作家・三島由紀夫の制作、監督、演出した自身の原作を基にした映画『憂国』で主人公・武山信二中尉の貞淑な新妻・麗子を演じたことで知られる。 映画撮影のため、麗子役の女優を探していた三島由紀夫と、藤井浩明の紹介により1965年(昭和40年)2月18日、ホテルニュージャパンで面会。相手役に抜擢された。三島は、「彼女のナイーヴな外見や態度に、求めてゐたものが得られたと感じた」とその印象を語っている。芸名は鶴岡八幡宮より採られた。三島曰く、鶴岡八幡宮の古風で典雅なイメージを含め、淑子という名で彼女の性格を象徴して、日本女性の美しさを強調したかったからだという。 三島と面会当時、彼女は三島のことは全く知らなかった。三島の職業がわからず、「あなた、もと大映にいたの?」と訊ねたという。帰宅した際、母親には、「今日はヤクザみたいな人と会ったわ。でもなんだか偉い人らしかったわ」と言ったという。 (ja)
  • 鶴岡 淑子(つるおか よしこ)は日本の元女優。本名は山本典子。作家・三島由紀夫の制作、監督、演出した自身の原作を基にした映画『憂国』で主人公・武山信二中尉の貞淑な新妻・麗子を演じたことで知られる。 映画撮影のため、麗子役の女優を探していた三島由紀夫と、藤井浩明の紹介により1965年(昭和40年)2月18日、ホテルニュージャパンで面会。相手役に抜擢された。三島は、「彼女のナイーヴな外見や態度に、求めてゐたものが得られたと感じた」とその印象を語っている。芸名は鶴岡八幡宮より採られた。三島曰く、鶴岡八幡宮の古風で典雅なイメージを含め、淑子という名で彼女の性格を象徴して、日本女性の美しさを強調したかったからだという。 三島と面会当時、彼女は三島のことは全く知らなかった。三島の職業がわからず、「あなた、もと大映にいたの?」と訊ねたという。帰宅した際、母親には、「今日はヤクザみたいな人と会ったわ。でもなんだか偉い人らしかったわ」と言ったという。。 (ja)
  • 鶴岡 淑子(つるおか よしこ)は日本の元女優。本名は山本典子。作家・三島由紀夫の制作、監督、演出した自身の原作を基にした映画『憂国』で主人公・武山信二中尉の貞淑な新妻・麗子を演じたことで知られる。 映画撮影のため、麗子役の女優を探していた三島由紀夫と、藤井浩明の紹介により1965年(昭和40年)2月18日、ホテルニュージャパンで面会。相手役に抜擢された。三島は、「彼女のナイーヴな外見や態度に、求めてゐたものが得られたと感じた」とその印象を語っている。芸名は鶴岡八幡宮より採られた。三島曰く、鶴岡八幡宮の古風で典雅なイメージを含め、淑子という名で彼女の性格を象徴して、日本女性の美しさを強調したかったからだという。 三島と面会当時、彼女は三島のことは全く知らなかった。三島の職業がわからず、「あなた、もと大映にいたの?」と訊ねたという。帰宅した際、母親には、「今日はヤクザみたいな人と会ったわ。でもなんだか偉い人らしかったわ」と言ったという。 (ja)
  • 鶴岡 淑子(つるおか よしこ)は日本の元女優。本名は山本典子。作家・三島由紀夫の制作、監督、演出した自身の原作を基にした映画『憂国』で主人公・武山信二中尉の貞淑な新妻・麗子を演じたことで知られる。 映画撮影のため、麗子役の女優を探していた三島由紀夫と、藤井浩明の紹介により1965年(昭和40年)2月18日、ホテルニュージャパンで面会。相手役に抜擢された。三島は、「彼女のナイーヴな外見や態度に、求めてゐたものが得られたと感じた」とその印象を語っている。芸名は鶴岡八幡宮より採られた。三島曰く、鶴岡八幡宮の古風で典雅なイメージを含め、淑子という名で彼女の性格を象徴して、日本女性の美しさを強調したかったからだという。 三島と面会当時、彼女は三島のことは全く知らなかった。三島の職業がわからず、「あなた、もと大映にいたの?」と訊ねたという。帰宅した際、母親には、「今日はヤクザみたいな人と会ったわ。でもなんだか偉い人らしかったわ」と言ったという。。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 804409 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 882 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 65731274 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • 鶴岡 淑子(つるおか よしこ)は日本の元女優。本名は山本典子。作家・三島由紀夫の制作、監督、演出した自身の原作を基にした映画『憂国』で主人公・武山信二中尉の貞淑な新妻・麗子を演じたことで知られる。 映画撮影のため、麗子役の女優を探していた三島由紀夫と、藤井浩明の紹介により1965年(昭和40年)2月18日、ホテルニュージャパンで面会。相手役に抜擢された。三島は、「彼女のナイーヴな外見や態度に、求めてゐたものが得られたと感じた」とその印象を語っている。芸名は鶴岡八幡宮より採られた。三島曰く、鶴岡八幡宮の古風で典雅なイメージを含め、淑子という名で彼女の性格を象徴して、日本女性の美しさを強調したかったからだという。 三島と面会当時、彼女は三島のことは全く知らなかった。三島の職業がわからず、「あなた、もと大映にいたの?」と訊ねたという。帰宅した際、母親には、「今日はヤクザみたいな人と会ったわ。でもなんだか偉い人らしかったわ」と言ったという。 (ja)
  • 鶴岡 淑子(つるおか よしこ)は日本の元女優。本名は山本典子。作家・三島由紀夫の制作、監督、演出した自身の原作を基にした映画『憂国』で主人公・武山信二中尉の貞淑な新妻・麗子を演じたことで知られる。 映画撮影のため、麗子役の女優を探していた三島由紀夫と、藤井浩明の紹介により1965年(昭和40年)2月18日、ホテルニュージャパンで面会。相手役に抜擢された。三島は、「彼女のナイーヴな外見や態度に、求めてゐたものが得られたと感じた」とその印象を語っている。芸名は鶴岡八幡宮より採られた。三島曰く、鶴岡八幡宮の古風で典雅なイメージを含め、淑子という名で彼女の性格を象徴して、日本女性の美しさを強調したかったからだという。 三島と面会当時、彼女は三島のことは全く知らなかった。三島の職業がわからず、「あなた、もと大映にいたの?」と訊ねたという。帰宅した際、母親には、「今日はヤクザみたいな人と会ったわ。でもなんだか偉い人らしかったわ」と言ったという。。 (ja)
  • 鶴岡 淑子(つるおか よしこ)は日本の元女優。本名は山本典子。作家・三島由紀夫の制作、監督、演出した自身の原作を基にした映画『憂国』で主人公・武山信二中尉の貞淑な新妻・麗子を演じたことで知られる。 映画撮影のため、麗子役の女優を探していた三島由紀夫と、藤井浩明の紹介により1965年(昭和40年)2月18日、ホテルニュージャパンで面会。相手役に抜擢された。三島は、「彼女のナイーヴな外見や態度に、求めてゐたものが得られたと感じた」とその印象を語っている。芸名は鶴岡八幡宮より採られた。三島曰く、鶴岡八幡宮の古風で典雅なイメージを含め、淑子という名で彼女の性格を象徴して、日本女性の美しさを強調したかったからだという。 三島と面会当時、彼女は三島のことは全く知らなかった。三島の職業がわからず、「あなた、もと大映にいたの?」と訊ねたという。帰宅した際、母親には、「今日はヤクザみたいな人と会ったわ。でもなんだか偉い人らしかったわ」と言ったという。 (ja)
  • 鶴岡 淑子(つるおか よしこ)は日本の元女優。本名は山本典子。作家・三島由紀夫の制作、監督、演出した自身の原作を基にした映画『憂国』で主人公・武山信二中尉の貞淑な新妻・麗子を演じたことで知られる。 映画撮影のため、麗子役の女優を探していた三島由紀夫と、藤井浩明の紹介により1965年(昭和40年)2月18日、ホテルニュージャパンで面会。相手役に抜擢された。三島は、「彼女のナイーヴな外見や態度に、求めてゐたものが得られたと感じた」とその印象を語っている。芸名は鶴岡八幡宮より採られた。三島曰く、鶴岡八幡宮の古風で典雅なイメージを含め、淑子という名で彼女の性格を象徴して、日本女性の美しさを強調したかったからだという。 三島と面会当時、彼女は三島のことは全く知らなかった。三島の職業がわからず、「あなた、もと大映にいたの?」と訊ねたという。帰宅した際、母親には、「今日はヤクザみたいな人と会ったわ。でもなんだか偉い人らしかったわ」と言ったという。。 (ja)
rdfs:label
  • 鶴岡淑子 (ja)
  • 鶴岡淑子 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:starring of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of