鮎川 哲也(あゆかわ てつや、1919年2月14日 - 2002年9月24日)は、日本の小説家。本名、中川 透(なかがわとおる)。東京府に生まれ、大連に育つ。拓殖大学商学部卒。 アリバイ崩しを得意とし、『ペトロフ事件』『黒いトランク』『人それを情死と呼ぶ』など、鬼貫警部を探偵役とする本格推理小説を発表。ほか『りら荘事件』『死者を笞打て』などの長編小説や多数の短編小説を執筆し、さらにはアンソロジーの編纂や、新人の育成などにも力を尽くした。

Property Value
dbo:abstract
  • 鮎川 哲也(あゆかわ てつや、1919年2月14日 - 2002年9月24日)は、日本の小説家。本名、中川 透(なかがわとおる)。東京府に生まれ、大連に育つ。拓殖大学商学部卒。 アリバイ崩しを得意とし、『ペトロフ事件』『黒いトランク』『人それを情死と呼ぶ』など、鬼貫警部を探偵役とする本格推理小説を発表。ほか『りら荘事件』『死者を笞打て』などの長編小説や多数の短編小説を執筆し、さらにはアンソロジーの編纂や、新人の育成などにも力を尽くした。 (ja)
  • 鮎川 哲也(あゆかわ てつや、1919年2月14日 - 2002年9月24日)は、日本の小説家。本名、中川 透(なかがわとおる)。東京府に生まれ、大連に育つ。拓殖大学商学部卒。 アリバイ崩しを得意とし、『ペトロフ事件』『黒いトランク』『人それを情死と呼ぶ』など、鬼貫警部を探偵役とする本格推理小説を発表。ほか『りら荘事件』『死者を笞打て』などの長編小説や多数の短編小説を執筆し、さらにはアンソロジーの編纂や、新人の育成などにも力を尽くした。 (ja)
dbo:activeYearsEndYear
  • 2002-01-01 (xsd:gYear)
dbo:activeYearsStartYear
  • 1948-01-01 (xsd:gYear)
dbo:almaMater
dbo:award
dbo:birthName
  • 中川 透 (ja)
  • 中川 透 (ja)
dbo:birthPlace
dbo:deathDate
  • 2002-09-24 (xsd:date)
dbo:education
dbo:genre
dbo:nationality
dbo:occupation
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 1846 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 7848 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 79999055 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:almaMater
  • 拓殖大学商学部卒業 (ja)
  • 拓殖大学商学部卒業 (ja)
prop-ja:awards
  • 日本探偵作家クラブ賞(1960年) (ja)
  • 日本探偵作家クラブ賞(1960年) (ja)
prop-ja:birthDate
  • --02-14
prop-ja:birthName
  • 中川 透 (ja)
  • 中川 透 (ja)
prop-ja:birthPlace
prop-ja:deathDate
  • 2002-09-24 (xsd:date)
prop-ja:debutWorks
  • 月魄 (那珂川透名義) (ja)
  • 月魄 (那珂川透名義) (ja)
prop-ja:education
prop-ja:genre
prop-ja:occupation
prop-ja:period
  • 1948 (xsd:integer)
  • デビュー当初は別名義 (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 鮎川 哲也(あゆかわ てつや、1919年2月14日 - 2002年9月24日)は、日本の小説家。本名、中川 透(なかがわとおる)。東京府に生まれ、大連に育つ。拓殖大学商学部卒。 アリバイ崩しを得意とし、『ペトロフ事件』『黒いトランク』『人それを情死と呼ぶ』など、鬼貫警部を探偵役とする本格推理小説を発表。ほか『りら荘事件』『死者を笞打て』などの長編小説や多数の短編小説を執筆し、さらにはアンソロジーの編纂や、新人の育成などにも力を尽くした。 (ja)
  • 鮎川 哲也(あゆかわ てつや、1919年2月14日 - 2002年9月24日)は、日本の小説家。本名、中川 透(なかがわとおる)。東京府に生まれ、大連に育つ。拓殖大学商学部卒。 アリバイ崩しを得意とし、『ペトロフ事件』『黒いトランク』『人それを情死と呼ぶ』など、鬼貫警部を探偵役とする本格推理小説を発表。ほか『りら荘事件』『死者を笞打て』などの長編小説や多数の短編小説を執筆し、さらにはアンソロジーの編纂や、新人の育成などにも力を尽くした。 (ja)
rdfs:label
  • 鮎川哲也 (ja)
  • 鮎川哲也 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:原作 of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of