魚類(ぎょるい)は、脊椎動物亜門 Vertebrata から四肢動物を除外した動物群。日常語で魚(さかな)と呼ばれる動物である。 基本的に一生の間水中生活を営み、えら(鰓)呼吸を行い、ひれ(鰭)を用いて移動する。体表はうろこ(鱗)で覆われている。 ほとんどの種は外界の温度によって体温を変化させる変温動物である。マグロやカジキ、一部のサメは奇網と呼ばれる組織により、体温を海水温よりも高く保つことができる。 魚類は地球上のあらゆる水圏環境に放散し、その生息域は熱帯から極域、海洋の表層から深層、また内陸の淡水域まで多岐におよぶ。その生態や形態も実に様々である。魚類全体の種数は2万5,000 - 3万近くにものぼり、脊椎動物全体の半数以上を占めている。 大きさは種により大きく異なる。現生種で最大のものは体長13.7メートルに達するジンベエザメである。また化石種を含めると、約1億6,500万年前のリードシクティス・プロブレマティカスに、推定の仕方に違いがあるが28メートル以上もしくは16.7メートルの個体が発見されている。一方、現生種で最小のものは Paedocypris progenetica であり、成魚でも7.9ミリメートルにしかならない。

Property Value
dbo:abstract
  • 魚類(ぎょるい)は、脊椎動物亜門 Vertebrata から四肢動物を除外した動物群。日常語で魚(さかな)と呼ばれる動物である。 基本的に一生の間水中生活を営み、えら(鰓)呼吸を行い、ひれ(鰭)を用いて移動する。体表はうろこ(鱗)で覆われている。 ほとんどの種は外界の温度によって体温を変化させる変温動物である。マグロやカジキ、一部のサメは奇網と呼ばれる組織により、体温を海水温よりも高く保つことができる。 魚類は地球上のあらゆる水圏環境に放散し、その生息域は熱帯から極域、海洋の表層から深層、また内陸の淡水域まで多岐におよぶ。その生態や形態も実に様々である。魚類全体の種数は2万5,000 - 3万近くにものぼり、脊椎動物全体の半数以上を占めている。 大きさは種により大きく異なる。現生種で最大のものは体長13.7メートルに達するジンベエザメである。また化石種を含めると、約1億6,500万年前のリードシクティス・プロブレマティカスに、推定の仕方に違いがあるが28メートル以上もしくは16.7メートルの個体が発見されている。一方、現生種で最小のものは Paedocypris progenetica であり、成魚でも7.9ミリメートルにしかならない。 (ja)
  • 魚類(ぎょるい)は、脊椎動物亜門 Vertebrata から四肢動物を除外した動物群。日常語で魚(さかな)と呼ばれる動物である。 基本的に一生の間水中生活を営み、えら(鰓)呼吸を行い、ひれ(鰭)を用いて移動する。体表はうろこ(鱗)で覆われている。 ほとんどの種は外界の温度によって体温を変化させる変温動物である。マグロやカジキ、一部のサメは奇網と呼ばれる組織により、体温を海水温よりも高く保つことができる。 魚類は地球上のあらゆる水圏環境に放散し、その生息域は熱帯から極域、海洋の表層から深層、また内陸の淡水域まで多岐におよぶ。その生態や形態も実に様々である。魚類全体の種数は2万5,000 - 3万近くにものぼり、脊椎動物全体の半数以上を占めている。 大きさは種により大きく異なる。現生種で最大のものは体長13.7メートルに達するジンベエザメである。また化石種を含めると、約1億6,500万年前のリードシクティス・プロブレマティカスに、推定の仕方に違いがあるが28メートル以上もしくは16.7メートルの個体が発見されている。一方、現生種で最小のものは Paedocypris progenetica であり、成魚でも7.9ミリメートルにしかならない。 (ja)
dbo:colour
dbo:colourName
  • 動物界 (ja)
  • 動物界 (ja)
dbo:division
dbo:kingdom
dbo:phylum
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 3063 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 26947 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81480393 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:commons
  • Fish (ja)
  • Fish (ja)
prop-ja:commonscat
  • Fish (ja)
  • Fish (ja)
prop-ja:date
  • 2018 (xsd:integer)
  • 20130427105232 (xsd:decimal)
  • --03-19
prop-ja:q
  • カテゴリ:魚類 (ja)
  • カテゴリ:魚類 (ja)
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:title
  • 明暗刺激の重要性(深海魚が浅瀬に生活圏を作る海域「赤い海」) (ja)
  • 明暗刺激の重要性(深海魚が浅瀬に生活圏を作る海域「赤い海」) (ja)
prop-ja:url
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:上綱
prop-ja:亜門
  • 脊椎動物亜門 (ja)
  • 脊椎動物亜門 (ja)
prop-ja:名称
  • 魚類 (ja)
  • 魚類 (ja)
prop-ja:学名
  • Pisces (ja)
  • Pisces (ja)
prop-ja:画像
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:画像キャプション
  • 様々な海水魚 (ja)
  • 様々な海水魚 (ja)
prop-ja:
  • 動物界 (ja)
  • 動物界 (ja)
prop-ja:
  • 魚綱(廃止) (ja)
  • 魚綱(廃止) (ja)
prop-ja:
  • 動物界 (ja)
  • 動物界 (ja)
prop-ja:英名
  • fish (ja)
  • fish (ja)
prop-ja:
  • 脊索動物門 (ja)
  • 脊索動物門 (ja)
dc:description
  • 様々な海水魚
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 魚類(ぎょるい)は、脊椎動物亜門 Vertebrata から四肢動物を除外した動物群。日常語で魚(さかな)と呼ばれる動物である。 基本的に一生の間水中生活を営み、えら(鰓)呼吸を行い、ひれ(鰭)を用いて移動する。体表はうろこ(鱗)で覆われている。 ほとんどの種は外界の温度によって体温を変化させる変温動物である。マグロやカジキ、一部のサメは奇網と呼ばれる組織により、体温を海水温よりも高く保つことができる。 魚類は地球上のあらゆる水圏環境に放散し、その生息域は熱帯から極域、海洋の表層から深層、また内陸の淡水域まで多岐におよぶ。その生態や形態も実に様々である。魚類全体の種数は2万5,000 - 3万近くにものぼり、脊椎動物全体の半数以上を占めている。 大きさは種により大きく異なる。現生種で最大のものは体長13.7メートルに達するジンベエザメである。また化石種を含めると、約1億6,500万年前のリードシクティス・プロブレマティカスに、推定の仕方に違いがあるが28メートル以上もしくは16.7メートルの個体が発見されている。一方、現生種で最小のものは Paedocypris progenetica であり、成魚でも7.9ミリメートルにしかならない。 (ja)
  • 魚類(ぎょるい)は、脊椎動物亜門 Vertebrata から四肢動物を除外した動物群。日常語で魚(さかな)と呼ばれる動物である。 基本的に一生の間水中生活を営み、えら(鰓)呼吸を行い、ひれ(鰭)を用いて移動する。体表はうろこ(鱗)で覆われている。 ほとんどの種は外界の温度によって体温を変化させる変温動物である。マグロやカジキ、一部のサメは奇網と呼ばれる組織により、体温を海水温よりも高く保つことができる。 魚類は地球上のあらゆる水圏環境に放散し、その生息域は熱帯から極域、海洋の表層から深層、また内陸の淡水域まで多岐におよぶ。その生態や形態も実に様々である。魚類全体の種数は2万5,000 - 3万近くにものぼり、脊椎動物全体の半数以上を占めている。 大きさは種により大きく異なる。現生種で最大のものは体長13.7メートルに達するジンベエザメである。また化石種を含めると、約1億6,500万年前のリードシクティス・プロブレマティカスに、推定の仕方に違いがあるが28メートル以上もしくは16.7メートルの個体が発見されている。一方、現生種で最小のものは Paedocypris progenetica であり、成魚でも7.9ミリメートルにしかならない。 (ja)
rdfs:label
  • 魚類 (ja)
  • 魚類 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 魚類 (ja)
  • fish (ja)
  • 魚類 (ja)
  • fish (ja)
is dbo:ingredient of
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:mainIngredient of
is prop-ja:モチーフ of
is prop-ja:上綱 of
is prop-ja:嫌いなもの of
is prop-ja:専門分野 of
is foaf:primaryTopic of