電子マイクロレンジ(でんしマイクロレンジ、英: microwave oven(マイクロウェーブオーブン、直訳すると「マイクロ波オーブン」))、または単に 電子レンジ(でんしレンジ)、電子マイクロ(でんしマイクロ)、マイクロレンジ、レンジまたはマイクロ、とは、電磁波(電波)により、水分を含んだ食品などを発熱させる調理機器である。 日本における「電子レンジ」という名称は、1961年(昭和36年)12月、急行電車のビュフェ(サハシ153形)で東芝の製品をテスト運用した際に、国鉄の担当者がネーミングしたのが最初とされる。その後市販品にも使われ、一般的な名称となっていった。 英語では microwave oven(マイクロウェーブオーブン又はマイクロ波オーブン)で、しばしば microwave(マイクロウェーブ又はマイクロ波)またはmicro(マイクロ)と略される。electronic rangeとも呼ばれる。

Property Value
dbo:abstract
  • 電子マイクロレンジ(でんしマイクロレンジ、英: microwave oven(マイクロウェーブオーブン、直訳すると「マイクロ波オーブン」))、または単に 電子レンジ(でんしレンジ)、電子マイクロ(でんしマイクロ)、マイクロレンジ、レンジまたはマイクロ、とは、電磁波(電波)により、水分を含んだ食品などを発熱させる調理機器である。 日本における「電子レンジ」という名称は、1961年(昭和36年)12月、急行電車のビュフェ(サハシ153形)で東芝の製品をテスト運用した際に、国鉄の担当者がネーミングしたのが最初とされる。その後市販品にも使われ、一般的な名称となっていった。 英語では microwave oven(マイクロウェーブオーブン又はマイクロ波オーブン)で、しばしば microwave(マイクロウェーブ又はマイクロ波)またはmicro(マイクロ)と略される。electronic rangeとも呼ばれる。 (ja)
  • 電子マイクロレンジ(でんしマイクロレンジ、英: microwave oven(マイクロウェーブオーブン、直訳すると「マイクロ波オーブン」))、または単に 電子レンジ(でんしレンジ)、電子マイクロ(でんしマイクロ)、マイクロレンジ、レンジまたはマイクロ、とは、電磁波(電波)により、水分を含んだ食品などを発熱させる調理機器である。 日本における「電子レンジ」という名称は、1961年(昭和36年)12月、急行電車のビュフェ(サハシ153形)で東芝の製品をテスト運用した際に、国鉄の担当者がネーミングしたのが最初とされる。その後市販品にも使われ、一般的な名称となっていった。 英語では microwave oven(マイクロウェーブオーブン又はマイクロ波オーブン)で、しばしば microwave(マイクロウェーブ又はマイクロ波)またはmicro(マイクロ)と略される。electronic rangeとも呼ばれる。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 17051 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 17618 (xsd:nonNegativeInteger)
  • 18646 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81178488 (xsd:integer)
  • 86386999 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:description
  • 一杯の紅茶をPanasonicの電子レンジNN-E225Mで20秒温める時の音。この機種で調理完了を知らせる音は「チン」ではなく「ピー、ピー、ピー」である。 (ja)
  • 一杯の紅茶をPanasonicの電子レンジNN-E225Mで20秒温める時の音。この機種で調理完了を知らせる音は「チン」ではなく「ピー、ピー、ピー」である。 (ja)
prop-ja:filename
  • Panasonic NN-E225M microwave.flac (ja)
  • Panasonic NN-E225M microwave.flac (ja)
prop-ja:title
  • Panasonic NN-E225M (ja)
  • Panasonic NN-E225M (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • 電子マイクロレンジ(でんしマイクロレンジ、英: microwave oven(マイクロウェーブオーブン、直訳すると「マイクロ波オーブン」))、または単に 電子レンジ(でんしレンジ)、電子マイクロ(でんしマイクロ)、マイクロレンジ、レンジまたはマイクロ、とは、電磁波(電波)により、水分を含んだ食品などを発熱させる調理機器である。 日本における「電子レンジ」という名称は、1961年(昭和36年)12月、急行電車のビュフェ(サハシ153形)で東芝の製品をテスト運用した際に、国鉄の担当者がネーミングしたのが最初とされる。その後市販品にも使われ、一般的な名称となっていった。 英語では microwave oven(マイクロウェーブオーブン又はマイクロ波オーブン)で、しばしば microwave(マイクロウェーブ又はマイクロ波)またはmicro(マイクロ)と略される。electronic rangeとも呼ばれる。 (ja)
  • 電子マイクロレンジ(でんしマイクロレンジ、英: microwave oven(マイクロウェーブオーブン、直訳すると「マイクロ波オーブン」))、または単に 電子レンジ(でんしレンジ)、電子マイクロ(でんしマイクロ)、マイクロレンジ、レンジまたはマイクロ、とは、電磁波(電波)により、水分を含んだ食品などを発熱させる調理機器である。 日本における「電子レンジ」という名称は、1961年(昭和36年)12月、急行電車のビュフェ(サハシ153形)で東芝の製品をテスト運用した際に、国鉄の担当者がネーミングしたのが最初とされる。その後市販品にも使われ、一般的な名称となっていった。 英語では microwave oven(マイクロウェーブオーブン又はマイクロ波オーブン)で、しばしば microwave(マイクロウェーブ又はマイクロ波)またはmicro(マイクロ)と略される。electronic rangeとも呼ばれる。 (ja)
rdfs:label
  • 電子レンジ (ja)
  • 電子レンジ (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:knownFor of
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:knownFor of
is prop-ja:画像 of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of