防衛大臣(ぼうえいだいじん、英: Minister of Defense)は、日本の防衛省の長たる国務大臣。略称は防衛相(ぼうえいしょう)。 他の大臣と同様、日本国憲法第66条の規定により、文民統制の観点から文民が任命される。行政組織としての防衛省の最高責任者であるとともに、陸海空の三自衛隊の最高指揮官である内閣総理大臣の下で(統合幕僚長を通じて)自衛隊全体を統督する。防衛大臣の自衛隊の部隊運用に関する指揮は、統合幕僚長が補佐し、統合幕僚長を通じて行われる。命令の執行も統合幕僚長が行う。 就退任に際しては栄誉礼で迎えられる。2007年(平成19年)1月の防衛庁から防衛省への昇格に伴い、長の職名は長官から大臣になった。

Property Value
dbo:abstract
  • 防衛大臣(ぼうえいだいじん、英: Minister of Defense)は、日本の防衛省の長たる国務大臣。略称は防衛相(ぼうえいしょう)。 他の大臣と同様、日本国憲法第66条の規定により、文民統制の観点から文民が任命される。行政組織としての防衛省の最高責任者であるとともに、陸海空の三自衛隊の最高指揮官である内閣総理大臣の下で(統合幕僚長を通じて)自衛隊全体を統督する。防衛大臣の自衛隊の部隊運用に関する指揮は、統合幕僚長が補佐し、統合幕僚長を通じて行われる。命令の執行も統合幕僚長が行う。 就退任に際しては栄誉礼で迎えられる。2007年(平成19年)1月の防衛庁から防衛省への昇格に伴い、長の職名は長官から大臣になった。 (ja)
  • 防衛大臣(ぼうえいだいじん、英: Minister of Defense)は、日本の防衛省の長たる国務大臣。略称は防衛相(ぼうえいしょう)。 他の大臣と同様、日本国憲法第66条の規定により、文民統制の観点から文民が任命される。行政組織としての防衛省の最高責任者であるとともに、陸海空の三自衛隊の最高指揮官である内閣総理大臣の下で(統合幕僚長を通じて)自衛隊全体を統督する。防衛大臣の自衛隊の部隊運用に関する指揮は、統合幕僚長が補佐し、統合幕僚長を通じて行われる。命令の執行も統合幕僚長が行う。 就退任に際しては栄誉礼で迎えられる。2007年(平成19年)1月の防衛庁から防衛省への昇格に伴い、長の職名は長官から大臣になった。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 79224 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 16507 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81358685 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:alt
  • 岸信夫 (ja)
  • 岸信夫 (ja)
prop-ja:insigniaalt
  • 防衛大臣章 (ja)
  • 防衛大臣章 (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ウェブサイト
prop-ja:任命
prop-ja:初代
prop-ja:前身
  • 防衛庁長官 (ja)
  • 防衛庁長官 (ja)
prop-ja:創設
  • --01-09
prop-ja:原語表記
  • Minister of Defense (ja)
  • Minister of Defense (ja)
prop-ja:地位
prop-ja:就任日
  • --09-16
prop-ja:役職
  • 防衛大臣 (ja)
  • 防衛大臣 (ja)
prop-ja:所属機関
prop-ja:担当機関
prop-ja:
  • Go-shichi no kiri crest 2.svg (ja)
  • Go-shichi no kiri crest 2.svg (ja)
prop-ja:旗キャプション
  • 日本国政府桐紋 (ja)
  • 日本国政府桐紋 (ja)
prop-ja:旗サイズ
  • 170 (xsd:integer)
prop-ja:根拠法令
prop-ja:棒給
  • 年額 約2,916万円 (ja)
  • 年額 約2,916万円 (ja)
prop-ja:現職者
  • 岸信夫(第21代) (ja)
  • 岸信夫(第21代) (ja)
prop-ja:画像
  • Nobuo Kishi cropped 2 Nobuo Kishi 20140519.jpg (ja)
  • Nobuo Kishi cropped 2 Nobuo Kishi 20140519.jpg (ja)
prop-ja:画像サイズ
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:略称
  • 防衛相 (ja)
  • 防衛相 (ja)
prop-ja:種類
prop-ja:職務代行者
prop-ja:記章
  • Standard of the Minister of Defence of Japan.svg (ja)
  • Standard of the Minister of Defence of Japan.svg (ja)
prop-ja:記章キャプション
  • 防衛大臣章 (ja)
  • 防衛大臣章 (ja)
prop-ja:記章サイズ
  • 90 (xsd:integer)
prop-ja:部門
  • 行政府 (ja)
  • 行政府 (ja)
dct:subject
rdfs:comment
  • 防衛大臣(ぼうえいだいじん、英: Minister of Defense)は、日本の防衛省の長たる国務大臣。略称は防衛相(ぼうえいしょう)。 他の大臣と同様、日本国憲法第66条の規定により、文民統制の観点から文民が任命される。行政組織としての防衛省の最高責任者であるとともに、陸海空の三自衛隊の最高指揮官である内閣総理大臣の下で(統合幕僚長を通じて)自衛隊全体を統督する。防衛大臣の自衛隊の部隊運用に関する指揮は、統合幕僚長が補佐し、統合幕僚長を通じて行われる。命令の執行も統合幕僚長が行う。 就退任に際しては栄誉礼で迎えられる。2007年(平成19年)1月の防衛庁から防衛省への昇格に伴い、長の職名は長官から大臣になった。 (ja)
  • 防衛大臣(ぼうえいだいじん、英: Minister of Defense)は、日本の防衛省の長たる国務大臣。略称は防衛相(ぼうえいしょう)。 他の大臣と同様、日本国憲法第66条の規定により、文民統制の観点から文民が任命される。行政組織としての防衛省の最高責任者であるとともに、陸海空の三自衛隊の最高指揮官である内閣総理大臣の下で(統合幕僚長を通じて)自衛隊全体を統督する。防衛大臣の自衛隊の部隊運用に関する指揮は、統合幕僚長が補佐し、統合幕僚長を通じて行われる。命令の執行も統合幕僚長が行う。 就退任に際しては栄誉礼で迎えられる。2007年(平成19年)1月の防衛庁から防衛省への昇格に伴い、長の職名は長官から大臣になった。 (ja)
rdfs:label
  • 防衛大臣 (ja)
  • 防衛大臣 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:occupation of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:appointer of
is prop-ja:上級部隊 of
is prop-ja:主席閣僚職名 of
is prop-ja:国防大臣名 of
is prop-ja:最終上級部隊 of
is prop-ja:次席閣僚氏名 of
is prop-ja:職名 of
is foaf:primaryTopic of