関町(せきちょう)は、三重県鈴鹿郡にあった町。2005年(平成17年)1月11日に亀山市と合併し、新しい亀山市となったため廃止された。 中心地区である関宿は、江戸時代の東海道五十三次で、鈴鹿峠越えを控え、大和街道・伊勢別街道へ分岐する宿場町として栄えた。

Property Value
dbo:abstract
  • 関町(せきちょう)は、三重県鈴鹿郡にあった町。2005年(平成17年)1月11日に亀山市と合併し、新しい亀山市となったため廃止された。 中心地区である関宿は、江戸時代の東海道五十三次で、鈴鹿峠越えを控え、大和街道・伊勢別街道へ分岐する宿場町として栄えた。 (ja)
  • 関町(せきちょう)は、三重県鈴鹿郡にあった町。2005年(平成17年)1月11日に亀山市と合併し、新しい亀山市となったため廃止された。 中心地区である関宿は、江戸時代の東海道五十三次で、鈴鹿峠越えを控え、大和街道・伊勢別街道へ分岐する宿場町として栄えた。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 162988 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 3032 (xsd:nonNegativeInteger)
  • 3067 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80619304 (xsd:integer)
  • 84494183 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:よみがな
  • せきちょう (ja)
  • せきちょう (ja)
prop-ja:コード
  • 24361 (xsd:integer)
prop-ja:シンボル名
  • 町の鳥 (ja)
  • 町の獣 (ja)
  • 町の鳥 (ja)
  • 町の獣 (ja)
prop-ja:人口
  • 7277 (xsd:integer)
prop-ja:人口の時点
  • --11-01
prop-ja:位置画像
prop-ja:区分
  • (ja)
  • (ja)
prop-ja:廃止日
  • --01-11
prop-ja:廃止理由
  • 新設合併 (ja)
  • 新設合併 (ja)
prop-ja:廃止詳細
  • 亀山市、関町 → 亀山市 (ja)
  • 亀山市、関町 → 亀山市 (ja)
prop-ja:所在地
  • 240 (xsd:integer)
  • 鈴鹿郡関町木崎町919番地1 (ja)
prop-ja:
  • 100 (xsd:integer)
prop-ja:旗の説明
  • 関町旗 (ja)
  • 関町旗 (ja)
prop-ja:
prop-ja:現在の自治体
prop-ja:画像
  • Tokaido Seki Juku Kameyama City Mie JPN 001.jpg (ja)
  • Tokaido Seki Juku Kameyama City Mie JPN 001.jpg (ja)
prop-ja:画像の説明
prop-ja:紋章
  • 70 (xsd:integer)
prop-ja:紋章の説明
  • --10-01
  • 関町章 (ja)
prop-ja:経度
  • 東経136度23分27.1秒 (ja)
  • 東経136度23分27.1秒 (ja)
prop-ja:緯度
  • 北緯34度51分16.9秒 (ja)
  • 北緯34度51分16.9秒 (ja)
prop-ja:自治体名
  • 関町 (ja)
  • 関町 (ja)
prop-ja:
prop-ja:
prop-ja:郵便番号
  • 519 (xsd:integer)
prop-ja:都道府県
  • 三重県 (ja)
  • 三重県 (ja)
prop-ja:隣接自治体
  • dbpedia-ja:甲賀市
  • 三重県 (ja)
  • 滋賀県 (ja)
  • 亀山市、伊賀市 (ja)
  • 安芸郡芸濃町 (ja)
prop-ja:面積
  • 79.880000 (xsd:double)
prop-ja:鳥など
dct:subject
rdfs:comment
  • 関町(せきちょう)は、三重県鈴鹿郡にあった町。2005年(平成17年)1月11日に亀山市と合併し、新しい亀山市となったため廃止された。 中心地区である関宿は、江戸時代の東海道五十三次で、鈴鹿峠越えを控え、大和街道・伊勢別街道へ分岐する宿場町として栄えた。 (ja)
  • 関町(せきちょう)は、三重県鈴鹿郡にあった町。2005年(平成17年)1月11日に亀山市と合併し、新しい亀山市となったため廃止された。 中心地区である関宿は、江戸時代の東海道五十三次で、鈴鹿峠越えを控え、大和街道・伊勢別街道へ分岐する宿場町として栄えた。 (ja)
rdfs:label
  • 関町 (ja)
  • 関町 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:routeEnd of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:隣接自治体 of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of