針金(はりがね)とは、金属を細長く糸状に延ばしたもの。明治時代には電線のことをさす場合もあった。 単純に言う場合には鉄で出来たものを指すが、常温では液体である水銀を除く金属一般あるいは、黄銅等の合金で出来たものもあり、その材質をもって〇〇の針金(例として鉄の針金、真鍮の針金、金の針金など)と呼称することもある。なお太さは線径(線の直径)あるいは番手と呼ばれる数字(BWG,AWG)で表される。針金の表面はビニールや紙などの被覆で加工されることもある。なお針金は同じ箇所で曲げを繰り返すと加工硬化で硬くなり、折れることがある。強度の高いものはピアノ線やなどとして区別され、針金と呼称される材料には強度が求められない場合が多い。変形性に富むが、形状記憶性がない材料で、外的要因がなければ基本的にその形状を保持する。店舗で販売される場合はループ状やらせん状にされている場合が多く、金属材料としては比較的安価で取引されている。

Property Value
dbo:abstract
  • 針金(はりがね)とは、金属を細長く糸状に延ばしたもの。明治時代には電線のことをさす場合もあった。 単純に言う場合には鉄で出来たものを指すが、常温では液体である水銀を除く金属一般あるいは、黄銅等の合金で出来たものもあり、その材質をもって〇〇の針金(例として鉄の針金、真鍮の針金、金の針金など)と呼称することもある。なお太さは線径(線の直径)あるいは番手と呼ばれる数字(BWG,AWG)で表される。針金の表面はビニールや紙などの被覆で加工されることもある。なお針金は同じ箇所で曲げを繰り返すと加工硬化で硬くなり、折れることがある。強度の高いものはピアノ線やなどとして区別され、針金と呼称される材料には強度が求められない場合が多い。変形性に富むが、形状記憶性がない材料で、外的要因がなければ基本的にその形状を保持する。店舗で販売される場合はループ状やらせん状にされている場合が多く、金属材料としては比較的安価で取引されている。 (ja)
  • 針金(はりがね)とは、金属を細長く糸状に延ばしたもの。明治時代には電線のことをさす場合もあった。 単純に言う場合には鉄で出来たものを指すが、常温では液体である水銀を除く金属一般あるいは、黄銅等の合金で出来たものもあり、その材質をもって〇〇の針金(例として鉄の針金、真鍮の針金、金の針金など)と呼称することもある。なお太さは線径(線の直径)あるいは番手と呼ばれる数字(BWG,AWG)で表される。針金の表面はビニールや紙などの被覆で加工されることもある。なお針金は同じ箇所で曲げを繰り返すと加工硬化で硬くなり、折れることがある。強度の高いものはピアノ線やなどとして区別され、針金と呼称される材料には強度が求められない場合が多い。変形性に富むが、形状記憶性がない材料で、外的要因がなければ基本的にその形状を保持する。店舗で販売される場合はループ状やらせん状にされている場合が多く、金属材料としては比較的安価で取引されている。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 86547 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 992 (xsd:nonNegativeInteger)
  • 1475 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 69521620 (xsd:integer)
  • 86491508 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • 針金(はりがね)とは、金属を細長く糸状に延ばしたもの。明治時代には電線のことをさす場合もあった。 単純に言う場合には鉄で出来たものを指すが、常温では液体である水銀を除く金属一般あるいは、黄銅等の合金で出来たものもあり、その材質をもって〇〇の針金(例として鉄の針金、真鍮の針金、金の針金など)と呼称することもある。なお太さは線径(線の直径)あるいは番手と呼ばれる数字(BWG,AWG)で表される。針金の表面はビニールや紙などの被覆で加工されることもある。なお針金は同じ箇所で曲げを繰り返すと加工硬化で硬くなり、折れることがある。強度の高いものはピアノ線やなどとして区別され、針金と呼称される材料には強度が求められない場合が多い。変形性に富むが、形状記憶性がない材料で、外的要因がなければ基本的にその形状を保持する。店舗で販売される場合はループ状やらせん状にされている場合が多く、金属材料としては比較的安価で取引されている。 (ja)
  • 針金(はりがね)とは、金属を細長く糸状に延ばしたもの。明治時代には電線のことをさす場合もあった。 単純に言う場合には鉄で出来たものを指すが、常温では液体である水銀を除く金属一般あるいは、黄銅等の合金で出来たものもあり、その材質をもって〇〇の針金(例として鉄の針金、真鍮の針金、金の針金など)と呼称することもある。なお太さは線径(線の直径)あるいは番手と呼ばれる数字(BWG,AWG)で表される。針金の表面はビニールや紙などの被覆で加工されることもある。なお針金は同じ箇所で曲げを繰り返すと加工硬化で硬くなり、折れることがある。強度の高いものはピアノ線やなどとして区別され、針金と呼称される材料には強度が求められない場合が多い。変形性に富むが、形状記憶性がない材料で、外的要因がなければ基本的にその形状を保持する。店舗で販売される場合はループ状やらせん状にされている場合が多く、金属材料としては比較的安価で取引されている。 (ja)
rdfs:label
  • 針金 (ja)
  • 針金 (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of