里見 岸雄(さとみ きしお、1897年3月17日 - 1974年4月18日)は、日本の思想家、人文学者、国体学者、法学者。国柱会を創設した田中智学の三男として東京で生まれ、のちに里見家へ養子に入る。の創始者として知られ、戦前の言論に大きな影響を与えた。 1920年旧制早稲田大学哲学科卒業。1922年から1924年にかけて英独仏などに遊学し、帰朝後にを創立。1936年、日本国体学会を創立。後に立命館大学法学部教授に就任、法学博士号を同大より授与され、国体学科を創設。主任教授となる。 近年、戦前期の国家主義に関する研究が進む中、大谷栄一による近代日蓮主義運動史研究、大塚桂・による政治思想史研究、による憲法学史研究などにおいて、その独自性が評価されつつある。現在も日本国体学会の『国体文化』で里見に関する研究が行われている。

Property Value
dbo:abstract
  • 里見 岸雄(さとみ きしお、1897年3月17日 - 1974年4月18日)は、日本の思想家、人文学者、国体学者、法学者。国柱会を創設した田中智学の三男として東京で生まれ、のちに里見家へ養子に入る。の創始者として知られ、戦前の言論に大きな影響を与えた。 1920年旧制早稲田大学哲学科卒業。1922年から1924年にかけて英独仏などに遊学し、帰朝後にを創立。1936年、日本国体学会を創立。後に立命館大学法学部教授に就任、法学博士号を同大より授与され、国体学科を創設。主任教授となる。 近年、戦前期の国家主義に関する研究が進む中、大谷栄一による近代日蓮主義運動史研究、大塚桂・による政治思想史研究、による憲法学史研究などにおいて、その独自性が評価されつつある。現在も日本国体学会の『国体文化』で里見に関する研究が行われている。 (ja)
  • 里見 岸雄(さとみ きしお、1897年3月17日 - 1974年4月18日)は、日本の思想家、人文学者、国体学者、法学者。国柱会を創設した田中智学の三男として東京で生まれ、のちに里見家へ養子に入る。の創始者として知られ、戦前の言論に大きな影響を与えた。 1920年旧制早稲田大学哲学科卒業。1922年から1924年にかけて英独仏などに遊学し、帰朝後にを創立。1936年、日本国体学会を創立。後に立命館大学法学部教授に就任、法学博士号を同大より授与され、国体学科を創設。主任教授となる。 近年、戦前期の国家主義に関する研究が進む中、大谷栄一による近代日蓮主義運動史研究、大塚桂・による政治思想史研究、による憲法学史研究などにおいて、その独自性が評価されつつある。現在も日本国体学会の『国体文化』で里見に関する研究が行われている。 (ja)
dbo:affiliation
dbo:almaMater
dbo:birthPlace
dbo:deathDate
  • 1974-04-18 (xsd:date)
dbo:deathPlace
dbo:depictionDescription
  • 壮年期の里見岸雄 (ja)
  • 壮年期の里見岸雄 (ja)
dbo:field
dbo:influenced
dbo:influencedBy
dbo:knownFor
dbo:nationality
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 1288511 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 11905 (xsd:nonNegativeInteger)
  • 11937 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 76885476 (xsd:integer)
  • 83876446 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:almaMater
prop-ja:birthDate
  • --03-17
prop-ja:birthPlace
  • 東京都本所区本所横網 (ja)
  • (現・墨田区) (ja)
  • 東京都本所区本所横網 (ja)
  • (現・墨田区) (ja)
prop-ja:caption
  • 壮年期の里見岸雄 (ja)
  • 壮年期の里見岸雄 (ja)
prop-ja:date
  • --08-01
prop-ja:deathDate
  • 1974-04-18 (xsd:date)
prop-ja:deathPlace
  • 東京都武蔵野市 (ja)
  • 東京都武蔵野市 (ja)
prop-ja:field
prop-ja:influenced
prop-ja:influences
prop-ja:knownFor
prop-ja:name
  • 里見 岸雄 (ja)
  • 里見 岸雄 (ja)
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:workInstitutions
prop-ja:ソートキー
  • 人1974年没 (ja)
  • 人1974年没 (ja)
prop-ja:一次資料
  • --11-29
prop-ja:出典の明記
  • 2017 (xsd:integer)
prop-ja:分野
  • 人物 (ja)
  • 人物 (ja)
prop-ja:大言壮語
  • --11-29
prop-ja:宣伝
  • --11-29
prop-ja:特筆性
  • --08-01
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 里見 岸雄(さとみ きしお、1897年3月17日 - 1974年4月18日)は、日本の思想家、人文学者、国体学者、法学者。国柱会を創設した田中智学の三男として東京で生まれ、のちに里見家へ養子に入る。の創始者として知られ、戦前の言論に大きな影響を与えた。 1920年旧制早稲田大学哲学科卒業。1922年から1924年にかけて英独仏などに遊学し、帰朝後にを創立。1936年、日本国体学会を創立。後に立命館大学法学部教授に就任、法学博士号を同大より授与され、国体学科を創設。主任教授となる。 近年、戦前期の国家主義に関する研究が進む中、大谷栄一による近代日蓮主義運動史研究、大塚桂・による政治思想史研究、による憲法学史研究などにおいて、その独自性が評価されつつある。現在も日本国体学会の『国体文化』で里見に関する研究が行われている。 (ja)
  • 里見 岸雄(さとみ きしお、1897年3月17日 - 1974年4月18日)は、日本の思想家、人文学者、国体学者、法学者。国柱会を創設した田中智学の三男として東京で生まれ、のちに里見家へ養子に入る。の創始者として知られ、戦前の言論に大きな影響を与えた。 1920年旧制早稲田大学哲学科卒業。1922年から1924年にかけて英独仏などに遊学し、帰朝後にを創立。1936年、日本国体学会を創立。後に立命館大学法学部教授に就任、法学博士号を同大より授与され、国体学科を創設。主任教授となる。 近年、戦前期の国家主義に関する研究が進む中、大谷栄一による近代日蓮主義運動史研究、大塚桂・による政治思想史研究、による憲法学史研究などにおいて、その独自性が評価されつつある。現在も日本国体学会の『国体文化』で里見に関する研究が行われている。 (ja)
rdfs:label
  • 里見岸雄 (ja)
  • 里見岸雄 (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 里見 岸雄 (ja)
  • 里見 岸雄 (ja)
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:影響を受けたもの of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of