連合および永遠の連合規約(れんごうおよびえいえんのれんごうきやく、Articles of Confederation and Perpetual Union)、一般に連合規約(れんごうきやく、Articles of Confederation)は、アメリカ独立戦争において13植民地の相互友好同盟を定めた規約。連合の名称を「アメリカ合衆国(United States of America)」と定め、13邦を統括する連合会議の設置を定めた。アメリカ最初の連邦憲法とも呼ばれている。 この規約は16ヶ月に及ぶ討論の末、大陸会議において1777年11月15日に採択され、1781年3月1日にすべての邦の承認を得て発効した。この規約は連合会議に外交、軍事、邦間の関係等にわたる権限を認めていたが、13邦はそれぞれ絶対的な主権を持っていた。そのため内政は混乱状態を呈し、強力な中央政府樹立が求められた。その後1787年にアメリカ合衆国憲法が制定され、1790年5月29日に13邦すべてが合衆国憲法を批准したことにより連合規約の効力は消滅し、その役割を終えた。

Property Value
dbo:abstract
  • 連合および永遠の連合規約(れんごうおよびえいえんのれんごうきやく、Articles of Confederation and Perpetual Union)、一般に連合規約(れんごうきやく、Articles of Confederation)は、アメリカ独立戦争において13植民地の相互友好同盟を定めた規約。連合の名称を「アメリカ合衆国(United States of America)」と定め、13邦を統括する連合会議の設置を定めた。アメリカ最初の連邦憲法とも呼ばれている。 この規約は16ヶ月に及ぶ討論の末、大陸会議において1777年11月15日に採択され、1781年3月1日にすべての邦の承認を得て発効した。この規約は連合会議に外交、軍事、邦間の関係等にわたる権限を認めていたが、13邦はそれぞれ絶対的な主権を持っていた。そのため内政は混乱状態を呈し、強力な中央政府樹立が求められた。その後1787年にアメリカ合衆国憲法が制定され、1790年5月29日に13邦すべてが合衆国憲法を批准したことにより連合規約の効力は消滅し、その役割を終えた。 (ja)
  • 連合および永遠の連合規約(れんごうおよびえいえんのれんごうきやく、Articles of Confederation and Perpetual Union)、一般に連合規約(れんごうきやく、Articles of Confederation)は、アメリカ独立戦争において13植民地の相互友好同盟を定めた規約。連合の名称を「アメリカ合衆国(United States of America)」と定め、13邦を統括する連合会議の設置を定めた。アメリカ最初の連邦憲法とも呼ばれている。 この規約は16ヶ月に及ぶ討論の末、大陸会議において1777年11月15日に採択され、1781年3月1日にすべての邦の承認を得て発効した。この規約は連合会議に外交、軍事、邦間の関係等にわたる権限を認めていたが、13邦はそれぞれ絶対的な主権を持っていた。そのため内政は混乱状態を呈し、強力な中央政府樹立が求められた。その後1787年にアメリカ合衆国憲法が制定され、1790年5月29日に13邦すべてが合衆国憲法を批准したことにより連合規約の効力は消滅し、その役割を終えた。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 633101 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 7699 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 79057608 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:dateCreated
  • --11-15
prop-ja:dateRatified
  • --03-01
prop-ja:documentName
  • (ja)
  • Articles of Confederation (ja)
  • 連合規約 (ja)
  • (ja)
  • Articles of Confederation (ja)
  • 連合規約 (ja)
prop-ja:imageCaption
  • 連合規約の1ページ目 (ja)
  • 連合規約の1ページ目 (ja)
prop-ja:locationOfDocument
prop-ja:purpose
  • アメリカ最初の連邦憲法 (ja)
  • アメリカ最初の連邦憲法 (ja)
prop-ja:signers
  • 大陸会議 (ja)
  • 大陸会議 (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:wikisource
  • Articles of Confederation (ja)
  • Articles of Confederation (ja)
prop-ja:writer
dct:subject
rdfs:comment
  • 連合および永遠の連合規約(れんごうおよびえいえんのれんごうきやく、Articles of Confederation and Perpetual Union)、一般に連合規約(れんごうきやく、Articles of Confederation)は、アメリカ独立戦争において13植民地の相互友好同盟を定めた規約。連合の名称を「アメリカ合衆国(United States of America)」と定め、13邦を統括する連合会議の設置を定めた。アメリカ最初の連邦憲法とも呼ばれている。 この規約は16ヶ月に及ぶ討論の末、大陸会議において1777年11月15日に採択され、1781年3月1日にすべての邦の承認を得て発効した。この規約は連合会議に外交、軍事、邦間の関係等にわたる権限を認めていたが、13邦はそれぞれ絶対的な主権を持っていた。そのため内政は混乱状態を呈し、強力な中央政府樹立が求められた。その後1787年にアメリカ合衆国憲法が制定され、1790年5月29日に13邦すべてが合衆国憲法を批准したことにより連合規約の効力は消滅し、その役割を終えた。 (ja)
  • 連合および永遠の連合規約(れんごうおよびえいえんのれんごうきやく、Articles of Confederation and Perpetual Union)、一般に連合規約(れんごうきやく、Articles of Confederation)は、アメリカ独立戦争において13植民地の相互友好同盟を定めた規約。連合の名称を「アメリカ合衆国(United States of America)」と定め、13邦を統括する連合会議の設置を定めた。アメリカ最初の連邦憲法とも呼ばれている。 この規約は16ヶ月に及ぶ討論の末、大陸会議において1777年11月15日に採択され、1781年3月1日にすべての邦の承認を得て発効した。この規約は連合会議に外交、軍事、邦間の関係等にわたる権限を認めていたが、13邦はそれぞれ絶対的な主権を持っていた。そのため内政は混乱状態を呈し、強力な中央政府樹立が求められた。その後1787年にアメリカ合衆国憲法が制定され、1790年5月29日に13邦すべてが合衆国憲法を批准したことにより連合規約の効力は消滅し、その役割を終えた。 (ja)
rdfs:label
  • 連合規約 (ja)
  • 連合規約 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:coaCaption of
is prop-ja:constitution of
is foaf:primaryTopic of