赤坂 憲雄(あかさか のりお、1953年5月23日 - )は、日本の民俗学者、学習院大学教授、福島県立博物館館長。東京都小平市在住。東北学を提唱したことで有名。 1992年東北芸術工科大学助教授。1999年4月に東北文化研究センターを設立してセンター長就任。同1999年雑誌『東北学』を創刊。2007年『岡本太郎の見た日本』でドゥマゴ文学賞受賞(選考委員・荒川洋治)、2008年同書で芸術選奨文部科学大臣賞(評論等部門)受賞。2011年学習院大学教授。 2011年4月東日本大震災復興構想会議委員。被災地を歩き、公演、シンポジウムなどの著作活動を行う。京都五山の送り火におけるや東海テレビのセシウムさん騒動等について、名古屋・京都・福岡を「中世以来の、ケガレと差別の風土が濃密に残る土地柄である。(略)わたしは「差別なき東北」を誇りに思う。」として、2011年9月18日の福島民報において批判した。

Property Value
dbo:abstract
  • 赤坂 憲雄(あかさか のりお、1953年5月23日 - )は、日本の民俗学者、学習院大学教授、福島県立博物館館長。東京都小平市在住。東北学を提唱したことで有名。 1992年東北芸術工科大学助教授。1999年4月に東北文化研究センターを設立してセンター長就任。同1999年雑誌『東北学』を創刊。2007年『岡本太郎の見た日本』でドゥマゴ文学賞受賞(選考委員・荒川洋治)、2008年同書で芸術選奨文部科学大臣賞(評論等部門)受賞。2011年学習院大学教授。 2011年4月東日本大震災復興構想会議委員。被災地を歩き、公演、シンポジウムなどの著作活動を行う。京都五山の送り火におけるや東海テレビのセシウムさん騒動等について、名古屋・京都・福岡を「中世以来の、ケガレと差別の風土が濃密に残る土地柄である。(略)わたしは「差別なき東北」を誇りに思う。」として、2011年9月18日の福島民報において批判した。 (ja)
  • 赤坂 憲雄(あかさか のりお、1953年5月23日 - )は、日本の民俗学者、学習院大学教授、福島県立博物館館長。東京都小平市在住。東北学を提唱したことで有名。 1992年東北芸術工科大学助教授。1999年4月に東北文化研究センターを設立してセンター長就任。同1999年雑誌『東北学』を創刊。2007年『岡本太郎の見た日本』でドゥマゴ文学賞受賞(選考委員・荒川洋治)、2008年同書で芸術選奨文部科学大臣賞(評論等部門)受賞。2011年学習院大学教授。 2011年4月東日本大震災復興構想会議委員。被災地を歩き、公演、シンポジウムなどの著作活動を行う。京都五山の送り火におけるや東海テレビのセシウムさん騒動等について、名古屋・京都・福岡を「中世以来の、ケガレと差別の風土が濃密に残る土地柄である。(略)わたしは「差別なき東北」を誇りに思う。」として、2011年9月18日の福島民報において批判した。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 128124 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 3585 (xsd:nonNegativeInteger)
  • 3586 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80056032 (xsd:integer)
  • 85541266 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • 赤坂 憲雄(あかさか のりお、1953年5月23日 - )は、日本の民俗学者、学習院大学教授、福島県立博物館館長。東京都小平市在住。東北学を提唱したことで有名。 1992年東北芸術工科大学助教授。1999年4月に東北文化研究センターを設立してセンター長就任。同1999年雑誌『東北学』を創刊。2007年『岡本太郎の見た日本』でドゥマゴ文学賞受賞(選考委員・荒川洋治)、2008年同書で芸術選奨文部科学大臣賞(評論等部門)受賞。2011年学習院大学教授。 2011年4月東日本大震災復興構想会議委員。被災地を歩き、公演、シンポジウムなどの著作活動を行う。京都五山の送り火におけるや東海テレビのセシウムさん騒動等について、名古屋・京都・福岡を「中世以来の、ケガレと差別の風土が濃密に残る土地柄である。(略)わたしは「差別なき東北」を誇りに思う。」として、2011年9月18日の福島民報において批判した。 (ja)
  • 赤坂 憲雄(あかさか のりお、1953年5月23日 - )は、日本の民俗学者、学習院大学教授、福島県立博物館館長。東京都小平市在住。東北学を提唱したことで有名。 1992年東北芸術工科大学助教授。1999年4月に東北文化研究センターを設立してセンター長就任。同1999年雑誌『東北学』を創刊。2007年『岡本太郎の見た日本』でドゥマゴ文学賞受賞(選考委員・荒川洋治)、2008年同書で芸術選奨文部科学大臣賞(評論等部門)受賞。2011年学習院大学教授。 2011年4月東日本大震災復興構想会議委員。被災地を歩き、公演、シンポジウムなどの著作活動を行う。京都五山の送り火におけるや東海テレビのセシウムさん騒動等について、名古屋・京都・福岡を「中世以来の、ケガレと差別の風土が濃密に残る土地柄である。(略)わたしは「差別なき東北」を誇りに思う。」として、2011年9月18日の福島民報において批判した。 (ja)
rdfs:label
  • 赤坂憲雄 (ja)
  • 赤坂憲雄 (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of