観光(かんこう、英: sightseeingあるいはleisure travel、仏: tourisme)とは、もともとは「日常の生活では見ることのできない風景・風俗・習慣などを見て回る旅行」を意味したが、旅行が安全性になり快適になるにつれて「楽しみのための旅」全般を指す言葉として広く使用されるようになっている。 英語ではサイトシーイング(en:sightseeing)と、ツーリズム(en:tourism)をはっきり区別している。英語は、原則的に主語を明記し、行為の主体は誰なのか、誰が行う行為なのかはっきりさせる言語なので、やはり主語をはっきりさせるのである。サイトシーイング(sightseeing)のほうは、特定の地で興味ある場所を訪れる行為。一方、ツーリズム(tourism)のほうは「関心を持たれる場所を訪れるための商業的な組織や運営」。つまりツーリズムのほうは観光業や観光業者にすぎず、業者側の組織や運営のことを言っているにすぎない。別概念である。 日本語の観光はあくまでサイトシーイング(sightseeing)のほうである。 本記事では、基本は日本語の定義どおり観光をする側、つまり旅行者側の視点で説明してゆく。ただし若干は観光業にも言及する。観光業(tourism)については観光業という別記事が立ち上げられているので、そちらで記述すること。本記事で大量に書いてはいけない。

Property Value
dbo:abstract
  • 観光(かんこう、英: sightseeingあるいはleisure travel、仏: tourisme)とは、もともとは「日常の生活では見ることのできない風景・風俗・習慣などを見て回る旅行」を意味したが、旅行が安全性になり快適になるにつれて「楽しみのための旅」全般を指す言葉として広く使用されるようになっている。 英語ではサイトシーイング(en:sightseeing)と、ツーリズム(en:tourism)をはっきり区別している。英語は、原則的に主語を明記し、行為の主体は誰なのか、誰が行う行為なのかはっきりさせる言語なので、やはり主語をはっきりさせるのである。サイトシーイング(sightseeing)のほうは、特定の地で興味ある場所を訪れる行為。一方、ツーリズム(tourism)のほうは「関心を持たれる場所を訪れるための商業的な組織や運営」。つまりツーリズムのほうは観光業や観光業者にすぎず、業者側の組織や運営のことを言っているにすぎない。別概念である。 日本語の観光はあくまでサイトシーイング(sightseeing)のほうである。 本記事では、基本は日本語の定義どおり観光をする側、つまり旅行者側の視点で説明してゆく。ただし若干は観光業にも言及する。観光業(tourism)については観光業という別記事が立ち上げられているので、そちらで記述すること。本記事で大量に書いてはいけない。 なおフランス語では観光をトゥリスム(仏: tourisme)と言う。定義は「楽しみのために旅をしたり場所を訪れること」であり、まさに観光を指している。英語という言語は、何かを "おしゃれ" なものとして表現をしたい時にしばしばフランス語の単語を借用するので、英語圏の人々がここ数十年、フランス流の観光のやりかた、さまざまなアクティビティを行って旅を存分に楽しむやりかたを見て、(本来の英語のtourismは観光業という意味しかないのに)フランス流に「tourism(e)」と呼び始めた可能性はある。(なおフランス人たちのバカンスという行動や用語も、世界中であこがれの的となりバカンスという表現が世界中に広がった経緯がある)  英語圏でフランス流のアクティビティ満載の楽しい旅を、フランス語の借用語でなく英語そのもので表現する場合は1語では無理なので、きちんとした英語を使える学者はしかたなく「レジャートラベル leisure travel」と2語で表現することも行なうが、一般人はこれだと2語になってわずらわしいと感じて1語のフランス語からの借用語を使いすぎているうちに、特に無知な若者たちの間で自分たちが借用語を使っているという意識が希薄になってきている可能性がある。だが、Oxfordなどの正統な英語辞書の執筆者・学者は英語の歴史や本来の意味を調べて知っていて、こちらの定義文のほうが正しい、と理解したほうがよい。 なお、中国では「観光」という語は一般的ではなく、「旅游」「遊覧」が用いられる。中華人民共和国国家観光局の中国語表記は「中華人民共和国国家旅游局」である。 (ja)
  • 観光(かんこう、英: sightseeingあるいはleisure travel、仏: tourisme)とは、もともとは「日常の生活では見ることのできない風景・風俗・習慣などを見て回る旅行」を意味したが、旅行が安全性になり快適になるにつれて「楽しみのための旅」全般を指す言葉として広く使用されるようになっている。 英語ではサイトシーイング(en:sightseeing)と、ツーリズム(en:tourism)をはっきり区別している。英語は、原則的に主語を明記し、行為の主体は誰なのか、誰が行う行為なのかはっきりさせる言語なので、やはり主語をはっきりさせるのである。サイトシーイング(sightseeing)のほうは、特定の地で興味ある場所を訪れる行為。一方、ツーリズム(tourism)のほうは「関心を持たれる場所を訪れるための商業的な組織や運営」。つまりツーリズムのほうは観光業や観光業者にすぎず、業者側の組織や運営のことを言っているにすぎない。別概念である。 日本語の観光はあくまでサイトシーイング(sightseeing)のほうである。 本記事では、基本は日本語の定義どおり観光をする側、つまり旅行者側の視点で説明してゆく。ただし若干は観光業にも言及する。観光業(tourism)については観光業という別記事が立ち上げられているので、そちらで記述すること。本記事で大量に書いてはいけない。 なおフランス語では観光をトゥリスム(仏: tourisme)と言う。定義は「楽しみのために旅をしたり場所を訪れること」であり、まさに観光を指している。英語という言語は、何かを "おしゃれ" なものとして表現をしたい時にしばしばフランス語の単語を借用するので、英語圏の人々がここ数十年、フランス流の観光のやりかた、さまざまなアクティビティを行って旅を存分に楽しむやりかたを見て、(本来の英語のtourismは観光業という意味しかないのに)フランス流に「tourism(e)」と呼び始めた可能性はある。(なおフランス人たちのバカンスという行動や用語も、世界中であこがれの的となりバカンスという表現が世界中に広がった経緯がある)  英語圏でフランス流のアクティビティ満載の楽しい旅を、フランス語の借用語でなく英語そのもので表現する場合は1語では無理なので、きちんとした英語を使える学者はしかたなく「レジャートラベル leisure travel」と2語で表現することも行なうが、一般人はこれだと2語になってわずらわしいと感じて1語のフランス語からの借用語を使いすぎているうちに、特に無知な若者たちの間で自分たちが借用語を使っているという意識が希薄になってきている可能性がある。だが、Oxfordなどの正統な英語辞書の執筆者・学者は英語の歴史や本来の意味を調べて知っていて、こちらの定義文のほうが正しい、と理解したほうがよい。 なお、中国では「観光」という語は一般的ではなく、「旅游」「遊覧」が用いられる。中華人民共和国国家観光局の中国語表記は「中華人民共和国国家旅游局」である。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 25374 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 8904 (xsd:nonNegativeInteger)
  • 10150 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80332804 (xsd:integer)
  • 86429843 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:独自研究
  • 2018 (xsd:integer)
prop-ja:脚注の不足
  • 2018 (xsd:integer)
dct:subject
rdfs:comment
  • 観光(かんこう、英: sightseeingあるいはleisure travel、仏: tourisme)とは、もともとは「日常の生活では見ることのできない風景・風俗・習慣などを見て回る旅行」を意味したが、旅行が安全性になり快適になるにつれて「楽しみのための旅」全般を指す言葉として広く使用されるようになっている。 英語ではサイトシーイング(en:sightseeing)と、ツーリズム(en:tourism)をはっきり区別している。英語は、原則的に主語を明記し、行為の主体は誰なのか、誰が行う行為なのかはっきりさせる言語なので、やはり主語をはっきりさせるのである。サイトシーイング(sightseeing)のほうは、特定の地で興味ある場所を訪れる行為。一方、ツーリズム(tourism)のほうは「関心を持たれる場所を訪れるための商業的な組織や運営」。つまりツーリズムのほうは観光業や観光業者にすぎず、業者側の組織や運営のことを言っているにすぎない。別概念である。 日本語の観光はあくまでサイトシーイング(sightseeing)のほうである。 本記事では、基本は日本語の定義どおり観光をする側、つまり旅行者側の視点で説明してゆく。ただし若干は観光業にも言及する。観光業(tourism)については観光業という別記事が立ち上げられているので、そちらで記述すること。本記事で大量に書いてはいけない。 (ja)
  • 観光(かんこう、英: sightseeingあるいはleisure travel、仏: tourisme)とは、もともとは「日常の生活では見ることのできない風景・風俗・習慣などを見て回る旅行」を意味したが、旅行が安全性になり快適になるにつれて「楽しみのための旅」全般を指す言葉として広く使用されるようになっている。 英語ではサイトシーイング(en:sightseeing)と、ツーリズム(en:tourism)をはっきり区別している。英語は、原則的に主語を明記し、行為の主体は誰なのか、誰が行う行為なのかはっきりさせる言語なので、やはり主語をはっきりさせるのである。サイトシーイング(sightseeing)のほうは、特定の地で興味ある場所を訪れる行為。一方、ツーリズム(tourism)のほうは「関心を持たれる場所を訪れるための商業的な組織や運営」。つまりツーリズムのほうは観光業や観光業者にすぎず、業者側の組織や運営のことを言っているにすぎない。別概念である。 日本語の観光はあくまでサイトシーイング(sightseeing)のほうである。 本記事では、基本は日本語の定義どおり観光をする側、つまり旅行者側の視点で説明してゆく。ただし若干は観光業にも言及する。観光業(tourism)については観光業という別記事が立ち上げられているので、そちらで記述すること。本記事で大量に書いてはいけない。 (ja)
rdfs:label
  • 観光 (ja)
  • 観光 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:genre of
is dbo:industry of
is dbo:knownFor of
is dbo:pictureDescription of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:genre of
is prop-ja:industry of
is prop-ja:knownFor of
is prop-ja:subject of
is prop-ja:ジャンル of
is prop-ja:専門分野 of
is prop-ja:用途 of
is prop-ja:趣味 of
is dct:subject of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of