虎関師錬(こかんしれん)は、鎌倉時代後期から南北朝時代にかけての臨済宗の僧。諱は師錬、字は虎関。父は藤原左金吾校尉で、母は源氏。玄恵の兄弟とする説もある。京都の出身。諡号は本覚国師。漢詩・漢文に優れ、五山文学の代表者の一人である。

Property Value
dbo:abstract
  • 虎関師錬(こかんしれん)は、鎌倉時代後期から南北朝時代にかけての臨済宗の僧。諱は師錬、字は虎関。父は藤原左金吾校尉で、母は源氏。玄恵の兄弟とする説もある。京都の出身。諡号は本覚国師。漢詩・漢文に優れ、五山文学の代表者の一人である。 (ja)
  • 虎関師錬(こかんしれん)は、鎌倉時代後期から南北朝時代にかけての臨済宗の僧。諱は師錬、字は虎関。父は藤原左金吾校尉で、母は源氏。玄恵の兄弟とする説もある。京都の出身。諡号は本覚国師。漢詩・漢文に優れ、五山文学の代表者の一人である。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 399515 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 1948 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 78068785 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:名前
  • 虎関師錬 (ja)
  • 虎関師錬 (ja)
prop-ja:宗旨
prop-ja:寺院
  • 楞伽寺 (ja)
  • 楞伽寺 (ja)
prop-ja:
prop-ja:弟子
prop-ja:没地
prop-ja:生地
prop-ja:生没年
  • --04-16
  • --05-09
prop-ja:画像
  • Kokan Shiren.jpg (ja)
  • Kokan Shiren.jpg (ja)
prop-ja:著作
  • 『元亨釈書』、『仏語心論』、『済北集』、『十禅支録』、『聚分韻略』など (ja)
  • 『元亨釈書』、『仏語心論』、『済北集』、『十禅支録』、『聚分韻略』など (ja)
prop-ja:説明文
  • 虎関師錬像(海蔵院蔵) (ja)
  • 虎関師錬像(海蔵院蔵) (ja)
prop-ja:諡号
  • 本覚国師 (ja)
  • 本覚国師 (ja)
prop-ja:
  • 師錬 (ja)
  • 師錬 (ja)
dct:subject
rdfs:comment
  • 虎関師錬(こかんしれん)は、鎌倉時代後期から南北朝時代にかけての臨済宗の僧。諱は師錬、字は虎関。父は藤原左金吾校尉で、母は源氏。玄恵の兄弟とする説もある。京都の出身。諡号は本覚国師。漢詩・漢文に優れ、五山文学の代表者の一人である。 (ja)
  • 虎関師錬(こかんしれん)は、鎌倉時代後期から南北朝時代にかけての臨済宗の僧。諱は師錬、字は虎関。父は藤原左金吾校尉で、母は源氏。玄恵の兄弟とする説もある。京都の出身。諡号は本覚国師。漢詩・漢文に優れ、五山文学の代表者の一人である。 (ja)
rdfs:label
  • 虎関師錬 (ja)
  • 虎関師錬 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja: of
is prop-ja:開基 of
is foaf:primaryTopic of