『荒野の聖ヒエロニムス』(伊: San Girolamo nel Deserto, 英: Saint Jerome in the Wilderness)は、盛期ルネサンスのイタリアの巨匠レオナルド・ダ・ヴィンチが1482年頃に制作した絵画である。テンペラ画。レオナルド・ダ・ヴィンチの指紋が残されていることでも知られる。 主題はキリスト教の聖人である聖ヒエロニムスから取られている。未完成のまま放棄された作品で、制作経緯や来歴など多くの点で謎に包まれている。19世紀初頭に当時ローマに住んでいた女流画家アンゲリカ・カウフマンの美術コレクションに含まれていたことが知られているが、彼女が絵画を入手した経緯は不明である。その後、絵画は一時的に所在不明となり、おそらくこの時期にいくつかの板絵に切断されたらしい。現在ではこれらの板絵は繋ぎ合わされ、ヴァチカン市国のヴァチカン美術館に所蔵されている。なお、17世紀の記録にヴァチカン美術館のバージョンとは異なるダ・ヴィンチの『聖ヒエロニムス』が存在したことも知られている。

Property Value
dbo:abstract
  • 『荒野の聖ヒエロニムス』(伊: San Girolamo nel Deserto, 英: Saint Jerome in the Wilderness)は、盛期ルネサンスのイタリアの巨匠レオナルド・ダ・ヴィンチが1482年頃に制作した絵画である。テンペラ画。レオナルド・ダ・ヴィンチの指紋が残されていることでも知られる。 主題はキリスト教の聖人である聖ヒエロニムスから取られている。未完成のまま放棄された作品で、制作経緯や来歴など多くの点で謎に包まれている。19世紀初頭に当時ローマに住んでいた女流画家アンゲリカ・カウフマンの美術コレクションに含まれていたことが知られているが、彼女が絵画を入手した経緯は不明である。その後、絵画は一時的に所在不明となり、おそらくこの時期にいくつかの板絵に切断されたらしい。現在ではこれらの板絵は繋ぎ合わされ、ヴァチカン市国のヴァチカン美術館に所蔵されている。なお、17世紀の記録にヴァチカン美術館のバージョンとは異なるダ・ヴィンチの『聖ヒエロニムス』が存在したことも知られている。 (ja)
  • 『荒野の聖ヒエロニムス』(伊: San Girolamo nel Deserto, 英: Saint Jerome in the Wilderness)は、盛期ルネサンスのイタリアの巨匠レオナルド・ダ・ヴィンチが1482年頃に制作した絵画である。テンペラ画。レオナルド・ダ・ヴィンチの指紋が残されていることでも知られる。 主題はキリスト教の聖人である聖ヒエロニムスから取られている。未完成のまま放棄された作品で、制作経緯や来歴など多くの点で謎に包まれている。19世紀初頭に当時ローマに住んでいた女流画家アンゲリカ・カウフマンの美術コレクションに含まれていたことが知られているが、彼女が絵画を入手した経緯は不明である。その後、絵画は一時的に所在不明となり、おそらくこの時期にいくつかの板絵に切断されたらしい。現在ではこれらの板絵は繋ぎ合わされ、ヴァチカン市国のヴァチカン美術館に所蔵されている。なお、17世紀の記録にヴァチカン美術館のバージョンとは異なるダ・ヴィンチの『聖ヒエロニムス』が存在したことも知られている。 (ja)
dbo:creator
dbo:location
dbo:museum
dbo:painter
dbo:title
  • Saint Jerome in the Wilderness (ja)
  • San Girolamo nel Deserto (ja)
  • Saint Jerome in the Wilderness (ja)
  • San Girolamo nel Deserto (ja)
dbo:type
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 4364641 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 8234 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 85097423 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:artist
prop-ja:caption
  • 行方不明となった絵画を発見したジョゼフ・フェッシュ枢機卿。 (ja)
  • 絵画の所有者の1人である画家アンゲリカ・カウフマン。 (ja)
  • 行方不明となった絵画を発見したジョゼフ・フェッシュ枢機卿。 (ja)
  • 絵画の所有者の1人である画家アンゲリカ・カウフマン。 (ja)
prop-ja:city
prop-ja:direction
  • horizontal (ja)
  • horizontal (ja)
prop-ja:height
  • 102.800000 (xsd:double)
prop-ja:image
  • Cardinal Joseph Fesch.jpg (ja)
  • Angelica Kauffmann, Self-Portrait, 1780-1785 01.jpg (ja)
  • Cardinal Joseph Fesch.jpg (ja)
  • Angelica Kauffmann, Self-Portrait, 1780-1785 01.jpg (ja)
prop-ja:imageFile
  • Leonardo, san girolamo 2.jpg (ja)
  • Leonardo, san girolamo 2.jpg (ja)
prop-ja:imageSize
  • 350 (xsd:integer)
prop-ja:museum
prop-ja:otherLanguage
prop-ja:otherTitle
  • Saint Jerome in the Wilderness (ja)
  • San Girolamo nel Deserto (ja)
  • Saint Jerome in the Wilderness (ja)
  • San Girolamo nel Deserto (ja)
prop-ja:title
  • 荒野の聖ヒエロニムス (ja)
  • 荒野の聖ヒエロニムス (ja)
prop-ja:type
prop-ja:width
  • 73.500000 (xsd:double)
  • 220 (xsd:integer)
  • 233 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:year
  • 1482 (xsd:integer)
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 『荒野の聖ヒエロニムス』(伊: San Girolamo nel Deserto, 英: Saint Jerome in the Wilderness)は、盛期ルネサンスのイタリアの巨匠レオナルド・ダ・ヴィンチが1482年頃に制作した絵画である。テンペラ画。レオナルド・ダ・ヴィンチの指紋が残されていることでも知られる。 主題はキリスト教の聖人である聖ヒエロニムスから取られている。未完成のまま放棄された作品で、制作経緯や来歴など多くの点で謎に包まれている。19世紀初頭に当時ローマに住んでいた女流画家アンゲリカ・カウフマンの美術コレクションに含まれていたことが知られているが、彼女が絵画を入手した経緯は不明である。その後、絵画は一時的に所在不明となり、おそらくこの時期にいくつかの板絵に切断されたらしい。現在ではこれらの板絵は繋ぎ合わされ、ヴァチカン市国のヴァチカン美術館に所蔵されている。なお、17世紀の記録にヴァチカン美術館のバージョンとは異なるダ・ヴィンチの『聖ヒエロニムス』が存在したことも知られている。 (ja)
  • 『荒野の聖ヒエロニムス』(伊: San Girolamo nel Deserto, 英: Saint Jerome in the Wilderness)は、盛期ルネサンスのイタリアの巨匠レオナルド・ダ・ヴィンチが1482年頃に制作した絵画である。テンペラ画。レオナルド・ダ・ヴィンチの指紋が残されていることでも知られる。 主題はキリスト教の聖人である聖ヒエロニムスから取られている。未完成のまま放棄された作品で、制作経緯や来歴など多くの点で謎に包まれている。19世紀初頭に当時ローマに住んでいた女流画家アンゲリカ・カウフマンの美術コレクションに含まれていたことが知られているが、彼女が絵画を入手した経緯は不明である。その後、絵画は一時的に所在不明となり、おそらくこの時期にいくつかの板絵に切断されたらしい。現在ではこれらの板絵は繋ぎ合わされ、ヴァチカン市国のヴァチカン美術館に所蔵されている。なお、17世紀の記録にヴァチカン美術館のバージョンとは異なるダ・ヴィンチの『聖ヒエロニムス』が存在したことも知られている。 (ja)
rdfs:label
  • 荒野の聖ヒエロニムス (レオナルド) (ja)
  • 荒野の聖ヒエロニムス (レオナルド) (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 荒野の聖ヒエロニムス (ja)
  • 荒野の聖ヒエロニムス (ja)
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of