芹沢 光治良(せりざわ こうじろう、1896年(明治29年)5月4日 - 1993年(平成5年)3月23日)は日本の小説家。静岡県沼津市名誉市民(1980年‐ )。東京帝国大学経済学部卒。仏留学後、『ブルジョア』で出発。『』で注目された。作品は父性希求、天理教を主題にしたもの、日本と西洋の対比やその矛盾を追究するものの系列があり、冷徹な目を据えながら、生と死、愛の問題を扱った主知的ヒューマニズム作家。日本よりもむしろ海外(特にフランス)で高い評価を受け、後年しばしばノーベル文学賞候補と噂された。晩年には、「文学はもの言わぬ神の意思に言葉を与えることだ」との信念に拠り、"神シリーズ"と呼ばれる、神を題材にした一連の作品で独特な神秘的世界を描いた。1965年‐1974年日本ペンクラブ会長。日本芸術院会員。

Property Value
dbo:abstract
  • 芹沢 光治良(せりざわ こうじろう、1896年(明治29年)5月4日 - 1993年(平成5年)3月23日)は日本の小説家。静岡県沼津市名誉市民(1980年‐ )。東京帝国大学経済学部卒。仏留学後、『ブルジョア』で出発。『』で注目された。作品は父性希求、天理教を主題にしたもの、日本と西洋の対比やその矛盾を追究するものの系列があり、冷徹な目を据えながら、生と死、愛の問題を扱った主知的ヒューマニズム作家。日本よりもむしろ海外(特にフランス)で高い評価を受け、後年しばしばノーベル文学賞候補と噂された。晩年には、「文学はもの言わぬ神の意思に言葉を与えることだ」との信念に拠り、"神シリーズ"と呼ばれる、神を題材にした一連の作品で独特な神秘的世界を描いた。1965年‐1974年日本ペンクラブ会長。日本芸術院会員。 (ja)
  • 芹沢 光治良(せりざわ こうじろう、1896年(明治29年)5月4日 - 1993年(平成5年)3月23日)は日本の小説家。静岡県沼津市名誉市民(1980年‐ )。東京帝国大学経済学部卒。仏留学後、『ブルジョア』で出発。『』で注目された。作品は父性希求、天理教を主題にしたもの、日本と西洋の対比やその矛盾を追究するものの系列があり、冷徹な目を据えながら、生と死、愛の問題を扱った主知的ヒューマニズム作家。日本よりもむしろ海外(特にフランス)で高い評価を受け、後年しばしばノーベル文学賞候補と噂された。晩年には、「文学はもの言わぬ神の意思に言葉を与えることだ」との信念に拠り、"神シリーズ"と呼ばれる、神を題材にした一連の作品で独特な神秘的世界を描いた。1965年‐1974年日本ペンクラブ会長。日本芸術院会員。 (ja)
dbo:activeYearsEndYear
  • 1993-01-01 (xsd:gYear)
dbo:activeYearsStartYear
  • 1930-01-01 (xsd:gYear)
dbo:almaMater
dbo:award
dbo:birthName
  • 芹澤 光治良 (ja)
  • (せりざわ みつじろう) (ja)
  • 芹澤 光治良 (ja)
  • (せりざわ みつじろう) (ja)
dbo:birthPlace
dbo:deathDate
  • 1993-03-23 (xsd:date)
dbo:deathPlace
dbo:education
dbo:genre
dbo:influencedBy
dbo:language
dbo:nationality
dbo:notableWork
dbo:occupation
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 25478 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 5267 (xsd:nonNegativeInteger)
  • 8618 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81581947 (xsd:integer)
  • 85750936 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:almaMater
  • 東京帝国大学経済学部 (ja)
  • 東京帝国大学経済学部 (ja)
prop-ja:awards
  • 芸術文化勲章(コマンドゥール)(1974年) (ja)
  • フランス友好国大賞(1959年) (ja)
  • 友好大賞(フランス)(1957年) (ja)
  • 日本芸術院賞(1969年) (ja)
  • 芸術選奨(1965年) (ja)
  • フランス芸術文化勲章(コマンドゥール賞) (ja)
  • 勲三等瑞宝章(1967年) (ja)
  • 友好大賞(フランス) (ja)
  • 芸術文化勲章(コマンドゥール)(1974年) (ja)
  • フランス友好国大賞(1959年) (ja)
  • 友好大賞(フランス)(1957年) (ja)
  • 日本芸術院賞(1969年) (ja)
  • 芸術選奨(1965年) (ja)
  • フランス芸術文化勲章(コマンドゥール賞) (ja)
  • 勲三等瑞宝章(1967年) (ja)
  • 友好大賞(フランス) (ja)
prop-ja:birthDate
  • --05-04
prop-ja:birthName
  • 芹澤 光治良 (ja)
  • (せりざわ みつじろう) (ja)
  • 芹澤 光治良 (ja)
  • (せりざわ みつじろう) (ja)
prop-ja:birthPlace
  • ・静岡県駿東郡楊原村我入道 (ja)
  • (現・沼津市我入道) (ja)
  • ・静岡県駿東郡楊原村我入道 (ja)
  • (現・沼津市我入道) (ja)
prop-ja:caption
  • 1956 (xsd:integer)
prop-ja:date
  • 20120308040148 (xsd:decimal)
prop-ja:deathDate
  • 1993-03-23 (xsd:date)
prop-ja:deathPlace
  • ・東京都中野区東中野 (ja)
  • ・東京都中野区東中野 (ja)
prop-ja:debutWorks
  • 『ブルジョア』(1930年) (ja)
  • 『ブルジョア』(1930年) (ja)
prop-ja:education
prop-ja:genre
prop-ja:imagesize
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:influences
prop-ja:language
prop-ja:name
  • 芹沢 光治良 (ja)
  • (せりざわ こうじろう) (ja)
  • 芹沢 光治良 (ja)
  • (せりざわ こうじろう) (ja)
prop-ja:notableWorks
  • 『一つの世界』(1955年) (ja)
  • 『人間の運命』(1962-68年) (ja)
  • 『巴里に死す』(1943年) (ja)
  • 『橋の手前』(1933年) (ja)
  • 『一つの世界』(1955年) (ja)
  • 『人間の運命』(1962-68年) (ja)
  • 『巴里に死す』(1943年) (ja)
  • 『橋の手前』(1933年) (ja)
prop-ja:occupation
prop-ja:partner
  • 金江 (ja)
  • 金江 (ja)
prop-ja:period
  • 1930 (xsd:integer)
prop-ja:restingPlace
  • ・静岡県沼津市 (ja)
  • ・静岡県沼津市 (ja)
prop-ja:spouse
  • 芹沢 金江(せりざわ かなえ) (ja)
  • (旧姓・藍川)  (ja)
  • 芹沢 金江(せりざわ かなえ) (ja)
  • (旧姓・藍川)  (ja)
prop-ja:title
  • 芹沢光治良墓所 (ja)
  • 芹沢光治良墓所 (ja)
prop-ja:url
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 芹沢 光治良(せりざわ こうじろう、1896年(明治29年)5月4日 - 1993年(平成5年)3月23日)は日本の小説家。静岡県沼津市名誉市民(1980年‐ )。東京帝国大学経済学部卒。仏留学後、『ブルジョア』で出発。『』で注目された。作品は父性希求、天理教を主題にしたもの、日本と西洋の対比やその矛盾を追究するものの系列があり、冷徹な目を据えながら、生と死、愛の問題を扱った主知的ヒューマニズム作家。日本よりもむしろ海外(特にフランス)で高い評価を受け、後年しばしばノーベル文学賞候補と噂された。晩年には、「文学はもの言わぬ神の意思に言葉を与えることだ」との信念に拠り、"神シリーズ"と呼ばれる、神を題材にした一連の作品で独特な神秘的世界を描いた。1965年‐1974年日本ペンクラブ会長。日本芸術院会員。 (ja)
  • 芹沢 光治良(せりざわ こうじろう、1896年(明治29年)5月4日 - 1993年(平成5年)3月23日)は日本の小説家。静岡県沼津市名誉市民(1980年‐ )。東京帝国大学経済学部卒。仏留学後、『ブルジョア』で出発。『』で注目された。作品は父性希求、天理教を主題にしたもの、日本と西洋の対比やその矛盾を追究するものの系列があり、冷徹な目を据えながら、生と死、愛の問題を扱った主知的ヒューマニズム作家。日本よりもむしろ海外(特にフランス)で高い評価を受け、後年しばしばノーベル文学賞候補と噂された。晩年には、「文学はもの言わぬ神の意思に言葉を与えることだ」との信念に拠り、"神シリーズ"と呼ばれる、神を題材にした一連の作品で独特な神秘的世界を描いた。1965年‐1974年日本ペンクラブ会長。日本芸術院会員。 (ja)
rdfs:label
  • 芹沢光治良 (ja)
  • 芹沢光治良 (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 芹沢 光治良 (ja)
  • (せりざわ こうじろう) (ja)
  • 芹沢 光治良 (ja)
  • (せりざわ こうじろう) (ja)
is dbo:basedOn of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:原作 of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of