航空魚雷(こうくうぎょらい、英: aerial torpedo)は、航空機(固定翼機やヘリコプター)から投下できるように設計された魚雷(海戦用の兵器)。第一次世界大戦で初めて使用され、第二次世界大戦で広範囲に使用された。現代では、対潜水艦用の航空魚雷以外は、かなりの部分が空対艦ミサイルに取って代わられた。航空魚雷は、一般的に潜水艦や水上艦艇(魚雷艇、水雷艇、駆逐艦など)用の長魚雷よりも小型軽量である。 歴史的に、航空魚雷は巡航ミサイルの前身といえる。

Property Value
dbo:abstract
  • 航空魚雷(こうくうぎょらい、英: aerial torpedo)は、航空機(固定翼機やヘリコプター)から投下できるように設計された魚雷(海戦用の兵器)。第一次世界大戦で初めて使用され、第二次世界大戦で広範囲に使用された。現代では、対潜水艦用の航空魚雷以外は、かなりの部分が空対艦ミサイルに取って代わられた。航空魚雷は、一般的に潜水艦や水上艦艇(魚雷艇、水雷艇、駆逐艦など)用の長魚雷よりも小型軽量である。 歴史的に、航空魚雷は巡航ミサイルの前身といえる。 (ja)
  • 航空魚雷(こうくうぎょらい、英: aerial torpedo)は、航空機(固定翼機やヘリコプター)から投下できるように設計された魚雷(海戦用の兵器)。第一次世界大戦で初めて使用され、第二次世界大戦で広範囲に使用された。現代では、対潜水艦用の航空魚雷以外は、かなりの部分が空対艦ミサイルに取って代わられた。航空魚雷は、一般的に潜水艦や水上艦艇(魚雷艇、水雷艇、駆逐艦など)用の長魚雷よりも小型軽量である。 歴史的に、航空魚雷は巡航ミサイルの前身といえる。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 2008446 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 22422 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 76334795 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • 航空魚雷(こうくうぎょらい、英: aerial torpedo)は、航空機(固定翼機やヘリコプター)から投下できるように設計された魚雷(海戦用の兵器)。第一次世界大戦で初めて使用され、第二次世界大戦で広範囲に使用された。現代では、対潜水艦用の航空魚雷以外は、かなりの部分が空対艦ミサイルに取って代わられた。航空魚雷は、一般的に潜水艦や水上艦艇(魚雷艇、水雷艇、駆逐艦など)用の長魚雷よりも小型軽量である。 歴史的に、航空魚雷は巡航ミサイルの前身といえる。 (ja)
  • 航空魚雷(こうくうぎょらい、英: aerial torpedo)は、航空機(固定翼機やヘリコプター)から投下できるように設計された魚雷(海戦用の兵器)。第一次世界大戦で初めて使用され、第二次世界大戦で広範囲に使用された。現代では、対潜水艦用の航空魚雷以外は、かなりの部分が空対艦ミサイルに取って代わられた。航空魚雷は、一般的に潜水艦や水上艦艇(魚雷艇、水雷艇、駆逐艦など)用の長魚雷よりも小型軽量である。 歴史的に、航空魚雷は巡航ミサイルの前身といえる。 (ja)
rdfs:label
  • 航空魚雷 (ja)
  • 航空魚雷 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of