舟橋 聖一(ふなはし せいいち、1904年(明治37年)12月25日 - 1976年(昭和51年)1月13日)は、日本の小説家。東京生れ。旧制水戸高等学校を経て東京帝国大学文学部卒。弟は脚本家の舟橋和郎。 大学在学中に『朱門』の同人になり、また四代目河原崎長十郎や村山知義らと共に劇団「心座」の旗揚げに尽力する。1926年(大正15年)10月、『新潮』に戯曲『白い腕』を発表し文壇入りする。その後、明治大学教授として教鞭をとるかたわら、雑誌『行動』に参加して『ダイヴィング』を発表、行動主義、能動精神運動の中心となり、行動的ヒューマニズムによる現実改革者としての地位を確立した。多くの戯曲を書くが、1938年(昭和13年)に『文學界』に発表した小説『木石』で認められる。 戦後は『雪夫人絵図』などので流行作家となった。一方で自らが中心となって作家連合の「伽羅(キアラ)の会」(きゃらのかい)を結成し、『風景』を創刊。日本文芸家協会理事に選出され、著作権問題の解決に尽力した。代表作に『悉皆屋康吉』『花の生涯』『絵島生島』『新・忠臣蔵』『ある女の遠景』『好きな女の胸飾り』『お市御寮人』などがある。また丹羽文雄とは自他共に認めるライバル関係だった。 幼い頃からの相撲好きでも知られ、横綱審議委員会の委員を長く務め、のちに委員長に任じられた。

Property Value
dbo:abstract
  • 舟橋 聖一(ふなはし せいいち、1904年(明治37年)12月25日 - 1976年(昭和51年)1月13日)は、日本の小説家。東京生れ。旧制水戸高等学校を経て東京帝国大学文学部卒。弟は脚本家の舟橋和郎。 大学在学中に『朱門』の同人になり、また四代目河原崎長十郎や村山知義らと共に劇団「心座」の旗揚げに尽力する。1926年(大正15年)10月、『新潮』に戯曲『白い腕』を発表し文壇入りする。その後、明治大学教授として教鞭をとるかたわら、雑誌『行動』に参加して『ダイヴィング』を発表、行動主義、能動精神運動の中心となり、行動的ヒューマニズムによる現実改革者としての地位を確立した。多くの戯曲を書くが、1938年(昭和13年)に『文學界』に発表した小説『木石』で認められる。 戦後は『雪夫人絵図』などので流行作家となった。一方で自らが中心となって作家連合の「伽羅(キアラ)の会」(きゃらのかい)を結成し、『風景』を創刊。日本文芸家協会理事に選出され、著作権問題の解決に尽力した。代表作に『悉皆屋康吉』『花の生涯』『絵島生島』『新・忠臣蔵』『ある女の遠景』『好きな女の胸飾り』『お市御寮人』などがある。また丹羽文雄とは自他共に認めるライバル関係だった。 幼い頃からの相撲好きでも知られ、横綱審議委員会の委員を長く務め、のちに委員長に任じられた。 (ja)
  • 舟橋 聖一(ふなはし せいいち、1904年(明治37年)12月25日 - 1976年(昭和51年)1月13日)は、日本の小説家。東京生れ。旧制水戸高等学校を経て東京帝国大学文学部卒。弟は脚本家の舟橋和郎。 大学在学中に『朱門』の同人になり、また四代目河原崎長十郎や村山知義らと共に劇団「心座」の旗揚げに尽力する。1926年(大正15年)10月、『新潮』に戯曲『白い腕』を発表し文壇入りする。その後、明治大学教授として教鞭をとるかたわら、雑誌『行動』に参加して『ダイヴィング』を発表、行動主義、能動精神運動の中心となり、行動的ヒューマニズムによる現実改革者としての地位を確立した。多くの戯曲を書くが、1938年(昭和13年)に『文學界』に発表した小説『木石』で認められる。 戦後は『雪夫人絵図』などので流行作家となった。一方で自らが中心となって作家連合の「伽羅(キアラ)の会」(きゃらのかい)を結成し、『風景』を創刊。日本文芸家協会理事に選出され、著作権問題の解決に尽力した。代表作に『悉皆屋康吉』『花の生涯』『絵島生島』『新・忠臣蔵』『ある女の遠景』『好きな女の胸飾り』『お市御寮人』などがある。また丹羽文雄とは自他共に認めるライバル関係だった。 幼い頃からの相撲好きでも知られ、横綱審議委員会の委員を長く務め、のちに委員長に任じられた。 (ja)
dbo:activeYearsEndYear
  • 1976-01-01 (xsd:gYear)
dbo:activeYearsStartYear
  • 1935-01-01 (xsd:gYear)
dbo:almaMater
dbo:award
dbo:birthDate
  • 1925-02-01 (xsd:date)
dbo:birthPlace
dbo:deathPlace
dbo:education
dbo:genre
dbo:imageSize
  • 200 (xsd:integer)
dbo:language
dbo:nationality
dbo:notableWork
dbo:occupation
dbo:pseudonym
  • 舟津慶之輔 (ja)
  • 舟津慶之輔 (ja)
dbo:restingPlace
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 391965 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 7991 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81002794 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:almaMater
  • 東京帝国大学文学部国文科 (ja)
  • 東京帝国大学文学部国文科 (ja)
prop-ja:awards
  • 毎日芸術賞(1964年) (ja)
  • 野間文芸賞(1967年) (ja)
  • 毎日芸術賞(1964年) (ja)
  • 野間文芸賞(1967年) (ja)
prop-ja:birthDate
  • --12-25
prop-ja:birthPlace
  • ・東京府東京市本所区横網町 (ja)
  • (現・東京都墨田区横網) (ja)
  • ・東京府東京市本所区横網町 (ja)
  • (現・東京都墨田区横網) (ja)
prop-ja:deathDate
  • --01-13
  • (満71歳没) (ja)
prop-ja:deathPlace
prop-ja:education
prop-ja:genre
prop-ja:imageSize
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:language
prop-ja:name
  • 舟橋聖一 (ja)
  • (ふなはし せいいち) (ja)
  • 舟橋聖一 (ja)
  • (ふなはし せいいち) (ja)
prop-ja:notableWorks
  • 『ある女の遠景』(1963年) (ja)
  • 『好きな女の胸飾り』(1967年) (ja)
  • 『悉皆屋康吉』(1941-45年) (ja)
  • 『木石』(1938年) (ja)
  • 『花の生涯』(1953年) (ja)
  • 『芸者小夏』(1952年) (ja)
  • 『雪夫人絵図』(1948年) (ja)
  • 『ある女の遠景』(1963年) (ja)
  • 『好きな女の胸飾り』(1967年) (ja)
  • 『悉皆屋康吉』(1941-45年) (ja)
  • 『木石』(1938年) (ja)
  • 『花の生涯』(1953年) (ja)
  • 『芸者小夏』(1952年) (ja)
  • 『雪夫人絵図』(1948年) (ja)
prop-ja:occupation
prop-ja:period
  • 1935 (xsd:integer)
prop-ja:pseudonym
  • 舟津慶之輔 (ja)
  • 舟津慶之輔 (ja)
prop-ja:restingPlace
prop-ja:spouse
  • 佐藤百寿 (ja)
  • 佐藤百寿 (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 舟橋 聖一(ふなはし せいいち、1904年(明治37年)12月25日 - 1976年(昭和51年)1月13日)は、日本の小説家。東京生れ。旧制水戸高等学校を経て東京帝国大学文学部卒。弟は脚本家の舟橋和郎。 大学在学中に『朱門』の同人になり、また四代目河原崎長十郎や村山知義らと共に劇団「心座」の旗揚げに尽力する。1926年(大正15年)10月、『新潮』に戯曲『白い腕』を発表し文壇入りする。その後、明治大学教授として教鞭をとるかたわら、雑誌『行動』に参加して『ダイヴィング』を発表、行動主義、能動精神運動の中心となり、行動的ヒューマニズムによる現実改革者としての地位を確立した。多くの戯曲を書くが、1938年(昭和13年)に『文學界』に発表した小説『木石』で認められる。 戦後は『雪夫人絵図』などので流行作家となった。一方で自らが中心となって作家連合の「伽羅(キアラ)の会」(きゃらのかい)を結成し、『風景』を創刊。日本文芸家協会理事に選出され、著作権問題の解決に尽力した。代表作に『悉皆屋康吉』『花の生涯』『絵島生島』『新・忠臣蔵』『ある女の遠景』『好きな女の胸飾り』『お市御寮人』などがある。また丹羽文雄とは自他共に認めるライバル関係だった。 幼い頃からの相撲好きでも知られ、横綱審議委員会の委員を長く務め、のちに委員長に任じられた。 (ja)
  • 舟橋 聖一(ふなはし せいいち、1904年(明治37年)12月25日 - 1976年(昭和51年)1月13日)は、日本の小説家。東京生れ。旧制水戸高等学校を経て東京帝国大学文学部卒。弟は脚本家の舟橋和郎。 大学在学中に『朱門』の同人になり、また四代目河原崎長十郎や村山知義らと共に劇団「心座」の旗揚げに尽力する。1926年(大正15年)10月、『新潮』に戯曲『白い腕』を発表し文壇入りする。その後、明治大学教授として教鞭をとるかたわら、雑誌『行動』に参加して『ダイヴィング』を発表、行動主義、能動精神運動の中心となり、行動的ヒューマニズムによる現実改革者としての地位を確立した。多くの戯曲を書くが、1938年(昭和13年)に『文學界』に発表した小説『木石』で認められる。 戦後は『雪夫人絵図』などので流行作家となった。一方で自らが中心となって作家連合の「伽羅(キアラ)の会」(きゃらのかい)を結成し、『風景』を創刊。日本文芸家協会理事に選出され、著作権問題の解決に尽力した。代表作に『悉皆屋康吉』『花の生涯』『絵島生島』『新・忠臣蔵』『ある女の遠景』『好きな女の胸飾り』『お市御寮人』などがある。また丹羽文雄とは自他共に認めるライバル関係だった。 幼い頃からの相撲好きでも知られ、横綱審議委員会の委員を長く務め、のちに委員長に任じられた。 (ja)
rdfs:label
  • 舟橋聖一 (ja)
  • 舟橋聖一 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 舟橋聖一 (ja)
  • (ふなはし せいいち) (ja)
  • 舟橋聖一 (ja)
  • (ふなはし せいいち) (ja)
is dbo:basedOn of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:influenced of
is prop-ja:作者 of
is prop-ja:原作 of
is prop-ja:当たり役 of
is foaf:primaryTopic of