『聖母のエリザベト訪問』(せいぼのエリザベトほうもん、伊:Visitazione)は、イタリアの盛期ルネサンス期の画家、マリオット・アルベルティネッリによる1503年の板上の油彩画である。制作年は作品の両方の柱に表示されている。現在、作品はフィレンツェのウフィツィ美術館に所蔵されている。 ヴァザーリによると、本作はフィレンツェのサン・ミケーレ・アッレ・トロンベ教会(1517年に聖エリサベトに再奉献された教会)にあるサンテリサベッタ・デッラ・コングレーガ・デイ・プレーティ礼拝堂に由来する。アルベルティネッリは、フラ・バルトロメオがドミニコ会修道士としての誓いを立てる1503年までフラ・バルトロメオと共同で制作した。現在、ルーヴル美術館に所蔵されている素描は、この年より前のある段階で、2人の芸術家が一緒に絵画の構図を作成したことを示している。絵画自体は、ほぼ工房の協力なしにアルベルティネッリにより制作されたが、1995年の修復作業中、作品にアルベルティネッリの署名が見つかった。 背景の風景はペルジーノの作品を基にしているが、女性の足元の精緻な植物は、レオナルド・ダ・ヴィンチの同様の植物の影響を受けている。ほとんど金属的な色彩は、ミケランジェロの『聖家族』の色彩を予期している。

Property Value
dbo:abstract
  • 『聖母のエリザベト訪問』(せいぼのエリザベトほうもん、伊:Visitazione)は、イタリアの盛期ルネサンス期の画家、マリオット・アルベルティネッリによる1503年の板上の油彩画である。制作年は作品の両方の柱に表示されている。現在、作品はフィレンツェのウフィツィ美術館に所蔵されている。 ヴァザーリによると、本作はフィレンツェのサン・ミケーレ・アッレ・トロンベ教会(1517年に聖エリサベトに再奉献された教会)にあるサンテリサベッタ・デッラ・コングレーガ・デイ・プレーティ礼拝堂に由来する。アルベルティネッリは、フラ・バルトロメオがドミニコ会修道士としての誓いを立てる1503年までフラ・バルトロメオと共同で制作した。現在、ルーヴル美術館に所蔵されている素描は、この年より前のある段階で、2人の芸術家が一緒に絵画の構図を作成したことを示している。絵画自体は、ほぼ工房の協力なしにアルベルティネッリにより制作されたが、1995年の修復作業中、作品にアルベルティネッリの署名が見つかった。 背景の風景はペルジーノの作品を基にしているが、女性の足元の精緻な植物は、レオナルド・ダ・ヴィンチの同様の植物の影響を受けている。ほとんど金属的な色彩は、ミケランジェロの『聖家族』の色彩を予期している。 (ja)
  • 『聖母のエリザベト訪問』(せいぼのエリザベトほうもん、伊:Visitazione)は、イタリアの盛期ルネサンス期の画家、マリオット・アルベルティネッリによる1503年の板上の油彩画である。制作年は作品の両方の柱に表示されている。現在、作品はフィレンツェのウフィツィ美術館に所蔵されている。 ヴァザーリによると、本作はフィレンツェのサン・ミケーレ・アッレ・トロンベ教会(1517年に聖エリサベトに再奉献された教会)にあるサンテリサベッタ・デッラ・コングレーガ・デイ・プレーティ礼拝堂に由来する。アルベルティネッリは、フラ・バルトロメオがドミニコ会修道士としての誓いを立てる1503年までフラ・バルトロメオと共同で制作した。現在、ルーヴル美術館に所蔵されている素描は、この年より前のある段階で、2人の芸術家が一緒に絵画の構図を作成したことを示している。絵画自体は、ほぼ工房の協力なしにアルベルティネッリにより制作されたが、1995年の修復作業中、作品にアルベルティネッリの署名が見つかった。 背景の風景はペルジーノの作品を基にしているが、女性の足元の精緻な植物は、レオナルド・ダ・ヴィンチの同様の植物の影響を受けている。ほとんど金属的な色彩は、ミケランジェロの『聖家族』の色彩を予期している。 (ja)
dbo:creator
dbo:location
dbo:museum
dbo:painter
dbo:title
  • Visitation (ja)
  • Visitazione (ja)
  • Visitation (ja)
  • Visitazione (ja)
dbo:type
dbo:wikiPageID
  • 4450272 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 1692 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 85503161 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:artist
prop-ja:city
prop-ja:heightMetric
  • 2325 (xsd:integer)
prop-ja:museum
prop-ja:otherLanguage
prop-ja:otherTitle
  • Visitation (ja)
  • Visitazione (ja)
  • Visitation (ja)
  • Visitazione (ja)
prop-ja:title
  • 聖母のエリザベト訪問 (ja)
  • 聖母のエリザベト訪問 (ja)
prop-ja:type
  • 板上に油彩 (ja)
  • 板上に油彩 (ja)
prop-ja:widthMetric
  • 1465 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:year
  • 1503 (xsd:integer)
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 『聖母のエリザベト訪問』(せいぼのエリザベトほうもん、伊:Visitazione)は、イタリアの盛期ルネサンス期の画家、マリオット・アルベルティネッリによる1503年の板上の油彩画である。制作年は作品の両方の柱に表示されている。現在、作品はフィレンツェのウフィツィ美術館に所蔵されている。 ヴァザーリによると、本作はフィレンツェのサン・ミケーレ・アッレ・トロンベ教会(1517年に聖エリサベトに再奉献された教会)にあるサンテリサベッタ・デッラ・コングレーガ・デイ・プレーティ礼拝堂に由来する。アルベルティネッリは、フラ・バルトロメオがドミニコ会修道士としての誓いを立てる1503年までフラ・バルトロメオと共同で制作した。現在、ルーヴル美術館に所蔵されている素描は、この年より前のある段階で、2人の芸術家が一緒に絵画の構図を作成したことを示している。絵画自体は、ほぼ工房の協力なしにアルベルティネッリにより制作されたが、1995年の修復作業中、作品にアルベルティネッリの署名が見つかった。 背景の風景はペルジーノの作品を基にしているが、女性の足元の精緻な植物は、レオナルド・ダ・ヴィンチの同様の植物の影響を受けている。ほとんど金属的な色彩は、ミケランジェロの『聖家族』の色彩を予期している。 (ja)
  • 『聖母のエリザベト訪問』(せいぼのエリザベトほうもん、伊:Visitazione)は、イタリアの盛期ルネサンス期の画家、マリオット・アルベルティネッリによる1503年の板上の油彩画である。制作年は作品の両方の柱に表示されている。現在、作品はフィレンツェのウフィツィ美術館に所蔵されている。 ヴァザーリによると、本作はフィレンツェのサン・ミケーレ・アッレ・トロンベ教会(1517年に聖エリサベトに再奉献された教会)にあるサンテリサベッタ・デッラ・コングレーガ・デイ・プレーティ礼拝堂に由来する。アルベルティネッリは、フラ・バルトロメオがドミニコ会修道士としての誓いを立てる1503年までフラ・バルトロメオと共同で制作した。現在、ルーヴル美術館に所蔵されている素描は、この年より前のある段階で、2人の芸術家が一緒に絵画の構図を作成したことを示している。絵画自体は、ほぼ工房の協力なしにアルベルティネッリにより制作されたが、1995年の修復作業中、作品にアルベルティネッリの署名が見つかった。 背景の風景はペルジーノの作品を基にしているが、女性の足元の精緻な植物は、レオナルド・ダ・ヴィンチの同様の植物の影響を受けている。ほとんど金属的な色彩は、ミケランジェロの『聖家族』の色彩を予期している。 (ja)
rdfs:label
  • 聖母のエリザベト訪問 (アルベルティネッリ) (ja)
  • 聖母のエリザベト訪問 (アルベルティネッリ) (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 聖母のエリザベト訪問 (ja)
  • 聖母のエリザベト訪問 (ja)
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of