聖徳太子(しょうとくたいし、574年2月7日〈敏達天皇3年1月1日〉- 622年4月8日〈推古天皇30年2月22日〉)または厩戸皇子(うまやどのみこ、うまやどのおうじ)、厩戸王(うまやとおう)は飛鳥時代の皇族・政治家。用明天皇の第二皇子、母は欽明天皇の皇女・穴穂部間人皇女。「聖徳太子」は後世の尊称ないし諡号。 推古天皇のもと、蘇我馬子と協力して政治を行い、国際的緊張のなかで遣隋使を派遣するなどして進んでいる中国の文化・制度を学び冠位十二階や十七条憲法を定めるなど大王(天皇)や王族が中心である中央集権国家体制の確立を図ったほか仏教や儒教を取り入れ神道とともに信仰し興隆に努めたと言われる。

Property Value
dbo:abstract
  • 聖徳太子(しょうとくたいし、574年2月7日〈敏達天皇3年1月1日〉- 622年4月8日〈推古天皇30年2月22日〉)または厩戸皇子(うまやどのみこ、うまやどのおうじ)、厩戸王(うまやとおう)は飛鳥時代の皇族・政治家。用明天皇の第二皇子、母は欽明天皇の皇女・穴穂部間人皇女。「聖徳太子」は後世の尊称ないし諡号。 推古天皇のもと、蘇我馬子と協力して政治を行い、国際的緊張のなかで遣隋使を派遣するなどして進んでいる中国の文化・制度を学び冠位十二階や十七条憲法を定めるなど大王(天皇)や王族が中心である中央集権国家体制の確立を図ったほか仏教や儒教を取り入れ神道とともに信仰し興隆に努めたと言われる。 (ja)
  • 聖徳太子(しょうとくたいし、574年2月7日〈敏達天皇3年1月1日〉- 622年4月8日〈推古天皇30年2月22日〉)または厩戸皇子(うまやどのみこ、うまやどのおうじ)、厩戸王(うまやとおう)は飛鳥時代の皇族・政治家。用明天皇の第二皇子、母は欽明天皇の皇女・穴穂部間人皇女。「聖徳太子」は後世の尊称ないし諡号。 推古天皇のもと、蘇我馬子と協力して政治を行い、国際的緊張のなかで遣隋使を派遣するなどして進んでいる中国の文化・制度を学び冠位十二階や十七条憲法を定めるなど大王(天皇)や王族が中心である中央集権国家体制の確立を図ったほか仏教や儒教を取り入れ神道とともに信仰し興隆に努めたと言われる。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 15088 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 36322 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81165349 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 2011 (xsd:integer)
  • 2014 (xsd:integer)
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:title
  • 出典を求める理由や求める出典内容 (ja)
  • 隋書卷八十一 列傳第四十六 東夷 倭國 (ja)
  • 新唐書卷二百二十 列傳第一百四十五 東夷 日本 (ja)
  • 出典を求める理由や求める出典内容 (ja)
  • 隋書卷八十一 列傳第四十六 東夷 倭國 (ja)
  • 新唐書卷二百二十 列傳第一百四十五 東夷 日本 (ja)
prop-ja:url
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:兄弟
prop-ja:別名
  • 上宮王、豊聡耳、上宮之厩戸豊聡耳命、法主王、豊聡耳聖、徳豊聡耳法大王、上宮太子聖徳皇、厩戸豊聰耳聖徳法王、上宮厩戸、厩戸皇太子 (ja)
  • 上宮王、豊聡耳、上宮之厩戸豊聡耳命、法主王、豊聡耳聖、徳豊聡耳法大王、上宮太子聖徳皇、厩戸豊聰耳聖徳法王、上宮厩戸、厩戸皇太子 (ja)
prop-ja:
  • 聖徳太子 (ja)
  • (厩戸皇子・厩戸王) (ja)
  • 聖徳太子 (ja)
  • (厩戸皇子・厩戸王) (ja)
prop-ja:墓所
  • 磯長墓(叡福寺北古墳) (ja)
  • 磯長墓(叡福寺北古墳) (ja)
prop-ja:
prop-ja:
prop-ja:時代
prop-ja:父母
  • 父:用明天皇、母:穴穂部間人皇女 (ja)
  • 父:用明天皇、母:穴穂部間人皇女 (ja)
prop-ja:生誕
  • --02-07
prop-ja:画像
  • Umayado Miko.jpg (ja)
  • Umayado Miko.jpg (ja)
prop-ja:画像サイズ
  • 220 (xsd:integer)
prop-ja:画像説明
  • 聖徳太子像(菊池容斎『前賢故実』より) (ja)
  • 聖徳太子像(菊池容斎『前賢故実』より) (ja)
prop-ja:皇継在位
  • --04-10
prop-ja:皇継称号
  • 皇太子 (ja)
  • 皇太子 (ja)
prop-ja:薨御
  • --02-22
prop-ja:諡号
  • 聖徳太子 (ja)
  • 聖徳太子 (ja)
dct:subject
rdfs:comment
  • 聖徳太子(しょうとくたいし、574年2月7日〈敏達天皇3年1月1日〉- 622年4月8日〈推古天皇30年2月22日〉)または厩戸皇子(うまやどのみこ、うまやどのおうじ)、厩戸王(うまやとおう)は飛鳥時代の皇族・政治家。用明天皇の第二皇子、母は欽明天皇の皇女・穴穂部間人皇女。「聖徳太子」は後世の尊称ないし諡号。 推古天皇のもと、蘇我馬子と協力して政治を行い、国際的緊張のなかで遣隋使を派遣するなどして進んでいる中国の文化・制度を学び冠位十二階や十七条憲法を定めるなど大王(天皇)や王族が中心である中央集権国家体制の確立を図ったほか仏教や儒教を取り入れ神道とともに信仰し興隆に努めたと言われる。 (ja)
  • 聖徳太子(しょうとくたいし、574年2月7日〈敏達天皇3年1月1日〉- 622年4月8日〈推古天皇30年2月22日〉)または厩戸皇子(うまやどのみこ、うまやどのおうじ)、厩戸王(うまやとおう)は飛鳥時代の皇族・政治家。用明天皇の第二皇子、母は欽明天皇の皇女・穴穂部間人皇女。「聖徳太子」は後世の尊称ないし諡号。 推古天皇のもと、蘇我馬子と協力して政治を行い、国際的緊張のなかで遣隋使を派遣するなどして進んでいる中国の文化・制度を学び冠位十二階や十七条憲法を定めるなど大王(天皇)や王族が中心である中央集権国家体制の確立を図ったほか仏教や儒教を取り入れ神道とともに信仰し興隆に努めたと言われる。 (ja)
rdfs:label
  • 聖徳太子 (ja)
  • 聖徳太子 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:enshrinedDeity of
is dbo:opponents of
is dbo:parent of
is dbo:spouse of
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:commander of
is prop-ja:モチーフ of
is prop-ja:主な祭神 of
is prop-ja:主君 of
is prop-ja: of
is prop-ja:弟子 of
is prop-ja:本尊 of
is prop-ja:父親 of
is prop-ja:祭神 of
is prop-ja:続柄 of
is prop-ja:配偶者 of
is prop-ja:開基 of
is prop-ja:院号 of
is foaf:primaryTopic of