『聖カタリナとマグダラのマリアのいる聖母子』(せいカタリナとマグダラのマリアのいるせいぼし、伊:Madonna col Bambino tra le sante Caterina e Maria Maddalena)は、イタリアのルネサンス期ヴェネツィア派の巨匠、ジョヴァンニ・ベッリーニによる板上の油彩画である。以前はヴェネツィアのレニエ・コレクションにあったが、現在はアカデミア美術館に所蔵されている。『バルバリーゴ祭壇画』の直後の1490年に制作され、人気のある聖会話のジャンルに属している。本作は『聖会話』とも呼ばれる。 このジャンルの人気を示す数点の複製を含む絵画の一群があり、ウルビーノやニューヨークのモルガン・ライブラリーの作品を含め、ほとんどがベッリーニの工房で制作されたか、部分的にのみベッリーニ自身の手になる作品である。マドリードのプラド美術館には、本作と非常に類似した『マグダラのマリアと聖ウルスラのいる聖母子』が所蔵されている。 聖母子の両側の聖人は、聖カタリナとマグダラのマリアとされているが、おそらく2人は本作を依頼したヴェネツィアの上流階級の女性の肖像である。人物の顔と衣服を照らす柔らかな光の扱いは、レオナルド・ダ・ヴィンチのスフマート技法を想起させる。さらに、ベッリーニは、アントネロ・ダ・メッシーナに由来する空間と色彩の概念を取り入れている。

Property Value
dbo:abstract
  • 『聖カタリナとマグダラのマリアのいる聖母子』(せいカタリナとマグダラのマリアのいるせいぼし、伊:Madonna col Bambino tra le sante Caterina e Maria Maddalena)は、イタリアのルネサンス期ヴェネツィア派の巨匠、ジョヴァンニ・ベッリーニによる板上の油彩画である。以前はヴェネツィアのレニエ・コレクションにあったが、現在はアカデミア美術館に所蔵されている。『バルバリーゴ祭壇画』の直後の1490年に制作され、人気のある聖会話のジャンルに属している。本作は『聖会話』とも呼ばれる。 このジャンルの人気を示す数点の複製を含む絵画の一群があり、ウルビーノやニューヨークのモルガン・ライブラリーの作品を含め、ほとんどがベッリーニの工房で制作されたか、部分的にのみベッリーニ自身の手になる作品である。マドリードのプラド美術館には、本作と非常に類似した『マグダラのマリアと聖ウルスラのいる聖母子』が所蔵されている。 聖母子の両側の聖人は、聖カタリナとマグダラのマリアとされているが、おそらく2人は本作を依頼したヴェネツィアの上流階級の女性の肖像である。人物の顔と衣服を照らす柔らかな光の扱いは、レオナルド・ダ・ヴィンチのスフマート技法を想起させる。さらに、ベッリーニは、アントネロ・ダ・メッシーナに由来する空間と色彩の概念を取り入れている。 (ja)
  • 『聖カタリナとマグダラのマリアのいる聖母子』(せいカタリナとマグダラのマリアのいるせいぼし、伊:Madonna col Bambino tra le sante Caterina e Maria Maddalena)は、イタリアのルネサンス期ヴェネツィア派の巨匠、ジョヴァンニ・ベッリーニによる板上の油彩画である。以前はヴェネツィアのレニエ・コレクションにあったが、現在はアカデミア美術館に所蔵されている。『バルバリーゴ祭壇画』の直後の1490年に制作され、人気のある聖会話のジャンルに属している。本作は『聖会話』とも呼ばれる。 このジャンルの人気を示す数点の複製を含む絵画の一群があり、ウルビーノやニューヨークのモルガン・ライブラリーの作品を含め、ほとんどがベッリーニの工房で制作されたか、部分的にのみベッリーニ自身の手になる作品である。マドリードのプラド美術館には、本作と非常に類似した『マグダラのマリアと聖ウルスラのいる聖母子』が所蔵されている。 聖母子の両側の聖人は、聖カタリナとマグダラのマリアとされているが、おそらく2人は本作を依頼したヴェネツィアの上流階級の女性の肖像である。人物の顔と衣服を照らす柔らかな光の扱いは、レオナルド・ダ・ヴィンチのスフマート技法を想起させる。さらに、ベッリーニは、アントネロ・ダ・メッシーナに由来する空間と色彩の概念を取り入れている。 (ja)
dbo:creator
dbo:museum
dbo:painter
dbo:title
  • Madonna and Child with Saint Catherine and Saint Mary Magdalene (ja)
  • :Madonna col Bambino tra le sante Caterina e Maria Maddalena (ja)
  • Madonna and Child with Saint Catherine and Saint Mary Magdalene (ja)
  • :Madonna col Bambino tra le sante Caterina e Maria Maddalena (ja)
dbo:type
dbo:wikiPageID
  • 4452647 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 2053 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 85574445 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:artist
prop-ja:heightMetric
  • 58 (xsd:integer)
prop-ja:museum
prop-ja:otherLanguage
prop-ja:otherTitle
  • Madonna and Child with Saint Catherine and Saint Mary Magdalene (ja)
  • :Madonna col Bambino tra le sante Caterina e Maria Maddalena (ja)
  • Madonna and Child with Saint Catherine and Saint Mary Magdalene (ja)
  • :Madonna col Bambino tra le sante Caterina e Maria Maddalena (ja)
prop-ja:title
  • 聖カタリナとマグダラのマリアのいる聖母子 (ja)
  • 聖カタリナとマグダラのマリアのいる聖母子 (ja)
prop-ja:type
  • 板上に油彩 (ja)
  • 板上に油彩 (ja)
prop-ja:widthMetric
  • 107 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:year
  • 1490 (xsd:integer)
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 『聖カタリナとマグダラのマリアのいる聖母子』(せいカタリナとマグダラのマリアのいるせいぼし、伊:Madonna col Bambino tra le sante Caterina e Maria Maddalena)は、イタリアのルネサンス期ヴェネツィア派の巨匠、ジョヴァンニ・ベッリーニによる板上の油彩画である。以前はヴェネツィアのレニエ・コレクションにあったが、現在はアカデミア美術館に所蔵されている。『バルバリーゴ祭壇画』の直後の1490年に制作され、人気のある聖会話のジャンルに属している。本作は『聖会話』とも呼ばれる。 このジャンルの人気を示す数点の複製を含む絵画の一群があり、ウルビーノやニューヨークのモルガン・ライブラリーの作品を含め、ほとんどがベッリーニの工房で制作されたか、部分的にのみベッリーニ自身の手になる作品である。マドリードのプラド美術館には、本作と非常に類似した『マグダラのマリアと聖ウルスラのいる聖母子』が所蔵されている。 聖母子の両側の聖人は、聖カタリナとマグダラのマリアとされているが、おそらく2人は本作を依頼したヴェネツィアの上流階級の女性の肖像である。人物の顔と衣服を照らす柔らかな光の扱いは、レオナルド・ダ・ヴィンチのスフマート技法を想起させる。さらに、ベッリーニは、アントネロ・ダ・メッシーナに由来する空間と色彩の概念を取り入れている。 (ja)
  • 『聖カタリナとマグダラのマリアのいる聖母子』(せいカタリナとマグダラのマリアのいるせいぼし、伊:Madonna col Bambino tra le sante Caterina e Maria Maddalena)は、イタリアのルネサンス期ヴェネツィア派の巨匠、ジョヴァンニ・ベッリーニによる板上の油彩画である。以前はヴェネツィアのレニエ・コレクションにあったが、現在はアカデミア美術館に所蔵されている。『バルバリーゴ祭壇画』の直後の1490年に制作され、人気のある聖会話のジャンルに属している。本作は『聖会話』とも呼ばれる。 このジャンルの人気を示す数点の複製を含む絵画の一群があり、ウルビーノやニューヨークのモルガン・ライブラリーの作品を含め、ほとんどがベッリーニの工房で制作されたか、部分的にのみベッリーニ自身の手になる作品である。マドリードのプラド美術館には、本作と非常に類似した『マグダラのマリアと聖ウルスラのいる聖母子』が所蔵されている。 聖母子の両側の聖人は、聖カタリナとマグダラのマリアとされているが、おそらく2人は本作を依頼したヴェネツィアの上流階級の女性の肖像である。人物の顔と衣服を照らす柔らかな光の扱いは、レオナルド・ダ・ヴィンチのスフマート技法を想起させる。さらに、ベッリーニは、アントネロ・ダ・メッシーナに由来する空間と色彩の概念を取り入れている。 (ja)
rdfs:label
  • 聖カタリナとマグダラのマリアのいる聖母子 (ja)
  • 聖カタリナとマグダラのマリアのいる聖母子 (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 聖カタリナとマグダラのマリアのいる聖母子 (ja)
  • 聖カタリナとマグダラのマリアのいる聖母子 (ja)
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of