この記事では美(び、希: καλόν カロン、羅: venustas, bellus、仏: beauté、英: beauty)について解説する。

Property Value
dbo:abstract
  • この記事では美(び、希: καλόν カロン、羅: venustas, bellus、仏: beauté、英: beauty)について解説する。 (ja)
  • この記事では美(び、希: καλόν カロン、羅: venustas, bellus、仏: beauté、英: beauty)について解説する。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 26826 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 12997 (xsd:nonNegativeInteger)
  • 13047 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80181596 (xsd:integer)
  • 86017433 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 2021 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:範囲
  • こうした「美」の極めて倫理的な色彩をよく表す概念が「善美」(kalokagathia カロカガティア)である。善を表す語と美を表す語から造語されたこの語は、ギリシア的人間が実現すべき理想像として提示されている (ja)
  • 古代において、価値領域の自律は自明のことではなく、むしろ各価値領域の共通性が追求される事が普通であった。語源的に「美しい」を表す言葉はしばしば「良い」と共通し、現代でも多くの言語において「美しい」を示す言葉は、日常語においてはしばしば「良い」「快い」を含意して使われる。全体にこのような価値連関において、美は善と関連付けられることが多く、道徳的なものがもつよさのひとつとして考えられる (ja)
  • こうした「美」の極めて倫理的な色彩をよく表す概念が「善美」(kalokagathia カロカガティア)である。善を表す語と美を表す語から造語されたこの語は、ギリシア的人間が実現すべき理想像として提示されている (ja)
  • 古代において、価値領域の自律は自明のことではなく、むしろ各価値領域の共通性が追求される事が普通であった。語源的に「美しい」を表す言葉はしばしば「良い」と共通し、現代でも多くの言語において「美しい」を示す言葉は、日常語においてはしばしば「良い」「快い」を含意して使われる。全体にこのような価値連関において、美は善と関連付けられることが多く、道徳的なものがもつよさのひとつとして考えられる (ja)
dct:subject
rdfs:comment
  • この記事では美(び、希: καλόν カロン、羅: venustas, bellus、仏: beauté、英: beauty)について解説する。 (ja)
  • この記事では美(び、希: καλόν カロン、羅: venustas, bellus、仏: beauté、英: beauty)について解説する。 (ja)
rdfs:label
  • (ja)
  • (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:notableIdeas of
is prop-ja:subject of
is prop-ja:趣味 of
is dct:subject of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of