約翁徳倹(やくおうとっけん、寛元2年(1244年) - 元応2年5月19日(1320年7月3日))は、鎌倉時代に活動した臨済宗大覚派の禅僧である。蘭渓道隆下2世。建仁寺14世、建長寺15世及び南禅寺5世。仏灯国師。

Property Value
dbo:abstract
  • 約翁徳倹(やくおうとっけん、寛元2年(1244年) - 元応2年5月19日(1320年7月3日))は、鎌倉時代に活動した臨済宗大覚派の禅僧である。蘭渓道隆下2世。建仁寺14世、建長寺15世及び南禅寺5世。仏灯国師。 (ja)
  • 約翁徳倹(やくおうとっけん、寛元2年(1244年) - 元応2年5月19日(1320年7月3日))は、鎌倉時代に活動した臨済宗大覚派の禅僧である。蘭渓道隆下2世。建仁寺14世、建長寺15世及び南禅寺5世。仏灯国師。 寛元2年(1244年)に嬰棄児として見つかり、某氏が養育していたが、蘭渓道隆に見出されて仏道を学び、東大寺で受戒。師に従い建長寺次いで建仁寺に移る。さらに中国に渡って育王山寂窓有照、天童山石帆惟衍、浄慈寺東叟仲頴、霊隠寺虚舟普度、径山蔵叟善珍、簡翁居敬、覚菴夢真の許に参禅し、道友として晦機元煕、一山了万、末宗本、寂菴相等を得た。帰国後師の許に戻り、永仁4年(1296年)建長寺首座となり、山内に長勝寺を開いた。その後、東勝寺、浄妙寺および禅興寺の住持を務め、徳治元年(1306年)建仁寺12世、さらに建長寺15世となった。文保2年(1318年)には後宇多院の招きにより一山一寧の後任として南禅寺5世となった。開堂に当たって院が臨席し国師号を賜った。元応2年5月19日寂。法嗣に寂室元光、霊叟太古、大虚元寿、方涯元圭、秀山元中、、月翁元規、柏巌可禅、片山元矩、養直元育、月窓元暁及び實田元穎がいる。語録として『仏灯国師語録』がある。また、永源寺と牧護庵(南禅寺塔頭)には『絹本著色約翁徳倹像』が伝わり、それぞれ重要文化財に指定されている。 (ja)
  • 約翁徳倹(やくおうとっけん、寛元2年(1244年) - 元応2年5月19日(1320年7月3日))は、鎌倉時代に活動した臨済宗大覚派の禅僧である。蘭渓道隆下2世。建仁寺14世、建長寺15世及び南禅寺5世。仏灯国師。 (ja)
  • 約翁徳倹(やくおうとっけん、寛元2年(1244年) - 元応2年5月19日(1320年7月3日))は、鎌倉時代に活動した臨済宗大覚派の禅僧である。蘭渓道隆下2世。建仁寺14世、建長寺15世及び南禅寺5世。仏灯国師。 寛元2年(1244年)に嬰棄児として見つかり、某氏が養育していたが、蘭渓道隆に見出されて仏道を学び、東大寺で受戒。師に従い建長寺次いで建仁寺に移る。さらに中国に渡って育王山寂窓有照、天童山石帆惟衍、浄慈寺東叟仲頴、霊隠寺虚舟普度、径山蔵叟善珍、簡翁居敬、覚菴夢真の許に参禅し、道友として晦機元煕、一山了万、末宗本、寂菴相等を得た。帰国後師の許に戻り、永仁4年(1296年)建長寺首座となり、山内に長勝寺を開いた。その後、東勝寺、浄妙寺および禅興寺の住持を務め、徳治元年(1306年)建仁寺12世、さらに建長寺15世となった。文保2年(1318年)には後宇多院の招きにより一山一寧の後任として南禅寺5世となった。開堂に当たって院が臨席し国師号を賜った。元応2年5月19日寂。法嗣に寂室元光、霊叟太古、大虚元寿、方涯元圭、秀山元中、、月翁元規、柏巌可禅、片山元矩、養直元育、月窓元暁及び實田元穎がいる。語録として『仏灯国師語録』がある。また、永源寺と牧護庵(南禅寺塔頭)には『絹本著色約翁徳倹像』が伝わり、それぞれ重要文化財に指定されている。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 4405058 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 1515 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 84354699 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:名前
  • 約翁徳倹 (ja)
  • 約翁徳倹 (ja)
prop-ja:宗派
prop-ja:寺院
  • 建仁寺14世、建長寺15世及び南禅寺5世 (ja)
  • 建仁寺14世、建長寺15世及び南禅寺5世 (ja)
prop-ja:
  • 蘭渓道隆 (ja)
  • 蘭渓道隆 (ja)
prop-ja:弟子
  • dbpedia-ja:寂室元光
  • 方涯元圭、秀山元中、南嶺子越 (ja)
  • 月翁元規、柏巌可禅、片山元矩 (ja)
  • 養直元育、月窓元暁、實田元穎 (ja)
prop-ja:生地
  • 相模国鎌倉 (ja)
  • 相模国鎌倉 (ja)
prop-ja:生没年
  • --05-19
prop-ja:諡号
  • 仏灯国師 (ja)
  • 仏灯国師 (ja)
dct:subject
rdfs:comment
  • 約翁徳倹(やくおうとっけん、寛元2年(1244年) - 元応2年5月19日(1320年7月3日))は、鎌倉時代に活動した臨済宗大覚派の禅僧である。蘭渓道隆下2世。建仁寺14世、建長寺15世及び南禅寺5世。仏灯国師。 (ja)
  • 約翁徳倹(やくおうとっけん、寛元2年(1244年) - 元応2年5月19日(1320年7月3日))は、鎌倉時代に活動した臨済宗大覚派の禅僧である。蘭渓道隆下2世。建仁寺14世、建長寺15世及び南禅寺5世。仏灯国師。 寛元2年(1244年)に嬰棄児として見つかり、某氏が養育していたが、蘭渓道隆に見出されて仏道を学び、東大寺で受戒。師に従い建長寺次いで建仁寺に移る。さらに中国に渡って育王山寂窓有照、天童山石帆惟衍、浄慈寺東叟仲頴、霊隠寺虚舟普度、径山蔵叟善珍、簡翁居敬、覚菴夢真の許に参禅し、道友として晦機元煕、一山了万、末宗本、寂菴相等を得た。帰国後師の許に戻り、永仁4年(1296年)建長寺首座となり、山内に長勝寺を開いた。その後、東勝寺、浄妙寺および禅興寺の住持を務め、徳治元年(1306年)建仁寺12世、さらに建長寺15世となった。文保2年(1318年)には後宇多院の招きにより一山一寧の後任として南禅寺5世となった。開堂に当たって院が臨席し国師号を賜った。元応2年5月19日寂。法嗣に寂室元光、霊叟太古、大虚元寿、方涯元圭、秀山元中、、月翁元規、柏巌可禅、片山元矩、養直元育、月窓元暁及び實田元穎がいる。語録として『仏灯国師語録』がある。また、永源寺と牧護庵(南禅寺塔頭)には『絹本著色約翁徳倹像』が伝わり、それぞれ重要文化財に指定されている。 (ja)
  • 約翁徳倹(やくおうとっけん、寛元2年(1244年) - 元応2年5月19日(1320年7月3日))は、鎌倉時代に活動した臨済宗大覚派の禅僧である。蘭渓道隆下2世。建仁寺14世、建長寺15世及び南禅寺5世。仏灯国師。 (ja)
  • 約翁徳倹(やくおうとっけん、寛元2年(1244年) - 元応2年5月19日(1320年7月3日))は、鎌倉時代に活動した臨済宗大覚派の禅僧である。蘭渓道隆下2世。建仁寺14世、建長寺15世及び南禅寺5世。仏灯国師。 寛元2年(1244年)に嬰棄児として見つかり、某氏が養育していたが、蘭渓道隆に見出されて仏道を学び、東大寺で受戒。師に従い建長寺次いで建仁寺に移る。さらに中国に渡って育王山寂窓有照、天童山石帆惟衍、浄慈寺東叟仲頴、霊隠寺虚舟普度、径山蔵叟善珍、簡翁居敬、覚菴夢真の許に参禅し、道友として晦機元煕、一山了万、末宗本、寂菴相等を得た。帰国後師の許に戻り、永仁4年(1296年)建長寺首座となり、山内に長勝寺を開いた。その後、東勝寺、浄妙寺および禅興寺の住持を務め、徳治元年(1306年)建仁寺12世、さらに建長寺15世となった。文保2年(1318年)には後宇多院の招きにより一山一寧の後任として南禅寺5世となった。開堂に当たって院が臨席し国師号を賜った。元応2年5月19日寂。法嗣に寂室元光、霊叟太古、大虚元寿、方涯元圭、秀山元中、、月翁元規、柏巌可禅、片山元矩、養直元育、月窓元暁及び實田元穎がいる。語録として『仏灯国師語録』がある。また、永源寺と牧護庵(南禅寺塔頭)には『絹本著色約翁徳倹像』が伝わり、それぞれ重要文化財に指定されている。 (ja)
rdfs:label
  • 約翁徳倹 (ja)
  • 約翁徳倹 (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja: of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of