第二京阪道路(だいにけいはんどうろ)は、京都府京都市伏見区から大阪府門真市に至る一般国道1号バイパスである。4 - 6車線の専用部(自動車専用道路)と側道に当たる2 - 4車線の一般部(一般道路)からなる。 飽和状態にある京阪国道(枚方バイパス・寝屋川バイパス)および近畿自動車道の吹田JCT/IC - 門真IC の渋滞緩和(加えてこれに付随する名神高速道路の天王山トンネル付近と京都南IC付近の渋滞緩和)を目的として整備された。専用部と一般部を合わせた総事業費は1兆550億円で、公共事業部分が7,270億円(日本国政府が4,850億円、大阪府が1,800億円、京都府が620億円を負担)、有料道路事業部分が3,280億円(専用部の通行料金収入で償還)である。 沿道環境への対策として、道路の両脇に副道・植栽帯・自転車歩行者道からなる環境施設帯を設置しており、国土交通省は緑立つ道の愛称を付けている。 大阪府側はJR片町線(学研都市線)とほぼ並走したルートを走る。 ここでは、一般有料道路としての営業中路線では第二京阪道路に含まれる洛南連絡道路(地域高規格道路)についても合わせて記述する。

Property Value
dbo:Infrastructure/length
  • 35.7
dbo:abstract
  • 第二京阪道路(だいにけいはんどうろ)は、京都府京都市伏見区から大阪府門真市に至る一般国道1号バイパスである。4 - 6車線の専用部(自動車専用道路)と側道に当たる2 - 4車線の一般部(一般道路)からなる。 飽和状態にある京阪国道(枚方バイパス・寝屋川バイパス)および近畿自動車道の吹田JCT/IC - 門真IC の渋滞緩和(加えてこれに付随する名神高速道路の天王山トンネル付近と京都南IC付近の渋滞緩和)を目的として整備された。専用部と一般部を合わせた総事業費は1兆550億円で、公共事業部分が7,270億円(日本国政府が4,850億円、大阪府が1,800億円、京都府が620億円を負担)、有料道路事業部分が3,280億円(専用部の通行料金収入で償還)である。 沿道環境への対策として、道路の両脇に副道・植栽帯・自転車歩行者道からなる環境施設帯を設置しており、国土交通省は緑立つ道の愛称を付けている。 大阪府側はJR片町線(学研都市線)とほぼ並走したルートを走る。 ここでは、一般有料道路としての営業中路線では第二京阪道路に含まれる洛南連絡道路(地域高規格道路)についても合わせて記述する。 (ja)
  • 第二京阪道路(だいにけいはんどうろ)は、京都府京都市伏見区から大阪府門真市に至る一般国道1号バイパスである。4 - 6車線の専用部(自動車専用道路)と側道に当たる2 - 4車線の一般部(一般道路)からなる。 飽和状態にある京阪国道(枚方バイパス・寝屋川バイパス)および近畿自動車道の吹田JCT/IC - 門真IC の渋滞緩和(加えてこれに付随する名神高速道路の天王山トンネル付近と京都南IC付近の渋滞緩和)を目的として整備された。専用部と一般部を合わせた総事業費は1兆550億円で、公共事業部分が7,270億円(日本国政府が4,850億円、大阪府が1,800億円、京都府が620億円を負担)、有料道路事業部分が3,280億円(専用部の通行料金収入で償還)である。 沿道環境への対策として、道路の両脇に副道・植栽帯・自転車歩行者道からなる環境施設帯を設置しており、国土交通省は緑立つ道の愛称を付けている。 大阪府側はJR片町線(学研都市線)とほぼ並走したルートを走る。 ここでは、一般有料道路としての営業中路線では第二京阪道路に含まれる洛南連絡道路(地域高規格道路)についても合わせて記述する。 (ja)
dbo:city
dbo:length
  • 35700.000000 (xsd:double)
dbo:routeEnd
dbo:routeJunction
dbo:routeNumber
  • (有料)
  • 大阪圏都市圏自動車専用道路
dbo:routeStart
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 73593 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 34725 (xsd:nonNegativeInteger)
  • 36145 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81243534 (xsd:integer)
  • 85672390 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:アイコン
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:主な経由都市
prop-ja:名前
  • 第二京阪道路 (ja)
  • 第二京阪道路 (ja)
prop-ja:名前の補足
  • 国道1号バイパス (ja)
  • 国道1号バイパス (ja)
prop-ja:接続する主な道路
  • 新名神高速道路 (ja)
  • 京滋バイパス (ja)
  • 近畿自動車道 (ja)
  • 新名神高速道路 (ja)
  • 京滋バイパス (ja)
  • 近畿自動車道 (ja)
prop-ja:種別・系統
prop-ja:終点
prop-ja:総距離
  • 35.7
prop-ja:起点
  • 京都市伏見区(鴨川東インターチェンジ) (ja)
  • 京都市伏見区(鴨川東インターチェンジ) (ja)
prop-ja:開通年
  • 2003 (xsd:integer)
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 第二京阪道路(だいにけいはんどうろ)は、京都府京都市伏見区から大阪府門真市に至る一般国道1号バイパスである。4 - 6車線の専用部(自動車専用道路)と側道に当たる2 - 4車線の一般部(一般道路)からなる。 飽和状態にある京阪国道(枚方バイパス・寝屋川バイパス)および近畿自動車道の吹田JCT/IC - 門真IC の渋滞緩和(加えてこれに付随する名神高速道路の天王山トンネル付近と京都南IC付近の渋滞緩和)を目的として整備された。専用部と一般部を合わせた総事業費は1兆550億円で、公共事業部分が7,270億円(日本国政府が4,850億円、大阪府が1,800億円、京都府が620億円を負担)、有料道路事業部分が3,280億円(専用部の通行料金収入で償還)である。 沿道環境への対策として、道路の両脇に副道・植栽帯・自転車歩行者道からなる環境施設帯を設置しており、国土交通省は緑立つ道の愛称を付けている。 大阪府側はJR片町線(学研都市線)とほぼ並走したルートを走る。 ここでは、一般有料道路としての営業中路線では第二京阪道路に含まれる洛南連絡道路(地域高規格道路)についても合わせて記述する。 (ja)
  • 第二京阪道路(だいにけいはんどうろ)は、京都府京都市伏見区から大阪府門真市に至る一般国道1号バイパスである。4 - 6車線の専用部(自動車専用道路)と側道に当たる2 - 4車線の一般部(一般道路)からなる。 飽和状態にある京阪国道(枚方バイパス・寝屋川バイパス)および近畿自動車道の吹田JCT/IC - 門真IC の渋滞緩和(加えてこれに付随する名神高速道路の天王山トンネル付近と京都南IC付近の渋滞緩和)を目的として整備された。専用部と一般部を合わせた総事業費は1兆550億円で、公共事業部分が7,270億円(日本国政府が4,850億円、大阪府が1,800億円、京都府が620億円を負担)、有料道路事業部分が3,280億円(専用部の通行料金収入で償還)である。 沿道環境への対策として、道路の両脇に副道・植栽帯・自転車歩行者道からなる環境施設帯を設置しており、国土交通省は緑立つ道の愛称を付けている。 大阪府側はJR片町線(学研都市線)とほぼ並走したルートを走る。 ここでは、一般有料道路としての営業中路線では第二京阪道路に含まれる洛南連絡道路(地域高規格道路)についても合わせて記述する。 (ja)
rdfs:label
  • 第二京阪道路 (ja)
  • 第二京阪道路 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 第二京阪道路 (ja)
  • 第二京阪道路 (ja)
is dbo:routeEnd of
is dbo:routeJunction of
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:接続する主な道路 of
is prop-ja:最寄ic of
is prop-ja:終点 of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of