竺仙梵僊(じくせん ぼんせん、至元29年11月15日(1292年12月24日)- 貞和4年/正平3年7月16日(1348年8月11日))は、鎌倉時代末期に元から来日した臨済宗(楊岐派)の僧。俗姓は徐。法諱は梵僊。字は竺仙。号は来来禅子。慶元府鄞県の出身。 古林清茂の法を継いだ。1329年(元徳元年)6月九州豊後の守護大名大友貞宗の要請を受け、明極楚俊に従って日本へ渡来した。 1330年(元徳2年)鎌倉にくだり足利尊氏・直義の帰依を受けた。 その後浄妙寺・浄智寺を経て、京都南禅寺・鎌倉建長寺の住持となった。学識は一山一寧の次位とされ、各寺において多くの弟子を養成した。公武の帰依を受け、五山文学発展の基礎を築いた。 浄智寺の山内に塔頭であるを建立したことでも知られる。

Property Value
dbo:abstract
  • 竺仙梵僊(じくせん ぼんせん、至元29年11月15日(1292年12月24日)- 貞和4年/正平3年7月16日(1348年8月11日))は、鎌倉時代末期に元から来日した臨済宗(楊岐派)の僧。俗姓は徐。法諱は梵僊。字は竺仙。号は来来禅子。慶元府鄞県の出身。 古林清茂の法を継いだ。1329年(元徳元年)6月九州豊後の守護大名大友貞宗の要請を受け、明極楚俊に従って日本へ渡来した。 1330年(元徳2年)鎌倉にくだり足利尊氏・直義の帰依を受けた。 その後浄妙寺・浄智寺を経て、京都南禅寺・鎌倉建長寺の住持となった。学識は一山一寧の次位とされ、各寺において多くの弟子を養成した。公武の帰依を受け、五山文学発展の基礎を築いた。 浄智寺の山内に塔頭であるを建立したことでも知られる。 (ja)
  • 竺仙梵僊(じくせん ぼんせん、至元29年11月15日(1292年12月24日)- 貞和4年/正平3年7月16日(1348年8月11日))は、鎌倉時代末期に元から来日した臨済宗(楊岐派)の僧。俗姓は徐。法諱は梵僊。字は竺仙。号は来来禅子。慶元府鄞県の出身。 古林清茂の法を継いだ。1329年(元徳元年)6月九州豊後の守護大名大友貞宗の要請を受け、明極楚俊に従って日本へ渡来した。 1330年(元徳2年)鎌倉にくだり足利尊氏・直義の帰依を受けた。 その後浄妙寺・浄智寺を経て、京都南禅寺・鎌倉建長寺の住持となった。学識は一山一寧の次位とされ、各寺において多くの弟子を養成した。公武の帰依を受け、五山文学発展の基礎を築いた。 浄智寺の山内に塔頭であるを建立したことでも知られる。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 433441 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 1255 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 79853528 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:名前
  • 竺仙梵僊 (ja)
  • 竺仙梵僊 (ja)
prop-ja:宗派
prop-ja:寺院
prop-ja:
prop-ja:生地
  • 慶元府鄞県 (ja)
  • 慶元府鄞県 (ja)
prop-ja:生没年
  • 1292 (xsd:integer)
dct:subject
rdfs:comment
  • 竺仙梵僊(じくせん ぼんせん、至元29年11月15日(1292年12月24日)- 貞和4年/正平3年7月16日(1348年8月11日))は、鎌倉時代末期に元から来日した臨済宗(楊岐派)の僧。俗姓は徐。法諱は梵僊。字は竺仙。号は来来禅子。慶元府鄞県の出身。 古林清茂の法を継いだ。1329年(元徳元年)6月九州豊後の守護大名大友貞宗の要請を受け、明極楚俊に従って日本へ渡来した。 1330年(元徳2年)鎌倉にくだり足利尊氏・直義の帰依を受けた。 その後浄妙寺・浄智寺を経て、京都南禅寺・鎌倉建長寺の住持となった。学識は一山一寧の次位とされ、各寺において多くの弟子を養成した。公武の帰依を受け、五山文学発展の基礎を築いた。 浄智寺の山内に塔頭であるを建立したことでも知られる。 (ja)
  • 竺仙梵僊(じくせん ぼんせん、至元29年11月15日(1292年12月24日)- 貞和4年/正平3年7月16日(1348年8月11日))は、鎌倉時代末期に元から来日した臨済宗(楊岐派)の僧。俗姓は徐。法諱は梵僊。字は竺仙。号は来来禅子。慶元府鄞県の出身。 古林清茂の法を継いだ。1329年(元徳元年)6月九州豊後の守護大名大友貞宗の要請を受け、明極楚俊に従って日本へ渡来した。 1330年(元徳2年)鎌倉にくだり足利尊氏・直義の帰依を受けた。 その後浄妙寺・浄智寺を経て、京都南禅寺・鎌倉建長寺の住持となった。学識は一山一寧の次位とされ、各寺において多くの弟子を養成した。公武の帰依を受け、五山文学発展の基礎を築いた。 浄智寺の山内に塔頭であるを建立したことでも知られる。 (ja)
rdfs:label
  • 竺仙梵僊 (ja)
  • 竺仙梵僊 (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of