百済(くだら/ひゃくさい、朝鮮語: 백제)、旧字体:百濟、4世紀前半-660年)は、古代の朝鮮半島西部、および南西部にあった国家。 百済の歴史はその首都の移動によって、大きく漢城時代(475年まで)、熊津時代(475-538年)、泗沘時代(538年から)に分類される。漢城期には現在の京畿道を中心としていたが、高句麗の攻撃によって首都漢城が陥落し、一時的に滅亡した後は、現在の忠清南道にあった熊津(現:公州)へと遷って再興した。 熊津時代の百済は弱体化していたが、武寧王が高句麗を撃退したことにより次第に国力を回復し、南方の伽耶(加羅)地方へと勢力を拡張した。538年には新たな首都として泗沘を建設し、一層伽耶地方を含む周囲への拡大を図った。 百済が存続していた時代には、朝鮮半島北部から満州地方にかけての地域に高句麗、朝鮮半島南東部に新羅、半島南部には多数の伽耶諸国が存在していた。 この時代は朝鮮史の枠組みにおいて三国時代と呼ばれている。 中国の南朝と密接な関係を結び、仏教や各種の南朝文化・学問を導入して栄え、周辺諸国とも交流を持った。 現在、百済の歴史は高麗時代に編纂された歴史書『三国史記』や、日本の『日本書紀』、中国の歴代の正史などによって知られており、また墓や寺院跡のような考古学的遺物からも学術的な調査が行われている。

Property Value
dbo:abstract
  • 百済(くだら/ひゃくさい、朝鮮語: 백제)、旧字体:百濟、4世紀前半-660年)は、古代の朝鮮半島西部、および南西部にあった国家。 百済の歴史はその首都の移動によって、大きく漢城時代(475年まで)、熊津時代(475-538年)、泗沘時代(538年から)に分類される。漢城期には現在の京畿道を中心としていたが、高句麗の攻撃によって首都漢城が陥落し、一時的に滅亡した後は、現在の忠清南道にあった熊津(現:公州)へと遷って再興した。 熊津時代の百済は弱体化していたが、武寧王が高句麗を撃退したことにより次第に国力を回復し、南方の伽耶(加羅)地方へと勢力を拡張した。538年には新たな首都として泗沘を建設し、一層伽耶地方を含む周囲への拡大を図った。 百済が存続していた時代には、朝鮮半島北部から満州地方にかけての地域に高句麗、朝鮮半島南東部に新羅、半島南部には多数の伽耶諸国が存在していた。 この時代は朝鮮史の枠組みにおいて三国時代と呼ばれている。 中国の南朝と密接な関係を結び、仏教や各種の南朝文化・学問を導入して栄え、周辺諸国とも交流を持った。 現在、百済の歴史は高麗時代に編纂された歴史書『三国史記』や、日本の『日本書紀』、中国の歴代の正史などによって知られており、また墓や寺院跡のような考古学的遺物からも学術的な調査が行われている。 にある武寧王陵は百済の最も著名な墳墓で、20世紀に未盗掘のまま発見されたため、往時の文化遺産が多数残された。 中国で南北朝時代が終焉を迎え、隋が成立するといち早く関係を結んだが、ついで唐が成立すると、唐は高句麗を制圧するためその背後を抑えるべく百済攻略を企図し、新羅を支援して百済を攻撃した。 これによって660年に百済は滅亡し、王族や遺臣たちは倭国(日本)の支援を受けて百済復興運動を起こしたが、663年の白村江の戦いにおける敗戦とともに鎮圧された。 その後唐は旧百済領の経営に乗り出したが、本国における問題と新羅による攻撃の結果、最終的に朝鮮半島から撤退し、百済の故地は新羅に組み入れられた。 (ja)
  • 百済(くだら/ひゃくさい、朝鮮語: 백제)、旧字体:百濟、4世紀前半-660年)は、古代の朝鮮半島西部、および南西部にあった国家。 百済の歴史はその首都の移動によって、大きく漢城時代(475年まで)、熊津時代(475-538年)、泗沘時代(538年から)に分類される。漢城期には現在の京畿道を中心としていたが、高句麗の攻撃によって首都漢城が陥落し、一時的に滅亡した後は、現在の忠清南道にあった熊津(現:公州)へと遷って再興した。 熊津時代の百済は弱体化していたが、武寧王が高句麗を撃退したことにより次第に国力を回復し、南方の伽耶(加羅)地方へと勢力を拡張した。538年には新たな首都として泗沘を建設し、一層伽耶地方を含む周囲への拡大を図った。 百済が存続していた時代には、朝鮮半島北部から満州地方にかけての地域に高句麗、朝鮮半島南東部に新羅、半島南部には多数の伽耶諸国が存在していた。 この時代は朝鮮史の枠組みにおいて三国時代と呼ばれている。 中国の南朝と密接な関係を結び、仏教や各種の南朝文化・学問を導入して栄え、周辺諸国とも交流を持った。 現在、百済の歴史は高麗時代に編纂された歴史書『三国史記』や、日本の『日本書紀』、中国の歴代の正史などによって知られており、また墓や寺院跡のような考古学的遺物からも学術的な調査が行われている。 にある武寧王陵は百済の最も著名な墳墓で、20世紀に未盗掘のまま発見されたため、往時の文化遺産が多数残された。 中国で南北朝時代が終焉を迎え、隋が成立するといち早く関係を結んだが、ついで唐が成立すると、唐は高句麗を制圧するためその背後を抑えるべく百済攻略を企図し、新羅を支援して百済を攻撃した。 これによって660年に百済は滅亡し、王族や遺臣たちは倭国(日本)の支援を受けて百済復興運動を起こしたが、663年の白村江の戦いにおける敗戦とともに鎮圧された。 その後唐は旧百済領の経営に乗り出したが、本国における問題と新羅による攻撃の結果、最終的に朝鮮半島から撤退し、百済の故地は新羅に組み入れられた。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 31860 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 59842 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81225960 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:float
  • left (ja)
  • left (ja)
prop-ja:hangeul
  • 백제 (ja)
  • 백제 (ja)
prop-ja:hanja
  • 百濟 (ja)
  • 百濟 (ja)
prop-ja:hiragana
  • くだら/ひゃくさい (ja)
  • くだら/ひゃくさい (ja)
prop-ja:katakana
  • ペクチェ (ja)
  • ペクチェ (ja)
prop-ja:latin
  • Baekje/Paekche (ja)
  • Baekje/Paekche (ja)
prop-ja:title
  • 百済 (ja)
  • 百済 (ja)
prop-ja:width
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:亡国時期
  • 660 (xsd:integer)
prop-ja:人口値
  • 761500 (xsd:integer)
prop-ja:人口測定時期
  • 7 (xsd:integer)
prop-ja:位置画像
  • History of Korea 576 ja.png (ja)
  • History of Korea 576 ja.png (ja)
prop-ja:位置画像幅
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:位置画像説明
prop-ja:元首等年代始
  • 346 (xsd:integer)
  • 641 (xsd:integer)
prop-ja:元首等年代終
  • 375 (xsd:integer)
  • 660 (xsd:integer)
prop-ja:元首等氏名
prop-ja:元首等肩書
prop-ja:先代
  • 任那 (ja)
  • 夫余 (ja)
  • 馬韓 (ja)
  • 任那 (ja)
  • 夫余 (ja)
  • 馬韓 (ja)
prop-ja:先旗
  • blank.png (ja)
  • blank.png (ja)
prop-ja:公式国名
  • 百濟・南夫餘 (ja)
  • 百濟・南夫餘 (ja)
prop-ja:公用語
prop-ja:変遷
prop-ja:変遷年月日
prop-ja:宗教
prop-ja:建国時期
  • 4 (xsd:integer)
prop-ja:日本語国名
  • 百済 (ja)
  • 百済 (ja)
prop-ja:次代
  • (ja)
  • (ja)
prop-ja:次旗
  • Tang dynasty .svg (ja)
  • Tang dynasty .svg (ja)
prop-ja:首都
dct:subject
rdfs:comment
  • 百済(くだら/ひゃくさい、朝鮮語: 백제)、旧字体:百濟、4世紀前半-660年)は、古代の朝鮮半島西部、および南西部にあった国家。 百済の歴史はその首都の移動によって、大きく漢城時代(475年まで)、熊津時代(475-538年)、泗沘時代(538年から)に分類される。漢城期には現在の京畿道を中心としていたが、高句麗の攻撃によって首都漢城が陥落し、一時的に滅亡した後は、現在の忠清南道にあった熊津(現:公州)へと遷って再興した。 熊津時代の百済は弱体化していたが、武寧王が高句麗を撃退したことにより次第に国力を回復し、南方の伽耶(加羅)地方へと勢力を拡張した。538年には新たな首都として泗沘を建設し、一層伽耶地方を含む周囲への拡大を図った。 百済が存続していた時代には、朝鮮半島北部から満州地方にかけての地域に高句麗、朝鮮半島南東部に新羅、半島南部には多数の伽耶諸国が存在していた。 この時代は朝鮮史の枠組みにおいて三国時代と呼ばれている。 中国の南朝と密接な関係を結び、仏教や各種の南朝文化・学問を導入して栄え、周辺諸国とも交流を持った。 現在、百済の歴史は高麗時代に編纂された歴史書『三国史記』や、日本の『日本書紀』、中国の歴代の正史などによって知られており、また墓や寺院跡のような考古学的遺物からも学術的な調査が行われている。 (ja)
  • 百済(くだら/ひゃくさい、朝鮮語: 백제)、旧字体:百濟、4世紀前半-660年)は、古代の朝鮮半島西部、および南西部にあった国家。 百済の歴史はその首都の移動によって、大きく漢城時代(475年まで)、熊津時代(475-538年)、泗沘時代(538年から)に分類される。漢城期には現在の京畿道を中心としていたが、高句麗の攻撃によって首都漢城が陥落し、一時的に滅亡した後は、現在の忠清南道にあった熊津(現:公州)へと遷って再興した。 熊津時代の百済は弱体化していたが、武寧王が高句麗を撃退したことにより次第に国力を回復し、南方の伽耶(加羅)地方へと勢力を拡張した。538年には新たな首都として泗沘を建設し、一層伽耶地方を含む周囲への拡大を図った。 百済が存続していた時代には、朝鮮半島北部から満州地方にかけての地域に高句麗、朝鮮半島南東部に新羅、半島南部には多数の伽耶諸国が存在していた。 この時代は朝鮮史の枠組みにおいて三国時代と呼ばれている。 中国の南朝と密接な関係を結び、仏教や各種の南朝文化・学問を導入して栄え、周辺諸国とも交流を持った。 現在、百済の歴史は高麗時代に編纂された歴史書『三国史記』や、日本の『日本書紀』、中国の歴代の正史などによって知られており、また墓や寺院跡のような考古学的遺物からも学術的な調査が行われている。 (ja)
rdfs:label
  • 百済 (ja)
  • 百済 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:birthPlace of
is dbo:employer of
is dbo:spokenIn of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:combatant of
is prop-ja:states of
is prop-ja:出土品 of
is prop-ja:出自 of
is prop-ja:本貫 of
is prop-ja:生地 of
is prop-ja:生誕地 of
is prop-ja:雇用者 of
is foaf:primaryTopic of