『白貂を抱く貴婦人』(しろてんをだくきふじん(伊: Dama con l'ermellino、英: Lady with an Ermine))は、ルネサンス期のイタリア人芸術家レオナルド・ダ・ヴィンチが1489年から1490年ごろにかけて描いた、ポーランドのクラクフにある国立美術館所蔵の絵画。描かれている女性はミラノ公ルドヴィーコ・スフォルツァの愛妾だったチェチーリア・ガッレラーニであるといわれている。また、正確にいえばこの絵画に描かれているのは白貂(シロテン)ではなく、白い被毛を持つフェレットである。

Property Value
dbo:abstract
  • 『白貂を抱く貴婦人』(しろてんをだくきふじん(伊: Dama con l'ermellino、英: Lady with an Ermine))は、ルネサンス期のイタリア人芸術家レオナルド・ダ・ヴィンチが1489年から1490年ごろにかけて描いた、ポーランドのクラクフにある国立美術館所蔵の絵画。描かれている女性はミラノ公ルドヴィーコ・スフォルツァの愛妾だったチェチーリア・ガッレラーニであるといわれている。また、正確にいえばこの絵画に描かれているのは白貂(シロテン)ではなく、白い被毛を持つフェレットである。 (ja)
  • 『白貂を抱く貴婦人』(しろてんをだくきふじん(伊: Dama con l'ermellino、英: Lady with an Ermine))は、ルネサンス期のイタリア人芸術家レオナルド・ダ・ヴィンチが1489年から1490年ごろにかけて描いた、ポーランドのクラクフにある国立美術館所蔵の絵画。描かれている女性はミラノ公ルドヴィーコ・スフォルツァの愛妾だったチェチーリア・ガッレラーニであるといわれている。また、正確にいえばこの絵画に描かれているのは白貂(シロテン)ではなく、白い被毛を持つフェレットである。 (ja)
dbo:creator
dbo:location
dbo:museum
dbo:painter
dbo:title
  • Dama con l'ermellino (ja)
  • Dama con l'ermellino (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 1675310 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 6815 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 79295593 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:artist
  • レオナルド・ダ・ヴィンチ (ja)
  • レオナルド・ダ・ヴィンチ (ja)
prop-ja:city
  • クラクフ (ja)
  • クラクフ (ja)
prop-ja:height
  • 54.800000 (xsd:double)
prop-ja:imageFile
  • The_Lady_with_an_Ermine.jpg (ja)
  • The_Lady_with_an_Ermine.jpg (ja)
prop-ja:imageSize
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:museum
prop-ja:otherLanguage
  • イタリア語 (ja)
  • イタリア語 (ja)
prop-ja:otherTitle
  • Dama con l'ermellino (ja)
  • Dama con l'ermellino (ja)
prop-ja:paintingAlignment
  • right (ja)
  • right (ja)
prop-ja:title
  • 白貂を抱く貴婦人 (ja)
  • 白貂を抱く貴婦人 (ja)
prop-ja:type
  • 油彩 (ja)
  • 油彩 (ja)
prop-ja:width
  • 40.300000 (xsd:double)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:year
  • 1490 (xsd:integer)
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 『白貂を抱く貴婦人』(しろてんをだくきふじん(伊: Dama con l'ermellino、英: Lady with an Ermine))は、ルネサンス期のイタリア人芸術家レオナルド・ダ・ヴィンチが1489年から1490年ごろにかけて描いた、ポーランドのクラクフにある国立美術館所蔵の絵画。描かれている女性はミラノ公ルドヴィーコ・スフォルツァの愛妾だったチェチーリア・ガッレラーニであるといわれている。また、正確にいえばこの絵画に描かれているのは白貂(シロテン)ではなく、白い被毛を持つフェレットである。 (ja)
  • 『白貂を抱く貴婦人』(しろてんをだくきふじん(伊: Dama con l'ermellino、英: Lady with an Ermine))は、ルネサンス期のイタリア人芸術家レオナルド・ダ・ヴィンチが1489年から1490年ごろにかけて描いた、ポーランドのクラクフにある国立美術館所蔵の絵画。描かれている女性はミラノ公ルドヴィーコ・スフォルツァの愛妾だったチェチーリア・ガッレラーニであるといわれている。また、正確にいえばこの絵画に描かれているのは白貂(シロテン)ではなく、白い被毛を持つフェレットである。 (ja)
rdfs:label
  • 白貂を抱く貴婦人 (ja)
  • 白貂を抱く貴婦人 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 白貂を抱く貴婦人 (ja)
  • 白貂を抱く貴婦人 (ja)
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of