鹿児島の田畑(たばた)氏は、江戸時代の薩摩藩士である。 ここでは、奄美大島を起源とする田畑氏について記述する。  ※以下、月日の表示がないものは西暦のみ記載 かつて奄美が琉球国の一部であった時代、王命により島に渡り領域を支配した笠利(かさり)氏が江戸期に田畑に改姓する。 1609年の薩摩藩の琉球侵攻の後、奄美は薩摩の蔵入地(直轄領)となり支配を受けるが、その藩政下において領域支配に関与し続け、1726年には奄美初の郷士格となり、「田畑」姓を薩摩藩主より与えられる。砂糖増産のための新田開発等が主な理由とされる。 1785年に藩命によって龍(りゅう)に改姓(明治に田畑に復姓)するが、一族は奄美における為政者として家格を保ち、明治維新を主導した薩摩藩の主財源であった砂糖生産に大きく貢献することとなる(奄美の砂糖と田畑氏の関係については、著作の『明治維新のカギは奄美の砂糖にあり』に詳しい)。

Property Value
dbo:abstract
  • 鹿児島の田畑(たばた)氏は、江戸時代の薩摩藩士である。 ここでは、奄美大島を起源とする田畑氏について記述する。  ※以下、月日の表示がないものは西暦のみ記載 かつて奄美が琉球国の一部であった時代、王命により島に渡り領域を支配した笠利(かさり)氏が江戸期に田畑に改姓する。 1609年の薩摩藩の琉球侵攻の後、奄美は薩摩の蔵入地(直轄領)となり支配を受けるが、その藩政下において領域支配に関与し続け、1726年には奄美初の郷士格となり、「田畑」姓を薩摩藩主より与えられる。砂糖増産のための新田開発等が主な理由とされる。 1785年に藩命によって龍(りゅう)に改姓(明治に田畑に復姓)するが、一族は奄美における為政者として家格を保ち、明治維新を主導した薩摩藩の主財源であった砂糖生産に大きく貢献することとなる(奄美の砂糖と田畑氏の関係については、著作の『明治維新のカギは奄美の砂糖にあり』に詳しい)。 (ja)
  • 鹿児島の田畑(たばた)氏は、江戸時代の薩摩藩士である。 ここでは、奄美大島を起源とする田畑氏について記述する。  ※以下、月日の表示がないものは西暦のみ記載 かつて奄美が琉球国の一部であった時代、王命により島に渡り領域を支配した笠利(かさり)氏が江戸期に田畑に改姓する。 1609年の薩摩藩の琉球侵攻の後、奄美は薩摩の蔵入地(直轄領)となり支配を受けるが、その藩政下において領域支配に関与し続け、1726年には奄美初の郷士格となり、「田畑」姓を薩摩藩主より与えられる。砂糖増産のための新田開発等が主な理由とされる。 1785年に藩命によって龍(りゅう)に改姓(明治に田畑に復姓)するが、一族は奄美における為政者として家格を保ち、明治維新を主導した薩摩藩の主財源であった砂糖生産に大きく貢献することとなる(奄美の砂糖と田畑氏の関係については、著作の『明治維新のカギは奄美の砂糖にあり』に詳しい)。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 217882 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 4323 (xsd:nonNegativeInteger)
  • 6540 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81626684 (xsd:integer)
  • 85679884 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:家名
  • 田畑氏 (ja)
  • (笠利氏) (ja)
  • 田畑氏 (ja)
  • (笠利氏) (ja)
prop-ja:家祖
prop-ja:家紋
  • Kamon Nasu.jpg (ja)
  • Kamon Nasu.jpg (ja)
prop-ja:家紋名称
  • 丸に出一つ引き 左三巴紋 丸に五三桐 (ja)
  • 丸に出一つ引き 左三巴紋 丸に五三桐 (ja)
prop-ja:本姓
prop-ja:根拠地
  • 現・鹿児島県奄美大島 (ja)
  • 鹿児島県龍郷町他 (ja)
  • 現・鹿児島県奄美大島 (ja)
  • 鹿児島県龍郷町他 (ja)
prop-ja:種別
dct:subject
rdfs:comment
  • 鹿児島の田畑(たばた)氏は、江戸時代の薩摩藩士である。 ここでは、奄美大島を起源とする田畑氏について記述する。  ※以下、月日の表示がないものは西暦のみ記載 かつて奄美が琉球国の一部であった時代、王命により島に渡り領域を支配した笠利(かさり)氏が江戸期に田畑に改姓する。 1609年の薩摩藩の琉球侵攻の後、奄美は薩摩の蔵入地(直轄領)となり支配を受けるが、その藩政下において領域支配に関与し続け、1726年には奄美初の郷士格となり、「田畑」姓を薩摩藩主より与えられる。砂糖増産のための新田開発等が主な理由とされる。 1785年に藩命によって龍(りゅう)に改姓(明治に田畑に復姓)するが、一族は奄美における為政者として家格を保ち、明治維新を主導した薩摩藩の主財源であった砂糖生産に大きく貢献することとなる(奄美の砂糖と田畑氏の関係については、著作の『明治維新のカギは奄美の砂糖にあり』に詳しい)。 (ja)
  • 鹿児島の田畑(たばた)氏は、江戸時代の薩摩藩士である。 ここでは、奄美大島を起源とする田畑氏について記述する。  ※以下、月日の表示がないものは西暦のみ記載 かつて奄美が琉球国の一部であった時代、王命により島に渡り領域を支配した笠利(かさり)氏が江戸期に田畑に改姓する。 1609年の薩摩藩の琉球侵攻の後、奄美は薩摩の蔵入地(直轄領)となり支配を受けるが、その藩政下において領域支配に関与し続け、1726年には奄美初の郷士格となり、「田畑」姓を薩摩藩主より与えられる。砂糖増産のための新田開発等が主な理由とされる。 1785年に藩命によって龍(りゅう)に改姓(明治に田畑に復姓)するが、一族は奄美における為政者として家格を保ち、明治維新を主導した薩摩藩の主財源であった砂糖生産に大きく貢献することとなる(奄美の砂糖と田畑氏の関係については、著作の『明治維新のカギは奄美の砂糖にあり』に詳しい)。 (ja)
rdfs:label
  • 田畑氏 (ja)
  • 田畑氏 (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of