『王道の狗』(おうどうのいぬ)は、安彦良和の漫画作品。『ミスターマガジン』1998年1号から2000年3号に掲載された。単行本は講談社ミスターマガジンKCより全6巻、白泉社ジェッツコミックス、中央公論新社より全4巻出版。明治時代中期から末期の日本、朝鮮、清を舞台に、秩父事件から日清戦争、辛亥革命までの東アジアの歴史と、それに翻弄された人々の運命を描いた。2000年に第4回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞。『虹色のトロツキー』、『天の血脈』と並ぶ安彦の「現代史三部作」の一つ。

Property Value
dbo:abstract
  • 『王道の狗』(おうどうのいぬ)は、安彦良和の漫画作品。『ミスターマガジン』1998年1号から2000年3号に掲載された。単行本は講談社ミスターマガジンKCより全6巻、白泉社ジェッツコミックス、中央公論新社より全4巻出版。明治時代中期から末期の日本、朝鮮、清を舞台に、秩父事件から日清戦争、辛亥革命までの東アジアの歴史と、それに翻弄された人々の運命を描いた。2000年に第4回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞。『虹色のトロツキー』、『天の血脈』と並ぶ安彦の「現代史三部作」の一つ。 (ja)
  • 『王道の狗』(おうどうのいぬ)は、安彦良和の漫画作品。『ミスターマガジン』1998年1号から2000年3号に掲載された。単行本は講談社ミスターマガジンKCより全6巻、白泉社ジェッツコミックス、中央公論新社より全4巻出版。明治時代中期から末期の日本、朝鮮、清を舞台に、秩父事件から日清戦争、辛亥革命までの東アジアの歴史と、それに翻弄された人々の運命を描いた。2000年に第4回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞。『虹色のトロツキー』、『天の血脈』と並ぶ安彦の「現代史三部作」の一つ。 (ja)
dbo:genre
dbo:wikiPageID
  • 630299 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 14085 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81324346 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ウィキプロジェクト
prop-ja:ウィキポータル
prop-ja:ジャンル
prop-ja:タイトル
  • 王道の狗 (ja)
  • 王道の狗 (ja)
prop-ja:レーベル
prop-ja:作者
prop-ja:出版社
prop-ja:巻数
  • (単行本)全6巻 (ja)
  • (完全版)全4巻 (ja)
  • (文庫版)全4巻 (ja)
  • (単行本)全6巻 (ja)
  • (完全版)全4巻 (ja)
  • (文庫版)全4巻 (ja)
prop-ja:終了
  • 2000 (xsd:integer)
prop-ja:連載
prop-ja:開始
  • 1998 (xsd:integer)
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 『王道の狗』(おうどうのいぬ)は、安彦良和の漫画作品。『ミスターマガジン』1998年1号から2000年3号に掲載された。単行本は講談社ミスターマガジンKCより全6巻、白泉社ジェッツコミックス、中央公論新社より全4巻出版。明治時代中期から末期の日本、朝鮮、清を舞台に、秩父事件から日清戦争、辛亥革命までの東アジアの歴史と、それに翻弄された人々の運命を描いた。2000年に第4回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞。『虹色のトロツキー』、『天の血脈』と並ぶ安彦の「現代史三部作」の一つ。 (ja)
  • 『王道の狗』(おうどうのいぬ)は、安彦良和の漫画作品。『ミスターマガジン』1998年1号から2000年3号に掲載された。単行本は講談社ミスターマガジンKCより全6巻、白泉社ジェッツコミックス、中央公論新社より全4巻出版。明治時代中期から末期の日本、朝鮮、清を舞台に、秩父事件から日清戦争、辛亥革命までの東アジアの歴史と、それに翻弄された人々の運命を描いた。2000年に第4回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞。『虹色のトロツキー』、『天の血脈』と並ぶ安彦の「現代史三部作」の一つ。 (ja)
rdfs:label
  • 王道の狗 (ja)
  • 王道の狗 (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 王道の狗 (ja)
  • 王道の狗 (ja)
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of