溝口 健二(みぞぐち けんじ、1898年5月16日 - 1956年8月24日)は、日本の映画監督である。日本映画を代表する監督のひとりで、1920年代から1950年代にわたるキャリアの中で、『祇園の姉妹』(1936年)、『残菊物語』(1939年)、『西鶴一代女』(1952年)、『雨月物語』(1953年)、『山椒大夫』(1954年)など約90本の作品を監督した。ワンシーン・ワンショットや移動撮影を用いた映像表現と完全主義的な演出で、社会や男性の犠牲となる女性の姿をリアルに描いたことで知られている。小津安二郎や黒澤明とともに国際的にも高い評価を受けており、1950年代にはヴェネツィア国際映画祭で作品が3年連続で受賞し、フランスのヌーヴェルヴァーグの監督などにも影響を与えた。

Property Value
dbo:abstract
  • 溝口 健二(みぞぐち けんじ、1898年5月16日 - 1956年8月24日)は、日本の映画監督である。日本映画を代表する監督のひとりで、1920年代から1950年代にわたるキャリアの中で、『祇園の姉妹』(1936年)、『残菊物語』(1939年)、『西鶴一代女』(1952年)、『雨月物語』(1953年)、『山椒大夫』(1954年)など約90本の作品を監督した。ワンシーン・ワンショットや移動撮影を用いた映像表現と完全主義的な演出で、社会や男性の犠牲となる女性の姿をリアルに描いたことで知られている。小津安二郎や黒澤明とともに国際的にも高い評価を受けており、1950年代にはヴェネツィア国際映画祭で作品が3年連続で受賞し、フランスのヌーヴェルヴァーグの監督などにも影響を与えた。 (ja)
  • 溝口 健二(みぞぐち けんじ、1898年5月16日 - 1956年8月24日)は、日本の映画監督である。日本映画を代表する監督のひとりで、1920年代から1950年代にわたるキャリアの中で、『祇園の姉妹』(1936年)、『残菊物語』(1939年)、『西鶴一代女』(1952年)、『雨月物語』(1953年)、『山椒大夫』(1954年)など約90本の作品を監督した。ワンシーン・ワンショットや移動撮影を用いた映像表現と完全主義的な演出で、社会や男性の犠牲となる女性の姿をリアルに描いたことで知られている。小津安二郎や黒澤明とともに国際的にも高い評価を受けており、1950年代にはヴェネツィア国際映画祭で作品が3年連続で受賞し、フランスのヌーヴェルヴァーグの監督などにも影響を与えた。 (ja)
dbo:birthYear
  • 1898-01-01 (xsd:gYear)
dbo:deathYear
  • 1956-01-01 (xsd:gYear)
dbo:notableWork
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 147745 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 26707 (xsd:nonNegativeInteger)
  • 43161 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81455980 (xsd:integer)
  • 85640611 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 2019 (xsd:integer)
prop-ja:id
  • 109250 (xsd:integer)
prop-ja:name
  • 溝口健二 (ja)
  • 溝口健二 (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:その他の賞
  • 1956 (xsd:integer)
  • 毎日映画コンクール (ja)
  • 特別賞 (ja)
prop-ja:ふりがな
  • みぞぐち けんじ (ja)
  • みぞぐち けんじ (ja)
prop-ja:ジャンル
prop-ja:ブルーリボン賞
  • 1954 (xsd:integer)
  • 1956 (xsd:integer)
  • 監督賞 (ja)
  • 日本映画文化賞 (ja)
prop-ja:ヴェネツィア国際映画祭
  • 1952 (xsd:integer)
  • 1953 (xsd:integer)
  • 1954 (xsd:integer)
  • 国際賞 (ja)
  • 銀獅子賞 (ja)
prop-ja:主な作品
  • 『雨月物語』 (ja)
  • 『西鶴一代女』(1952年) (ja)
  • 『残菊物語』 (ja)
  • 『祇園の姉妹』 (ja)
  • 『山椒大夫』 (ja)
  • 『元禄忠臣蔵』 (ja)
  • 『西鶴一代女』 (ja)
  • 『山椒大夫』(1954年) (ja)
  • 『残菊物語』(1939年) (ja)
  • 『浪華悲歌』(1936年) (ja)
  • 『瀧の白糸』(1933年) (ja)
  • 『祇園の姉妹』(1936年) (ja)
  • 『近松物語』(1954年) (ja)
  • 『雨月物語』(1953年) (ja)
  • 『雨月物語』 (ja)
  • 『西鶴一代女』(1952年) (ja)
  • 『残菊物語』 (ja)
  • 『祇園の姉妹』 (ja)
  • 『山椒大夫』 (ja)
  • 『元禄忠臣蔵』 (ja)
  • 『西鶴一代女』 (ja)
  • 『山椒大夫』(1954年) (ja)
  • 『残菊物語』(1939年) (ja)
  • 『浪華悲歌』(1936年) (ja)
  • 『瀧の白糸』(1933年) (ja)
  • 『祇園の姉妹』(1936年) (ja)
  • 『近松物語』(1954年) (ja)
  • 『雨月物語』(1953年) (ja)
prop-ja:備考
  • 日本映画監督協会会長(1937年 - 1942年・1949年)、同理事長(1950年 - 1955年) (ja)
  • 日本映画監督協会会長(1937年 - 1942年・1949年)、同理事長(1950年 - 1955年) (ja)
prop-ja:出生地
  • ・東京市本郷区湯島新花町(現在の東京都文京区) (ja)
  • ・東京市本郷区湯島新花町(現在の東京都文京区湯島) (ja)
  • ・東京市本郷区湯島新花町(現在の東京都文京区) (ja)
  • ・東京市本郷区湯島新花町(現在の東京都文京区湯島) (ja)
prop-ja:死没地
  • ・京都府京都市上京区 (ja)
  • ・京都府京都市上京区 (ja)
prop-ja:没年
  • 1956 (xsd:integer)
prop-ja:没日
  • 24 (xsd:integer)
prop-ja:没月
  • 8 (xsd:integer)
prop-ja:活動内容
  • 1920 (xsd:integer)
  • 1923 (xsd:integer)
  • 1934 (xsd:integer)
  • 1953 (xsd:integer)
prop-ja:活動期間
  • 1923 (xsd:integer)
prop-ja:生年
  • 1898 (xsd:integer)
prop-ja:生日
  • 16 (xsd:integer)
prop-ja:生月
  • 5 (xsd:integer)
prop-ja:画像コメント
  • 1950 (xsd:integer)
prop-ja:画像サイズ
  • 200 (xsd:integer)
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:画像ファイル
  • Kenji Mizoguchi 3.jpg (ja)
  • Kenji Mizoguchi 3.jpg (ja)
prop-ja:範囲
  • dbpedia-ja:成瀬巳喜男
  • dbpedia-ja:浮雲_(映画)
  • 父の善太郎は、溝口が幼いときに事業に失敗し、そのせいで貧乏生活を強いられることになったが、父は決して悪い人間ではなかった。しかし、生活力がなく酒好きであまり働くのが好きではない人間だったという (ja)
  • 溝口は小津安二郎や新藤兼人らに、田中への求婚の意志を漏らしたことがあった (ja)
  • 映画人との私的な交際はあまり見られなかったが、田中絹代とは公私にわたる親交を育んだ (ja)
  • 妻の発狂後、溝口は妻の弟・田島松雄(日映のカメラマンだったが、1943年にマライ半島で殉職)の未亡人と同棲している (ja)
  • 暴君として俳優・スタッフから恐れられていた溝口だったが、『雨月物語』の撮影中には、会心の演技を見せた森雅之が「誰かタバコをください」と言った時に、自ら率先してタバコを差し出し、火を点けて労ったという話もある。これにはスタッフや森自身も大いに驚いたらしい (ja)
  • 田中とはその後、彼女が映画監督をやることになったことを記者から聞かされて「田中の頭では監督は出来ません」と答え、これがもとで関係が冷却したといわれている。ただしこのコメントには田中が自分の元から離れてしまうことへの嫉妬心があったともいわれる (ja)
  • 助監督はやむなく嫌がる大道具のスタッフに頭を下げて徹夜で作り直させた。翌日、セットを見て監督が言うには「上手の家並みを一間下げろ」。つまり結局は元に戻せということであり、助監督は激怒して帰宅してしまった (ja)
  • 妻の千枝子は溝口に罵倒されたことが原因で精神に異常をきたし、『元禄忠臣蔵』の撮影途中でそのことを知った際は、人目も憚らず号泣したという。スタッフ一同も「監督があれでは今日の撮影は中止かもしれない」と覚悟していたが、しばらくすると溝口が先ほどまで泣いていたような雰囲気を見せず監督の顔になって「撮影を再開しましょう」とスタッフ達に呼びかけ、これには製作陣一同も驚いたという (ja)
  • 監督作品の『浪華悲歌』の竹川誠一演じる主人公・アヤ子の父である準造は、溝口の父がモデルであるとされている (ja)
  • この無茶苦茶な指示は、演出に行き詰って苦悩していた溝口が時間稼ぎに行った苦肉の策だったともいわれる (ja)
  • 『西鶴一代女』で家並みのセットを作ったところ、溝口がやってきて「下手の家並みを一間前に出せ」といった (ja)
  • 溝口は俳優の演技に興奮すると我を忘れて手をブルブル震わせる癖があり、その振動が横にあるカメラにまで伝わるほどだった。そこで高い場所など不安定な位置からの撮影時は、本番になると溝口と同じ体重分の鉄板をカメラの横に置いて、本人は別の場所に移動してもらっていた。本番もできるだけカメラと同じ位置で見ようと、梯子の上に座布団を乗せて馬乗り状態の溝口の写真が残っている。当初は宮川一夫からこれを指摘されても全然本気にしなかったが、ある日ラッシュ(未編集の下見用フィルム)で画面のブレを目の当たりにして、「こんなに震えているのかい?」と照れくさそうに笑いながら素直にその非を認めたという (ja)
  • 妻はその後亡くなるまで精神病院に入院していた (ja)
  • 幼時から「美人ではないが(演技力がある)」という冠詞をもって語られることの多い田中に、『お遊さま』撮影に際し「あなたを最も美しく撮ります」と語ったという話がある (ja)
  • 死別するまで和解には至らなかった (ja)
prop-ja:職業
prop-ja:芸名
  • 溝口 健二 (ja)
  • 溝口 健二 (ja)
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 溝口 健二(みぞぐち けんじ、1898年5月16日 - 1956年8月24日)は、日本の映画監督である。日本映画を代表する監督のひとりで、1920年代から1950年代にわたるキャリアの中で、『祇園の姉妹』(1936年)、『残菊物語』(1939年)、『西鶴一代女』(1952年)、『雨月物語』(1953年)、『山椒大夫』(1954年)など約90本の作品を監督した。ワンシーン・ワンショットや移動撮影を用いた映像表現と完全主義的な演出で、社会や男性の犠牲となる女性の姿をリアルに描いたことで知られている。小津安二郎や黒澤明とともに国際的にも高い評価を受けており、1950年代にはヴェネツィア国際映画祭で作品が3年連続で受賞し、フランスのヌーヴェルヴァーグの監督などにも影響を与えた。 (ja)
  • 溝口 健二(みぞぐち けんじ、1898年5月16日 - 1956年8月24日)は、日本の映画監督である。日本映画を代表する監督のひとりで、1920年代から1950年代にわたるキャリアの中で、『祇園の姉妹』(1936年)、『残菊物語』(1939年)、『西鶴一代女』(1952年)、『雨月物語』(1953年)、『山椒大夫』(1954年)など約90本の作品を監督した。ワンシーン・ワンショットや移動撮影を用いた映像表現と完全主義的な演出で、社会や男性の犠牲となる女性の姿をリアルに描いたことで知られている。小津安二郎や黒澤明とともに国際的にも高い評価を受けており、1950年代にはヴェネツィア国際映画祭で作品が3年連続で受賞し、フランスのヌーヴェルヴァーグの監督などにも影響を与えた。 (ja)
rdfs:label
  • 溝口健二 (ja)
  • 溝口健二 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • みぞぐち けんじ (ja)
  • 溝口 健二 (ja)
  • みぞぐち けんじ (ja)
  • 溝口 健二 (ja)
is dbo:basedOn of
is dbo:director of
is dbo:editing of
is dbo:notableWork of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is dbo:writer of
is prop-ja:director of
is prop-ja:主な作品 of
is prop-ja:監督 of
is prop-ja:関係する人物 of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of