源 頼政(みなもと の よりまさ)は、平安時代末期の武将・公卿・歌人。兵庫頭源仲政の長男。朝廷で平家が専横を極める中、それまで正四位下を極位としていた清和源氏としては突出して従三位に叙せられ、後世においても、源三位(げんざんみ)の通称が伝わる(同時代的に「源三位」と称された人物は頼政に限らない。)。また、父と同じく「馬場」を号とし馬場頼政(ばば の よりまさ)ともいう。 保元の乱と平治の乱で勝者の側に属し、戦後は平氏政権下で源氏の長老として中央政界に留まった。平清盛から信頼され、晩年には武士としては破格の従三位に昇り公卿に列した。だが、平家の専横に不満が高まる中で、後白河天皇の皇子である以仁王と結んで挙兵を計画し、諸国の源氏に平家打倒の令旨を伝えた。計画が露見して準備不足のまま挙兵を余儀なくされ、そのまま平家の追討を受けて宇治平等院の戦いに敗れ自害した(以仁王の挙兵)。

Property Value
dbo:abstract
  • 源 頼政(みなもと の よりまさ)は、平安時代末期の武将・公卿・歌人。兵庫頭源仲政の長男。朝廷で平家が専横を極める中、それまで正四位下を極位としていた清和源氏としては突出して従三位に叙せられ、後世においても、源三位(げんざんみ)の通称が伝わる(同時代的に「源三位」と称された人物は頼政に限らない。)。また、父と同じく「馬場」を号とし馬場頼政(ばば の よりまさ)ともいう。 保元の乱と平治の乱で勝者の側に属し、戦後は平氏政権下で源氏の長老として中央政界に留まった。平清盛から信頼され、晩年には武士としては破格の従三位に昇り公卿に列した。だが、平家の専横に不満が高まる中で、後白河天皇の皇子である以仁王と結んで挙兵を計画し、諸国の源氏に平家打倒の令旨を伝えた。計画が露見して準備不足のまま挙兵を余儀なくされ、そのまま平家の追討を受けて宇治平等院の戦いに敗れ自害した(以仁王の挙兵)。 (ja)
  • 源 頼政(みなもと の よりまさ)は、平安時代末期の武将・公卿・歌人。兵庫頭源仲政の長男。朝廷で平家が専横を極める中、それまで正四位下を極位としていた清和源氏としては突出して従三位に叙せられ、後世においても、源三位(げんざんみ)の通称が伝わる(同時代的に「源三位」と称された人物は頼政に限らない。)。また、父と同じく「馬場」を号とし馬場頼政(ばば の よりまさ)ともいう。 保元の乱と平治の乱で勝者の側に属し、戦後は平氏政権下で源氏の長老として中央政界に留まった。平清盛から信頼され、晩年には武士としては破格の従三位に昇り公卿に列した。だが、平家の専横に不満が高まる中で、後白河天皇の皇子である以仁王と結んで挙兵を計画し、諸国の源氏に平家打倒の令旨を伝えた。計画が露見して準備不足のまま挙兵を余儀なくされ、そのまま平家の追討を受けて宇治平等院の戦いに敗れ自害した(以仁王の挙兵)。 (ja)
dbo:alias
  • 三品禅門、馬場頼政 (ja)
  • 源三位、源三位入道、入道三品 (ja)
  • 蓮華寺建法澤山頼圓 (ja)
  • 頼政→真蓮(法名)→頼円 (ja)
  • 三品禅門、馬場頼政 (ja)
  • 源三位、源三位入道、入道三品 (ja)
  • 蓮華寺建法澤山頼圓 (ja)
  • 頼政→真蓮(法名)→頼円 (ja)
dbo:child
dbo:parent
dbo:sibling
dbo:spouse
dbo:wikiPageID
  • 122477 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 13587 (xsd:nonNegativeInteger)
  • 14171 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80226807 (xsd:integer)
  • 86789338 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:兄弟
prop-ja:別名
  • 三品禅門、馬場頼政 (ja)
  • 源三位、源三位入道、入道三品 (ja)
  • 三品禅門、馬場頼政 (ja)
  • 源三位、源三位入道、入道三品 (ja)
prop-ja:墓所
  • 京都府宇治市宇治蓮華の平等院最勝院 (ja)
  • 岐阜県関市植野の蓮華寺(首塚)ほか (ja)
  • 京都府宇治市宇治蓮華の平等院最勝院 (ja)
  • 岐阜県関市植野の蓮華寺(首塚)ほか (ja)
prop-ja:
prop-ja:
  • dbpedia-ja:村上経業
  • 養子:国政、兼綱、仲家、宗頼、政綱 (ja)
  • 仲綱、頼兼、広綱、頼尊、散尊、二条院讃岐(藤原重頼室)、藤原隆保室、藤原憲定室 (ja)
prop-ja:官位
prop-ja:戒名
  • 蓮華寺建法澤山頼圓 (ja)
  • 蓮華寺建法澤山頼圓 (ja)
prop-ja:改名
  • 頼政→真蓮(法名)→頼円 (ja)
  • 頼政→真蓮(法名)→頼円 (ja)
prop-ja:時代
prop-ja:死没
  • --05-26
prop-ja:氏名
  • 源頼政 (ja)
  • 源頼政 (ja)
prop-ja:氏族
  • 清和源氏頼光流(摂津源氏) (ja)
  • 清和源氏頼光流(摂津源氏) (ja)
prop-ja:父母
  • 父:源仲政、母:藤原友実の娘 (ja)
  • 父:源仲政、母:藤原友実の娘 (ja)
prop-ja:生誕
prop-ja:画像
  • Minamoto no Yorimasa2.jpg (ja)
  • Minamoto no Yorimasa2.jpg (ja)
prop-ja:画像サイズ
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:画像説明
  • 源三位頼政像(MOA美術館蔵) (ja)
  • 源三位頼政像(MOA美術館蔵) (ja)
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 源 頼政(みなもと の よりまさ)は、平安時代末期の武将・公卿・歌人。兵庫頭源仲政の長男。朝廷で平家が専横を極める中、それまで正四位下を極位としていた清和源氏としては突出して従三位に叙せられ、後世においても、源三位(げんざんみ)の通称が伝わる(同時代的に「源三位」と称された人物は頼政に限らない。)。また、父と同じく「馬場」を号とし馬場頼政(ばば の よりまさ)ともいう。 保元の乱と平治の乱で勝者の側に属し、戦後は平氏政権下で源氏の長老として中央政界に留まった。平清盛から信頼され、晩年には武士としては破格の従三位に昇り公卿に列した。だが、平家の専横に不満が高まる中で、後白河天皇の皇子である以仁王と結んで挙兵を計画し、諸国の源氏に平家打倒の令旨を伝えた。計画が露見して準備不足のまま挙兵を余儀なくされ、そのまま平家の追討を受けて宇治平等院の戦いに敗れ自害した(以仁王の挙兵)。 (ja)
  • 源 頼政(みなもと の よりまさ)は、平安時代末期の武将・公卿・歌人。兵庫頭源仲政の長男。朝廷で平家が専横を極める中、それまで正四位下を極位としていた清和源氏としては突出して従三位に叙せられ、後世においても、源三位(げんざんみ)の通称が伝わる(同時代的に「源三位」と称された人物は頼政に限らない。)。また、父と同じく「馬場」を号とし馬場頼政(ばば の よりまさ)ともいう。 保元の乱と平治の乱で勝者の側に属し、戦後は平氏政権下で源氏の長老として中央政界に留まった。平清盛から信頼され、晩年には武士としては破格の従三位に昇り公卿に列した。だが、平家の専横に不満が高まる中で、後白河天皇の皇子である以仁王と結んで挙兵を計画し、諸国の源氏に平家打倒の令旨を伝えた。計画が露見して準備不足のまま挙兵を余儀なくされ、そのまま平家の追討を受けて宇治平等院の戦いに敗れ自害した(以仁王の挙兵)。 (ja)
rdfs:label
  • 源頼政 (ja)
  • 源頼政 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 源頼政 (ja)
  • 源頼政 (ja)
is dbo:child of
is dbo:enshrinedDeity of
is dbo:opponents of
is dbo:parent of
is dbo:sibling of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:commander of
is prop-ja:主な祭神 of
is prop-ja:主君 of
is prop-ja:人物 of
is prop-ja: of
is prop-ja:本姓 of
is prop-ja:祭神 of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of