源 義朝(みなもと の よしとも)は、平安時代の河内源氏六代目棟梁。源為義の長男。母は白河院近臣であるの娘。源頼朝・源義経らの父。 源義家の死後、河内源氏は源義光を発端とする内紛によって都での地位を凋落させていた。都から東国へ下向した義朝は、在地豪族を組織して勢力を伸ばし、再び都へ戻って下野守に任じられる。東国武士団を率いて保元の乱で戦功を挙げ、左馬頭に任じられて名を挙げるが、3年後の平治の乱で藤原信頼方に与して敗北し、都を落ち延びる道中尾張国で家人に裏切られ謀殺された。

Property Value
dbo:abstract
  • 源 義朝(みなもと の よしとも)は、平安時代の河内源氏六代目棟梁。源為義の長男。母は白河院近臣であるの娘。源頼朝・源義経らの父。 源義家の死後、河内源氏は源義光を発端とする内紛によって都での地位を凋落させていた。都から東国へ下向した義朝は、在地豪族を組織して勢力を伸ばし、再び都へ戻って下野守に任じられる。東国武士団を率いて保元の乱で戦功を挙げ、左馬頭に任じられて名を挙げるが、3年後の平治の乱で藤原信頼方に与して敗北し、都を落ち延びる道中尾張国で家人に裏切られ謀殺された。 (ja)
  • 源 義朝(みなもと の よしとも)は、平安時代の河内源氏六代目棟梁。源為義の長男。母は白河院近臣であるの娘。源頼朝・源義経らの父。 源義家の死後、河内源氏は源義光を発端とする内紛によって都での地位を凋落させていた。都から東国へ下向した義朝は、在地豪族を組織して勢力を伸ばし、再び都へ戻って下野守に任じられる。東国武士団を率いて保元の乱で戦功を挙げ、左馬頭に任じられて名を挙げるが、3年後の平治の乱で藤原信頼方に与して敗北し、都を落ち延びる道中尾張国で家人に裏切られ謀殺された。 (ja)
dbo:alias
  • 勝定寿院 (ja)
  • 上総曹司、左典厩、下野守、頭殿、大僕卿 (ja)
  • 勝定寿院 (ja)
  • 上総曹司、左典厩、下野守、頭殿、大僕卿 (ja)
dbo:child
dbo:parent
dbo:sibling
dbo:spouse
dbo:wikiPageID
  • 68302 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 13208 (xsd:nonNegativeInteger)
  • 13370 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81566719 (xsd:integer)
  • 86134877 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:主君
prop-ja:兄弟
prop-ja:別名
  • 上総曹司、左典厩、下野守、頭殿、大僕卿 (ja)
  • 上総曹司、左典厩、下野守、頭殿、大僕卿 (ja)
prop-ja:墓所
  • 愛知県美浜町 野間大坊 (ja)
  • 愛知県美浜町 野間大坊 (ja)
prop-ja:
  • 側室:常盤御前、三浦義明娘、波多野義通妹、遠江国池田宿遊女、青墓長者大炊 (ja)
  • 正室:藤原季範娘(由良御前) (ja)
  • 側室:常盤御前、三浦義明娘、波多野義通妹、遠江国池田宿遊女、青墓長者大炊 (ja)
  • 正室:藤原季範娘(由良御前) (ja)
prop-ja:
prop-ja:官位
prop-ja:戒名
  • 勝定寿院 (ja)
  • 勝定寿院 (ja)
prop-ja:時代
prop-ja:死没
  • --01-03
prop-ja:氏名
  • 源義朝 (ja)
  • 源義朝 (ja)
prop-ja:氏族
  • 清和源氏義親流(河内源氏) (ja)
  • 清和源氏義親流河内源氏 (ja)
  • 清和源氏義親流(河内源氏) (ja)
  • 清和源氏義親流河内源氏 (ja)
prop-ja:父母
  • 父:源為義、母:白河院近臣・藤原忠清の娘 (ja)
  • 父:源為義、母:白河院近臣・藤原忠清の娘 (ja)
prop-ja:生誕
  • 保安4年(1123年) (ja)
  • 保安4年(1123年) (ja)
prop-ja:画像
  • 元平治合戦源義朝白河殿夜討之図.jpg (ja)
  • 元平治合戦源義朝白河殿夜討之図.jpg (ja)
prop-ja:画像説明
  • 元平治合戦源義朝白河殿夜討之図 東京都立図書館 歌川芳虎 (ja)
  • 元平治合戦源義朝白河殿夜討之図 東京都立図書館 歌川芳虎 (ja)
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 源 義朝(みなもと の よしとも)は、平安時代の河内源氏六代目棟梁。源為義の長男。母は白河院近臣であるの娘。源頼朝・源義経らの父。 源義家の死後、河内源氏は源義光を発端とする内紛によって都での地位を凋落させていた。都から東国へ下向した義朝は、在地豪族を組織して勢力を伸ばし、再び都へ戻って下野守に任じられる。東国武士団を率いて保元の乱で戦功を挙げ、左馬頭に任じられて名を挙げるが、3年後の平治の乱で藤原信頼方に与して敗北し、都を落ち延びる道中尾張国で家人に裏切られ謀殺された。 (ja)
  • 源 義朝(みなもと の よしとも)は、平安時代の河内源氏六代目棟梁。源為義の長男。母は白河院近臣であるの娘。源頼朝・源義経らの父。 源義家の死後、河内源氏は源義光を発端とする内紛によって都での地位を凋落させていた。都から東国へ下向した義朝は、在地豪族を組織して勢力を伸ばし、再び都へ戻って下野守に任じられる。東国武士団を率いて保元の乱で戦功を挙げ、左馬頭に任じられて名を挙げるが、3年後の平治の乱で藤原信頼方に与して敗北し、都を落ち延びる道中尾張国で家人に裏切られ謀殺された。 (ja)
rdfs:label
  • 源義朝 (ja)
  • 源義朝 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 源義朝 (ja)
  • 源義朝 (ja)
is dbo:child of
is dbo:opponents of
is dbo:parent of
is dbo:sibling of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:commander of
is prop-ja:主君 of
is prop-ja:人物 of
is prop-ja:兄弟 of
is prop-ja: of
is prop-ja:特記事項 of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of