源 範頼(みなもと の のりより)は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての武将。河内源氏の流れを汲む源義朝の六男。源頼朝の異母弟で、源義経の異母兄。 遠江国蒲御厨(現静岡県浜松市)で生まれ育ったため蒲冠者(かばのかじゃ)、蒲殿(かばどの)とも呼ばれる。その後、藤原範季に養育され、その一字を取り「範頼」と名乗る。治承・寿永の乱において、頼朝の代官として大軍を率いて源義仲・平氏追討に赴き、義経と共にこれらを討ち滅ぼす大任を果たした。その後も源氏一門として、鎌倉幕府において重きをなすが、のちに頼朝に謀反の疑いをかけられ伊豆国に流された。 武蔵国横見郡吉見(現在の埼玉県比企郡吉見町)のあたりを領して吉見御所と尊称された。

Property Value
dbo:abstract
  • 源 範頼(みなもと の のりより)は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての武将。河内源氏の流れを汲む源義朝の六男。源頼朝の異母弟で、源義経の異母兄。 遠江国蒲御厨(現静岡県浜松市)で生まれ育ったため蒲冠者(かばのかじゃ)、蒲殿(かばどの)とも呼ばれる。その後、藤原範季に養育され、その一字を取り「範頼」と名乗る。治承・寿永の乱において、頼朝の代官として大軍を率いて源義仲・平氏追討に赴き、義経と共にこれらを討ち滅ぼす大任を果たした。その後も源氏一門として、鎌倉幕府において重きをなすが、のちに頼朝に謀反の疑いをかけられ伊豆国に流された。 武蔵国横見郡吉見(現在の埼玉県比企郡吉見町)のあたりを領して吉見御所と尊称された。 (ja)
  • 源 範頼(みなもと の のりより)は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての武将。河内源氏の流れを汲む源義朝の六男。源頼朝の異母弟で、源義経の異母兄。 遠江国蒲御厨(現静岡県浜松市)で生まれ育ったため蒲冠者(かばのかじゃ)、蒲殿(かばどの)とも呼ばれる。その後、藤原範季に養育され、その一字を取り「範頼」と名乗る。治承・寿永の乱において、頼朝の代官として大軍を率いて源義仲・平氏追討に赴き、義経と共にこれらを討ち滅ぼす大任を果たした。その後も源氏一門として、鎌倉幕府において重きをなすが、のちに頼朝に謀反の疑いをかけられ伊豆国に流された。 武蔵国横見郡吉見(現在の埼玉県比企郡吉見町)のあたりを領して吉見御所と尊称された。 (ja)
dbo:alias
  • 名巌大居士 (ja)
  • 蒲冠者、蒲殿、参州、吉見御所 (ja)
  • 名巌大居士 (ja)
  • 蒲冠者、蒲殿、参州、吉見御所 (ja)
dbo:child
dbo:parent
dbo:sibling
dbo:spouse
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 113594 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 10459 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81218300 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:兄弟
prop-ja:別名
  • 蒲冠者、蒲殿、参州、吉見御所 (ja)
  • 蒲冠者、蒲殿、参州、吉見御所 (ja)
prop-ja:墓所
  • 伊豆市修禅寺温泉場西北側の山腹 (ja)
  • 伊豆市修禅寺温泉場西北側の山腹 (ja)
prop-ja:
prop-ja:
  • 範圓、源昭 (ja)
  • 範圓、源昭 (ja)
prop-ja:官位
prop-ja:戒名
  • 名巌大居士 (ja)
  • 名巌大居士 (ja)
prop-ja:時代
prop-ja:死没
  • --08-17
prop-ja:氏名
  • 源範頼 (ja)
  • 源範頼 (ja)
prop-ja:氏族
  • 清和源氏為義流(河内源氏) (ja)
  • 清和源氏為義流(河内源氏) (ja)
prop-ja:父母
  • 父:源義朝、母:池田宿(磐田市)の遊女 (ja)
  • 養父:藤原範季 (ja)
  • 父:源義朝、母:池田宿(磐田市)の遊女 (ja)
  • 養父:藤原範季 (ja)
prop-ja:生誕
  • 久安6年(1150年)? (ja)
  • 久安6年(1150年)? (ja)
prop-ja:画像
  • Minamoto no Noriyori.jpg (ja)
  • Minamoto no Noriyori.jpg (ja)
prop-ja:画像サイズ
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:画像説明
  • 源範頼像(横浜市金沢区太寧寺蔵) (ja)
  • 源範頼像(横浜市金沢区太寧寺蔵) (ja)
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 源 範頼(みなもと の のりより)は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての武将。河内源氏の流れを汲む源義朝の六男。源頼朝の異母弟で、源義経の異母兄。 遠江国蒲御厨(現静岡県浜松市)で生まれ育ったため蒲冠者(かばのかじゃ)、蒲殿(かばどの)とも呼ばれる。その後、藤原範季に養育され、その一字を取り「範頼」と名乗る。治承・寿永の乱において、頼朝の代官として大軍を率いて源義仲・平氏追討に赴き、義経と共にこれらを討ち滅ぼす大任を果たした。その後も源氏一門として、鎌倉幕府において重きをなすが、のちに頼朝に謀反の疑いをかけられ伊豆国に流された。 武蔵国横見郡吉見(現在の埼玉県比企郡吉見町)のあたりを領して吉見御所と尊称された。 (ja)
  • 源 範頼(みなもと の のりより)は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての武将。河内源氏の流れを汲む源義朝の六男。源頼朝の異母弟で、源義経の異母兄。 遠江国蒲御厨(現静岡県浜松市)で生まれ育ったため蒲冠者(かばのかじゃ)、蒲殿(かばどの)とも呼ばれる。その後、藤原範季に養育され、その一字を取り「範頼」と名乗る。治承・寿永の乱において、頼朝の代官として大軍を率いて源義仲・平氏追討に赴き、義経と共にこれらを討ち滅ぼす大任を果たした。その後も源氏一門として、鎌倉幕府において重きをなすが、のちに頼朝に謀反の疑いをかけられ伊豆国に流された。 武蔵国横見郡吉見(現在の埼玉県比企郡吉見町)のあたりを領して吉見御所と尊称された。 (ja)
rdfs:label
  • 源範頼 (ja)
  • 源範頼 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 源範頼 (ja)
  • 源範頼 (ja)
is dbo:opponents of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:commander of
is prop-ja:兄弟 of
is prop-ja: of
is prop-ja:家祖 of
is foaf:primaryTopic of