源為義(みなもと の ためよし)は、平安時代末期の武将。祖父は源義家、父は源義親。叔父の源義忠暗殺後に河内源氏の棟梁と称す。なお父は源義家で、源義親と義忠は兄にあたるという説もある。通称は六条判官、陸奥四郎。源頼朝・源義経らの祖父。 当初は白河法皇・鳥羽上皇に伺候するが度重なる不祥事で信任を失い、検非違使を辞任する。その後、摂関家の藤原忠実・頼長父子に接近することで勢力の回復を図り、従五位下左衛門大尉となって検非違使への復帰を果たすが、八男の源為朝の乱行により解官となる。保元の乱において崇徳上皇方の主力として戦うが敗北し、後白河天皇方についた長男の源義朝の手で処刑された。

Property Value
dbo:abstract
  • 源為義(みなもと の ためよし)は、平安時代末期の武将。祖父は源義家、父は源義親。叔父の源義忠暗殺後に河内源氏の棟梁と称す。なお父は源義家で、源義親と義忠は兄にあたるという説もある。通称は六条判官、陸奥四郎。源頼朝・源義経らの祖父。 当初は白河法皇・鳥羽上皇に伺候するが度重なる不祥事で信任を失い、検非違使を辞任する。その後、摂関家の藤原忠実・頼長父子に接近することで勢力の回復を図り、従五位下左衛門大尉となって検非違使への復帰を果たすが、八男の源為朝の乱行により解官となる。保元の乱において崇徳上皇方の主力として戦うが敗北し、後白河天皇方についた長男の源義朝の手で処刑された。 (ja)
  • 源為義(みなもと の ためよし)は、平安時代末期の武将。祖父は源義家、父は源義親。叔父の源義忠暗殺後に河内源氏の棟梁と称す。なお父は源義家で、源義親と義忠は兄にあたるという説もある。通称は六条判官、陸奥四郎。源頼朝・源義経らの祖父。 当初は白河法皇・鳥羽上皇に伺候するが度重なる不祥事で信任を失い、検非違使を辞任する。その後、摂関家の藤原忠実・頼長父子に接近することで勢力の回復を図り、従五位下左衛門大尉となって検非違使への復帰を果たすが、八男の源為朝の乱行により解官となる。保元の乱において崇徳上皇方の主力として戦うが敗北し、後白河天皇方についた長男の源義朝の手で処刑された。 (ja)
dbo:alias
  • 六条判官、陸奥四郎 (ja)
  • 六条判官、陸奥四郎 (ja)
dbo:child
dbo:parent
dbo:sibling
dbo:spouse
dbo:wikiPageID
  • 70930 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 8780 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 78187672 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:主君
prop-ja:兄弟
prop-ja:別名
  • 六条判官、陸奥四郎 (ja)
  • 六条判官、陸奥四郎 (ja)
prop-ja:墓所
  • 京都府京都市下京区朱雀裏畑町 権現寺 (ja)
  • 京都府京都市下京区朱雀裏畑町 権現寺 (ja)
prop-ja:
prop-ja:
  • 義朝、義賢、義憲、頼賢、頼仲、為宗、為成、為朝、為仲、行家、維義?、頼定?、正親?、仙覚、乙若、亀若、鶴若、天王、美濃局、鳥居禅尼、佐々木秀義室、藤原光隆室、他 (ja)
  • 義朝、義賢、義憲、頼賢、頼仲、為宗、為成、為朝、為仲、行家、維義?、頼定?、正親?、仙覚、乙若、亀若、鶴若、天王、美濃局、鳥居禅尼、佐々木秀義室、藤原光隆室、他 (ja)
prop-ja:官位
prop-ja:時代
prop-ja:死没
  • --07-30
prop-ja:氏名
  • 源為義 (ja)
  • 源為義 (ja)
prop-ja:氏族
prop-ja:父母
  • 父:源義親、母:不明 (ja)
  • 父:源義親、母:不明 (ja)
prop-ja:生誕
prop-ja:画像
  • Minamoto no Tameyoshi.jpg (ja)
  • Minamoto no Tameyoshi.jpg (ja)
prop-ja:画像サイズ
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:画像説明
  • 源為義像/白峯神宮蔵 (ja)
  • 源為義像/白峯神宮蔵 (ja)
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 源為義(みなもと の ためよし)は、平安時代末期の武将。祖父は源義家、父は源義親。叔父の源義忠暗殺後に河内源氏の棟梁と称す。なお父は源義家で、源義親と義忠は兄にあたるという説もある。通称は六条判官、陸奥四郎。源頼朝・源義経らの祖父。 当初は白河法皇・鳥羽上皇に伺候するが度重なる不祥事で信任を失い、検非違使を辞任する。その後、摂関家の藤原忠実・頼長父子に接近することで勢力の回復を図り、従五位下左衛門大尉となって検非違使への復帰を果たすが、八男の源為朝の乱行により解官となる。保元の乱において崇徳上皇方の主力として戦うが敗北し、後白河天皇方についた長男の源義朝の手で処刑された。 (ja)
  • 源為義(みなもと の ためよし)は、平安時代末期の武将。祖父は源義家、父は源義親。叔父の源義忠暗殺後に河内源氏の棟梁と称す。なお父は源義家で、源義親と義忠は兄にあたるという説もある。通称は六条判官、陸奥四郎。源頼朝・源義経らの祖父。 当初は白河法皇・鳥羽上皇に伺候するが度重なる不祥事で信任を失い、検非違使を辞任する。その後、摂関家の藤原忠実・頼長父子に接近することで勢力の回復を図り、従五位下左衛門大尉となって検非違使への復帰を果たすが、八男の源為朝の乱行により解官となる。保元の乱において崇徳上皇方の主力として戦うが敗北し、後白河天皇方についた長男の源義朝の手で処刑された。 (ja)
rdfs:label
  • 源為義 (ja)
  • 源為義 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 源為義 (ja)
  • 源為義 (ja)
is dbo:opponents of
is dbo:parent of
is dbo:spouse of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:commander of
is prop-ja:主君 of
is prop-ja:兄弟 of
is prop-ja: of
is prop-ja: of
is prop-ja:本姓 of
is prop-ja:父母 of
is foaf:primaryTopic of