源氏 鶏太(げんじ けいた、1912年(明治45年)4月19日 - 1985年(昭和60年)9月12日 )は、日本の小説家。富山市出身。旧制富山商業学校(現・富山県立富山商業高等学校)卒。本名、田中富雄。 住友合資会社勤務の傍ら小説を書き始め、『英語屋さん』ほか2編で直木賞受賞。『三等重役』『』『天上大風』など、長いサラリーマン生活からの体験に基づいたユーモア小説で人気を博した。戦後の昭和を代表するベストセラー作家の一人である。映画化された作品も多い。晩年は幽霊物を多く書いた。 ペンネームの由来は「平家より源氏が好きなこと」と「『鶏』という字が好きで、『鶏太』とすると、昔の武士の名前のようになる」という理由 。長男のはロシア文学研究者で東北大学名誉教授。

Property Value
dbo:abstract
  • 源氏 鶏太(げんじ けいた、1912年(明治45年)4月19日 - 1985年(昭和60年)9月12日 )は、日本の小説家。富山市出身。旧制富山商業学校(現・富山県立富山商業高等学校)卒。本名、田中富雄。 住友合資会社勤務の傍ら小説を書き始め、『英語屋さん』ほか2編で直木賞受賞。『三等重役』『』『天上大風』など、長いサラリーマン生活からの体験に基づいたユーモア小説で人気を博した。戦後の昭和を代表するベストセラー作家の一人である。映画化された作品も多い。晩年は幽霊物を多く書いた。 ペンネームの由来は「平家より源氏が好きなこと」と「『鶏』という字が好きで、『鶏太』とすると、昔の武士の名前のようになる」という理由 。長男のはロシア文学研究者で東北大学名誉教授。 (ja)
  • 源氏 鶏太(げんじ けいた、1912年(明治45年)4月19日 - 1985年(昭和60年)9月12日 )は、日本の小説家。富山市出身。旧制富山商業学校(現・富山県立富山商業高等学校)卒。本名、田中富雄。 住友合資会社勤務の傍ら小説を書き始め、『英語屋さん』ほか2編で直木賞受賞。『三等重役』『』『天上大風』など、長いサラリーマン生活からの体験に基づいたユーモア小説で人気を博した。戦後の昭和を代表するベストセラー作家の一人である。映画化された作品も多い。晩年は幽霊物を多く書いた。 ペンネームの由来は「平家より源氏が好きなこと」と「『鶏』という字が好きで、『鶏太』とすると、昔の武士の名前のようになる」という理由 。長男のはロシア文学研究者で東北大学名誉教授。 (ja)
dbo:award
dbo:birthPlace
dbo:deathDate
  • 1985-09-12 (xsd:date)
dbo:deathPlace
dbo:language
dbo:nationality
dbo:notableWork
dbo:occupation
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 35233 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 7788 (xsd:nonNegativeInteger)
  • 7949 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81408306 (xsd:integer)
  • 85395321 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:almaMater
  • 富山商業学校 (ja)
  • 富山商業学校 (ja)
prop-ja:awards
  • 紫綬褒章(1976年) (ja)
  • 勲三等瑞宝章(1983年) (ja)
  • 吉川英治文学賞(1971年) (ja)
  • 直木三十五賞(1951年) (ja)
  • 紫綬褒章(1976年) (ja)
  • 勲三等瑞宝章(1983年) (ja)
  • 吉川英治文学賞(1971年) (ja)
  • 直木三十五賞(1951年) (ja)
prop-ja:birthDate
  • --04-19
prop-ja:birthPlace
  • 富山県富山市 (ja)
  • 富山県富山市 (ja)
prop-ja:deathDate
  • 1985-09-12 (xsd:date)
prop-ja:deathPlace
  • 東京都新宿区津久戸町 (ja)
  • 東京都新宿区津久戸町 (ja)
prop-ja:debutWorks
  • 「村の代表選手」(花田春樹名義)(1934年) (ja)
  • 「村の代表選手」(花田春樹名義)(1934年) (ja)
prop-ja:language
prop-ja:name
  • 源氏 鶏太 (ja)
  • 源氏 鶏太 (ja)
prop-ja:notableWorks
  • 『三等重役』(1951-52年) (ja)
  • 『停年退職』(1962年) (ja)
  • 『口紅と鏡』(1970年) (ja)
  • 『天上大風』(1956年) (ja)
  • 『英語屋さん』(1951年) (ja)
  • 『三等重役』(1951-52年) (ja)
  • 『停年退職』(1962年) (ja)
  • 『口紅と鏡』(1970年) (ja)
  • 『天上大風』(1956年) (ja)
  • 『英語屋さん』(1951年) (ja)
prop-ja:occupation
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 源氏 鶏太(げんじ けいた、1912年(明治45年)4月19日 - 1985年(昭和60年)9月12日 )は、日本の小説家。富山市出身。旧制富山商業学校(現・富山県立富山商業高等学校)卒。本名、田中富雄。 住友合資会社勤務の傍ら小説を書き始め、『英語屋さん』ほか2編で直木賞受賞。『三等重役』『』『天上大風』など、長いサラリーマン生活からの体験に基づいたユーモア小説で人気を博した。戦後の昭和を代表するベストセラー作家の一人である。映画化された作品も多い。晩年は幽霊物を多く書いた。 ペンネームの由来は「平家より源氏が好きなこと」と「『鶏』という字が好きで、『鶏太』とすると、昔の武士の名前のようになる」という理由 。長男のはロシア文学研究者で東北大学名誉教授。 (ja)
  • 源氏 鶏太(げんじ けいた、1912年(明治45年)4月19日 - 1985年(昭和60年)9月12日 )は、日本の小説家。富山市出身。旧制富山商業学校(現・富山県立富山商業高等学校)卒。本名、田中富雄。 住友合資会社勤務の傍ら小説を書き始め、『英語屋さん』ほか2編で直木賞受賞。『三等重役』『』『天上大風』など、長いサラリーマン生活からの体験に基づいたユーモア小説で人気を博した。戦後の昭和を代表するベストセラー作家の一人である。映画化された作品も多い。晩年は幽霊物を多く書いた。 ペンネームの由来は「平家より源氏が好きなこと」と「『鶏』という字が好きで、『鶏太』とすると、昔の武士の名前のようになる」という理由 。長男のはロシア文学研究者で東北大学名誉教授。 (ja)
rdfs:label
  • 源氏鶏太 (ja)
  • 源氏鶏太 (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 源氏 鶏太 (ja)
  • 源氏 鶏太 (ja)
is dbo:basedOn of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:作者 of
is prop-ja:原作 of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of