湘南(しょうなん)は、神奈川県西部の相模湾沿岸地方を指す名称である。語源は、かつて中国に存在した長沙国にあった洞庭湖とそこに流入する瀟水と湘江の合流するあたりを瀟湘と呼び、その南部に似ていたことから、瀟湘と(洞庭)湖南より一字ずつを取り湘南としたとされている。相模湾沿岸13市町、三浦市から足柄下郡湯河原町までを指す。

Property Value
dbo:abstract
  • 湘南(しょうなん)は、神奈川県西部の相模湾沿岸地方を指す名称である。語源は、かつて中国に存在した長沙国にあった洞庭湖とそこに流入する瀟水と湘江の合流するあたりを瀟湘と呼び、その南部に似ていたことから、瀟湘と(洞庭)湖南より一字ずつを取り湘南としたとされている。相模湾沿岸13市町、三浦市から足柄下郡湯河原町までを指す。 (ja)
  • 湘南(しょうなん)は、神奈川県西部の相模湾沿岸地方を指す名称である。語源は、かつて中国に存在した長沙国にあった洞庭湖とそこに流入する瀟水と湘江の合流するあたりを瀟湘と呼び、その南部に似ていたことから、瀟湘と(洞庭)湖南より一字ずつを取り湘南としたとされている。現在は「相模国の南部」という意味あいで使用される場合も多い。この場合、地理的には、現在の神奈川県のうち武蔵国に属していた川崎市と横浜市の多く、旧相模国で「西湘」と呼ばれる小田原市周辺を除いた、神奈川県中部および南東部の三浦半島北西部の海岸部にある市町体全般(自治体や境界線の関係で寒川町や二宮町も含まれる)三浦郡葉山町から中郡大磯町二宮町までを指す。 (ja)
  • 湘南(しょうなん)は、神奈川県西部の相模湾沿岸地方を指す名称である。語源は、かつて中国に存在した長沙国にあった洞庭湖とそこに流入する瀟水と湘江の合流するあたりを瀟湘と呼び、その南部に似ていたことから、瀟湘と(洞庭)湖南より一字ずつを取り湘南としたとされている。相模湾沿岸13市町、三浦市から足柄下郡湯河原町までを指す。 (ja)
  • 湘南(しょうなん)は、神奈川県西部の相模湾沿岸地方を指す名称である。語源は、かつて中国に存在した長沙国にあった洞庭湖とそこに流入する瀟水と湘江の合流するあたりを瀟湘と呼び、その南部に似ていたことから、瀟湘と(洞庭)湖南より一字ずつを取り湘南としたとされている。現在は「相模国の南部」という意味あいで使用される場合も多い。この場合、地理的には、現在の神奈川県のうち武蔵国に属していた川崎市と横浜市の多く、旧相模国で「西湘」と呼ばれる小田原市周辺を除いた、神奈川県中部および南東部の三浦半島北西部の海岸部にある市町体全般(自治体や境界線の関係で寒川町や二宮町も含まれる)三浦郡葉山町から中郡大磯町二宮町までを指す。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 10972 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 21885 (xsd:nonNegativeInteger)
  • 22201 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81091208 (xsd:integer)
  • 85569342 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 2013 (xsd:integer)
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • 湘南(しょうなん)は、神奈川県西部の相模湾沿岸地方を指す名称である。語源は、かつて中国に存在した長沙国にあった洞庭湖とそこに流入する瀟水と湘江の合流するあたりを瀟湘と呼び、その南部に似ていたことから、瀟湘と(洞庭)湖南より一字ずつを取り湘南としたとされている。相模湾沿岸13市町、三浦市から足柄下郡湯河原町までを指す。 (ja)
  • 湘南(しょうなん)は、神奈川県西部の相模湾沿岸地方を指す名称である。語源は、かつて中国に存在した長沙国にあった洞庭湖とそこに流入する瀟水と湘江の合流するあたりを瀟湘と呼び、その南部に似ていたことから、瀟湘と(洞庭)湖南より一字ずつを取り湘南としたとされている。現在は「相模国の南部」という意味あいで使用される場合も多い。この場合、地理的には、現在の神奈川県のうち武蔵国に属していた川崎市と横浜市の多く、旧相模国で「西湘」と呼ばれる小田原市周辺を除いた、神奈川県中部および南東部の三浦半島北西部の海岸部にある市町体全般(自治体や境界線の関係で寒川町や二宮町も含まれる)三浦郡葉山町から中郡大磯町二宮町までを指す。 (ja)
  • 湘南(しょうなん)は、神奈川県西部の相模湾沿岸地方を指す名称である。語源は、かつて中国に存在した長沙国にあった洞庭湖とそこに流入する瀟水と湘江の合流するあたりを瀟湘と呼び、その南部に似ていたことから、瀟湘と(洞庭)湖南より一字ずつを取り湘南としたとされている。相模湾沿岸13市町、三浦市から足柄下郡湯河原町までを指す。 (ja)
  • 湘南(しょうなん)は、神奈川県西部の相模湾沿岸地方を指す名称である。語源は、かつて中国に存在した長沙国にあった洞庭湖とそこに流入する瀟水と湘江の合流するあたりを瀟湘と呼び、その南部に似ていたことから、瀟湘と(洞庭)湖南より一字ずつを取り湘南としたとされている。現在は「相模国の南部」という意味あいで使用される場合も多い。この場合、地理的には、現在の神奈川県のうち武蔵国に属していた川崎市と横浜市の多く、旧相模国で「西湘」と呼ばれる小田原市周辺を除いた、神奈川県中部および南東部の三浦半島北西部の海岸部にある市町体全般(自治体や境界線の関係で寒川町や二宮町も含まれる)三浦郡葉山町から中郡大磯町二宮町までを指す。 (ja)
rdfs:label
  • 湘南 (ja)
  • 湘南 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:hometown of
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:origin of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of