渋谷 慶一郎(しぶや けいいちろう、1973年5月12日 - )日本の音楽家、作曲家、自身による舞台作品のプロデュースを手がける。東京藝術大学作曲科卒業。父は社会学者の渋谷重光。妻はモデル・アーティストのmaria(2008年6月に30歳で死去)。 2002年に音楽レーベルATAKを設立。作品は先鋭的な電子音楽作品からピアノソロ、オペラ、オーケストラ、映画音楽、サウンドインスタレーションまで多岐にわたる。 2012年、初音ミク主演による人間不在のボーカロイド・オペラ『THE END』を発表。同作は、2013年にパリ シャトレ座で公演されて以降、世界中で上演された。2018年にはAIを搭載した人型アンドロイドがオーケストラを指揮しながら歌うアンドロイド・オペラ『Scary Beauty』を発表。2019年9月にはアルス・エレクトロニカ(オーストリア・リンツ)で仏教音楽・声明とエレクトロニクスによる新作『Heavy Requiem』を披露。 2020年9月、草彅剛主演・内田英治監督の映画「ミッドナイトスワン」の音楽を担当、予告編はYouTube再生再生回数が500万回を超え、映画のサウンドトラックを再構成したピアノソロ・アルバム「ATAK024 Midnight Swan」も大きく注目を集めている。 作品を通して人間とテクノロジー、生と死の境界領域を問いかけている。

Property Value
dbo:abstract
  • 渋谷 慶一郎(しぶや けいいちろう、1973年5月12日 - )日本の音楽家、作曲家、自身による舞台作品のプロデュースを手がける。東京藝術大学作曲科卒業。父は社会学者の渋谷重光。妻はモデル・アーティストのmaria(2008年6月に30歳で死去)。 2002年に音楽レーベルATAKを設立。作品は先鋭的な電子音楽作品からピアノソロ、オペラ、オーケストラ、映画音楽、サウンドインスタレーションまで多岐にわたる。 2012年、初音ミク主演による人間不在のボーカロイド・オペラ『THE END』を発表。同作は、2013年にパリ シャトレ座で公演されて以降、世界中で上演された。2018年にはAIを搭載した人型アンドロイドがオーケストラを指揮しながら歌うアンドロイド・オペラ『Scary Beauty』を発表。2019年9月にはアルス・エレクトロニカ(オーストリア・リンツ)で仏教音楽・声明とエレクトロニクスによる新作『Heavy Requiem』を披露。 2020年9月、草彅剛主演・内田英治監督の映画「ミッドナイトスワン」の音楽を担当、予告編はYouTube再生再生回数が500万回を超え、映画のサウンドトラックを再構成したピアノソロ・アルバム「ATAK024 Midnight Swan」も大きく注目を集めている。 2021年8月には新国立劇場で新作オペラ「Super Angels」(指揮・大野和士、脚本・島田雅彦)が予定されている。 また、これまでにフランスのパレ・ド・トーキョーでアーティストの杉本博司、ロボット研究者の石黒浩と、パリ・オペラ座でエトワールのジェレミー・ベランガールとなど数多くのコラボレーションを発表。世界的な人工生命の研究者である池上高志とは15年に及ぶノイズや立体音響による協働、開発を行なっている。 作品を通して人間とテクノロジー、生と死の境界領域を問いかけている。 (ja)
  • 渋谷 慶一郎(しぶや けいいちろう、1973年5月12日 - )日本の音楽家、作曲家、自身による舞台作品のプロデュースを手がける。東京藝術大学作曲科卒業。父は社会学者の渋谷重光。妻はモデル・アーティストのmaria(2008年6月に30歳で死去)。 2002年に音楽レーベルATAKを設立。作品は先鋭的な電子音楽作品からピアノソロ、オペラ、オーケストラ、映画音楽、サウンドインスタレーションまで多岐にわたる。 2012年、初音ミク主演による人間不在のボーカロイド・オペラ『THE END』を発表。同作は、2013年にパリ シャトレ座で公演されて以降、世界中で上演された。2018年にはAIを搭載した人型アンドロイドがオーケストラを指揮しながら歌うアンドロイド・オペラ『Scary Beauty』を発表。2019年9月にはアルス・エレクトロニカ(オーストリア・リンツ)で仏教音楽・声明とエレクトロニクスによる新作『Heavy Requiem』を披露。 2020年9月、草彅剛主演・内田英治監督の映画「ミッドナイトスワン」の音楽を担当、予告編はYouTube再生再生回数が500万回を超え、映画のサウンドトラックを再構成したピアノソロ・アルバム「ATAK024 Midnight Swan」も大きく注目を集めている。 2021年8月には新国立劇場で新作オペラ「Super Angels」(指揮・大野和士、脚本・島田雅彦)が予定されている。 また、これまでにフランスのパレ・ド・トーキョーでアーティストの杉本博司、ロボット研究者の石黒浩と、パリ・オペラ座でエトワールのジェレミー・ベランガールとなど数多くのコラボレーションを発表。世界的な人工生命の研究者である池上高志とは15年に及ぶノイズや立体音響による協働、開発を行なっている。 作品を通して人間とテクノロジー、生と死の境界領域を問いかけている。 (ja)
dbo:activeYearsEndYear
  • 2002-01-01 (xsd:gYear)
dbo:activeYearsStartYear
  • 2002-01-01 (xsd:gYear)
dbo:background
  • maker
dbo:genre
dbo:hometown
dbo:instrument
dbo:occupation
dbo:recordLabel
dbo:school
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 1481502 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 10458 (xsd:nonNegativeInteger)
  • 10745 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81226195 (xsd:integer)
  • 83788020 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:background
  • maker (ja)
  • maker (ja)
prop-ja:genre
prop-ja:instrument
prop-ja:label
prop-ja:name
  • 渋谷慶一郎 (ja)
  • 渋谷慶一郎 (ja)
prop-ja:occupation
prop-ja:schoolBackground
prop-ja:url
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:yearsActive
  • 2002 (xsd:integer)
prop-ja:
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 渋谷 慶一郎(しぶや けいいちろう、1973年5月12日 - )日本の音楽家、作曲家、自身による舞台作品のプロデュースを手がける。東京藝術大学作曲科卒業。父は社会学者の渋谷重光。妻はモデル・アーティストのmaria(2008年6月に30歳で死去)。 2002年に音楽レーベルATAKを設立。作品は先鋭的な電子音楽作品からピアノソロ、オペラ、オーケストラ、映画音楽、サウンドインスタレーションまで多岐にわたる。 2012年、初音ミク主演による人間不在のボーカロイド・オペラ『THE END』を発表。同作は、2013年にパリ シャトレ座で公演されて以降、世界中で上演された。2018年にはAIを搭載した人型アンドロイドがオーケストラを指揮しながら歌うアンドロイド・オペラ『Scary Beauty』を発表。2019年9月にはアルス・エレクトロニカ(オーストリア・リンツ)で仏教音楽・声明とエレクトロニクスによる新作『Heavy Requiem』を披露。 2020年9月、草彅剛主演・内田英治監督の映画「ミッドナイトスワン」の音楽を担当、予告編はYouTube再生再生回数が500万回を超え、映画のサウンドトラックを再構成したピアノソロ・アルバム「ATAK024 Midnight Swan」も大きく注目を集めている。 作品を通して人間とテクノロジー、生と死の境界領域を問いかけている。 (ja)
  • 渋谷 慶一郎(しぶや けいいちろう、1973年5月12日 - )日本の音楽家、作曲家、自身による舞台作品のプロデュースを手がける。東京藝術大学作曲科卒業。父は社会学者の渋谷重光。妻はモデル・アーティストのmaria(2008年6月に30歳で死去)。 2002年に音楽レーベルATAKを設立。作品は先鋭的な電子音楽作品からピアノソロ、オペラ、オーケストラ、映画音楽、サウンドインスタレーションまで多岐にわたる。 2012年、初音ミク主演による人間不在のボーカロイド・オペラ『THE END』を発表。同作は、2013年にパリ シャトレ座で公演されて以降、世界中で上演された。2018年にはAIを搭載した人型アンドロイドがオーケストラを指揮しながら歌うアンドロイド・オペラ『Scary Beauty』を発表。2019年9月にはアルス・エレクトロニカ(オーストリア・リンツ)で仏教音楽・声明とエレクトロニクスによる新作『Heavy Requiem』を披露。 2020年9月、草彅剛主演・内田英治監督の映画「ミッドナイトスワン」の音楽を担当、予告編はYouTube再生再生回数が500万回を超え、映画のサウンドトラックを再構成したピアノソロ・アルバム「ATAK024 Midnight Swan」も大きく注目を集めている。 作品を通して人間とテクノロジー、生と死の境界領域を問いかけている。 (ja)
rdfs:label
  • 渋谷慶一郎 (ja)
  • 渋谷慶一郎 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 渋谷慶一郎 (ja)
  • 渋谷慶一郎 (ja)
is dbo:musicComposer of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:artist of
is prop-ja:founder of
is prop-ja:音楽 of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of