海驢島(とどじま、とどしま)は、北海道礼文郡礼文町(大字船泊村)に属する無人島。名称は「海馬島」や「トド島」とも表記され、またアイヌ語における名称はポンモシリ(Ponmosir)である。礼文島のスコトン岬から北方約1キロメートル沖合に位置する離島であり、白浜の須古頓漁港から直線距離にして約2キロメートル、江戸屋の浜中漁港からは約3キロメートル離れている。利尻礼文サロベツ国立公園に含まれる島であり、20世紀初頭から1980年代にかけては昆布やウニの漁期に限って漁業者が居住していた。高台には海驢島灯台が存在する。

Property Value
dbo:abstract
  • 海驢島(とどじま、とどしま)は、北海道礼文郡礼文町(大字船泊村)に属する無人島。名称は「海馬島」や「トド島」とも表記され、またアイヌ語における名称はポンモシリ(Ponmosir)である。礼文島のスコトン岬から北方約1キロメートル沖合に位置する離島であり、白浜の須古頓漁港から直線距離にして約2キロメートル、江戸屋の浜中漁港からは約3キロメートル離れている。利尻礼文サロベツ国立公園に含まれる島であり、20世紀初頭から1980年代にかけては昆布やウニの漁期に限って漁業者が居住していた。高台には海驢島灯台が存在する。 (ja)
  • 海驢島(とどじま、とどしま)は、北海道礼文郡礼文町(大字船泊村)に属する無人島。名称は「海馬島」や「トド島」とも表記され、またアイヌ語における名称はポンモシリ(Ponmosir)である。礼文島のスコトン岬から北方約1キロメートル沖合に位置する離島であり、白浜の須古頓漁港から直線距離にして約2キロメートル、江戸屋の浜中漁港からは約3キロメートル離れている。利尻礼文サロベツ国立公園に含まれる島であり、20世紀初頭から1980年代にかけては昆布やウニの漁期に限って漁業者が居住していた。高台には海驢島灯台が存在する。 (ja)
dbo:country
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 1539271 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 21431 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 79010427 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:osmズーム
  • 10 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:光達距離
  • --07-21
prop-ja:初点灯
  • --11-27
prop-ja:名称
  • 海驢島灯台 (ja)
  • 海驢島灯台 (ja)
prop-ja:周囲
  • 4 (xsd:integer)
prop-ja:
  • 北海道礼文郡礼文町 (ja)
  • 北海道礼文郡礼文町 (ja)
prop-ja:塗色・構造
  • 白黒2色 塔形 (ja)
  • 白黒2色 塔形 (ja)
prop-ja:島名
  • 海驢島 (ja)
  • 海驢島 (ja)
prop-ja:所在地
  • 北海道礼文郡礼文町 (ja)
  • 大字船泊村字海驢島 (ja)
  • 北海道礼文郡礼文町 (ja)
  • 大字船泊村字海驢島 (ja)
prop-ja:標高
  • 44 (xsd:integer)
prop-ja:海域
prop-ja:灯質
  • 単閃白光、毎3秒に1閃光 (ja)
  • 単閃白光、毎3秒に1閃光 (ja)
prop-ja:画像
  • 280 (xsd:integer)
prop-ja:画像説明
  • --09-03
prop-ja:管轄
prop-ja:経度分
  • 57 (xsd:integer)
prop-ja:経度度
  • 140 (xsd:integer)
prop-ja:経度秒
  • 52 (xsd:integer)
prop-ja:緯度分
  • 28 (xsd:integer)
prop-ja:緯度度
  • 45 (xsd:integer)
prop-ja:緯度秒
  • 37 (xsd:integer)
prop-ja:航路標識番号
  • 513 (xsd:integer)
prop-ja:面積
  • 0.210000 (xsd:double)
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 海驢島(とどじま、とどしま)は、北海道礼文郡礼文町(大字船泊村)に属する無人島。名称は「海馬島」や「トド島」とも表記され、またアイヌ語における名称はポンモシリ(Ponmosir)である。礼文島のスコトン岬から北方約1キロメートル沖合に位置する離島であり、白浜の須古頓漁港から直線距離にして約2キロメートル、江戸屋の浜中漁港からは約3キロメートル離れている。利尻礼文サロベツ国立公園に含まれる島であり、20世紀初頭から1980年代にかけては昆布やウニの漁期に限って漁業者が居住していた。高台には海驢島灯台が存在する。 (ja)
  • 海驢島(とどじま、とどしま)は、北海道礼文郡礼文町(大字船泊村)に属する無人島。名称は「海馬島」や「トド島」とも表記され、またアイヌ語における名称はポンモシリ(Ponmosir)である。礼文島のスコトン岬から北方約1キロメートル沖合に位置する離島であり、白浜の須古頓漁港から直線距離にして約2キロメートル、江戸屋の浜中漁港からは約3キロメートル離れている。利尻礼文サロベツ国立公園に含まれる島であり、20世紀初頭から1980年代にかけては昆布やウニの漁期に限って漁業者が居住していた。高台には海驢島灯台が存在する。 (ja)
rdfs:label
  • 海驢島 (ja)
  • 海驢島 (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:画像の説明 of
is foaf:primaryTopic of