海別岳(うなべつだけ)は、北海道斜里町、羅臼町、標津町にまたがる知床半島の付け根に位置する第四紀火山である。標高は1419.3m。山体は3町にまたがる。 名称の由来はこの山を水源とする海別川からである。永田方正著『北海道蝦夷語地名解』によれば、海別はアイヌ語の「ウナペッ」(灰の川)に由来し、かつて海別川全体が火山灰で埋まったことがあったという。しかし下記の通り、この山が歴史時代に噴火した事実はない。

Property Value
dbo:abstract
  • 海別岳(うなべつだけ)は、北海道斜里町、羅臼町、標津町にまたがる知床半島の付け根に位置する第四紀火山である。標高は1419.3m。山体は3町にまたがる。 名称の由来はこの山を水源とする海別川からである。永田方正著『北海道蝦夷語地名解』によれば、海別はアイヌ語の「ウナペッ」(灰の川)に由来し、かつて海別川全体が火山灰で埋まったことがあったという。しかし下記の通り、この山が歴史時代に噴火した事実はない。 (ja)
  • 海別岳(うなべつだけ)は、北海道斜里町、羅臼町、標津町にまたがる知床半島の付け根に位置する第四紀火山である。標高は1419.3m。山体は3町にまたがる。 名称の由来はこの山を水源とする海別川からである。永田方正著『北海道蝦夷語地名解』によれば、海別はアイヌ語の「ウナペッ」(灰の川)に由来し、かつて海別川全体が火山灰で埋まったことがあったという。しかし下記の通り、この山が歴史時代に噴火した事実はない。 (ja)
dbo:address
  • 北海道斜里町・羅臼町・標津町 (ja)
  • 北海道斜里町・羅臼町・標津町 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 311282 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 1535 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80541387 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:名称
  • 海別岳 (ja)
  • 海別岳 (ja)
prop-ja:地図
  • (海別岳の位置) (ja)
  • (海別岳の位置) (ja)
prop-ja:所在地
  • 北海道斜里町・羅臼町・標津町 (ja)
  • 北海道斜里町・羅臼町・標津町 (ja)
prop-ja:標高
  • 1419.300000 (xsd:double)
prop-ja:画像
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:画像キャプション
  • (手前は尖峰) (ja)
  • 南方に位置する武佐岳より望む海別岳(奥) (ja)
  • (手前は尖峰) (ja)
  • 南方に位置する武佐岳より望む海別岳(奥) (ja)
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 海別岳(うなべつだけ)は、北海道斜里町、羅臼町、標津町にまたがる知床半島の付け根に位置する第四紀火山である。標高は1419.3m。山体は3町にまたがる。 名称の由来はこの山を水源とする海別川からである。永田方正著『北海道蝦夷語地名解』によれば、海別はアイヌ語の「ウナペッ」(灰の川)に由来し、かつて海別川全体が火山灰で埋まったことがあったという。しかし下記の通り、この山が歴史時代に噴火した事実はない。 (ja)
  • 海別岳(うなべつだけ)は、北海道斜里町、羅臼町、標津町にまたがる知床半島の付け根に位置する第四紀火山である。標高は1419.3m。山体は3町にまたがる。 名称の由来はこの山を水源とする海別川からである。永田方正著『北海道蝦夷語地名解』によれば、海別はアイヌ語の「ウナペッ」(灰の川)に由来し、かつて海別川全体が火山灰で埋まったことがあったという。しかし下記の通り、この山が歴史時代に噴火した事実はない。 (ja)
rdfs:label
  • 海別岳 (ja)
  • 海別岳 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 海別岳 (ja)
  • 海別岳 (ja)
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:t of
is foaf:primaryTopic of