流鏑馬(やぶさめ、異表記: 鏑流馬)は、日本の古式(伝統的騎射術)である。武家社会で行われた騎射の一種で、馬術と弓術を組み合わせたもの。 疾走する馬に乗りながら鏑矢(かぶらや)で的(まと)を射る、技術であり儀式であり競技である。古代においては、馬的射(むまゆみいさせ)騎射(むまゆみ)矢馳せ馬(やはせむま)と呼ばれた。これが矢馳せ馬(やばせめ、やばせうま)」と変化し、いつしか「やぶさめ」へと転訛し、その音変化に対して当て字された名称が「流鏑馬」および「鏑流馬」であったと考えられている。 現代では、武田流や小笠原流などの流派が伝承する流鏑馬と、神社の神職や氏子、または保存会などに受け継がれた流鏑馬が、催事(信仰と関わりないイベント)と神事のいずれかの形で実施されている。 また、そのような古式とは別に新しく考案された弓馬術の儀式もあり、これも「流鏑馬」と呼ばれている。さらには、流鏑馬をスポーツ競技として規格化したものもあり、「流鏑馬」「」「スポーツ流鏑馬」などと呼ばれている。

Property Value
dbo:abstract
  • 流鏑馬(やぶさめ、異表記: 鏑流馬)は、日本の古式(伝統的騎射術)である。武家社会で行われた騎射の一種で、馬術と弓術を組み合わせたもの。 疾走する馬に乗りながら鏑矢(かぶらや)で的(まと)を射る、技術であり儀式であり競技である。古代においては、馬的射(むまゆみいさせ)騎射(むまゆみ)矢馳せ馬(やはせむま)と呼ばれた。これが矢馳せ馬(やばせめ、やばせうま)」と変化し、いつしか「やぶさめ」へと転訛し、その音変化に対して当て字された名称が「流鏑馬」および「鏑流馬」であったと考えられている。 現代では、武田流や小笠原流などの流派が伝承する流鏑馬と、神社の神職や氏子、または保存会などに受け継がれた流鏑馬が、催事(信仰と関わりないイベント)と神事のいずれかの形で実施されている。 また、そのような古式とは別に新しく考案された弓馬術の儀式もあり、これも「流鏑馬」と呼ばれている。さらには、流鏑馬をスポーツ競技として規格化したものもあり、「流鏑馬」「」「スポーツ流鏑馬」などと呼ばれている。 (ja)
  • 流鏑馬(やぶさめ、異表記: 鏑流馬)は、日本の古式(伝統的騎射術)である。武家社会で行われた騎射の一種で、馬術と弓術を組み合わせたもの。 疾走する馬に乗りながら鏑矢(かぶらや)で的(まと)を射る、技術であり儀式であり競技である。古代においては、馬的射(むまゆみいさせ)騎射(むまゆみ)矢馳せ馬(やはせむま)と呼ばれた。これが矢馳せ馬(やばせめ、やばせうま)」と変化し、いつしか「やぶさめ」へと転訛し、その音変化に対して当て字された名称が「流鏑馬」および「鏑流馬」であったと考えられている。 現代では、武田流や小笠原流などの流派が伝承する流鏑馬と、神社の神職や氏子、または保存会などに受け継がれた流鏑馬が、催事(信仰と関わりないイベント)と神事のいずれかの形で実施されている。 また、そのような古式とは別に新しく考案された弓馬術の儀式もあり、これも「流鏑馬」と呼ばれている。さらには、流鏑馬をスポーツ競技として規格化したものもあり、「流鏑馬」「」「スポーツ流鏑馬」などと呼ばれている。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 42298 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 9692 (xsd:nonNegativeInteger)
  • 13937 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80611927 (xsd:integer)
  • 86264443 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 20050418015150 (xsd:decimal)
prop-ja:reference
  • 武田流 35代 金子四郎家教「流鏑馬」 (ja)
  • 武田流 35代 金子四郎家教「流鏑馬」 (ja)
prop-ja:title
  • 武田流騎射流鏑馬保存会(熊本)公式ページ (ja)
  • 武田流騎射流鏑馬保存会(熊本)公式ページ (ja)
prop-ja:url
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:使用武器
prop-ja:別名
  • 流鏑馬式(やぶさめしき) (ja)
  • 流鏑馬式(やぶさめしき) (ja)
prop-ja:創始者
  • 不明 (ja)
  • 不明 (ja)
prop-ja:流派
prop-ja:源流
prop-ja:画像サイズ
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:画像名
  • Yabusame 01.jpg (ja)
  • Yabusame 01.jpg (ja)
prop-ja:発生年
prop-ja:競技形式
prop-ja:読み
  • やぶさめ (ja)
  • やぶさめ (ja)
dct:subject
rdfs:comment
  • 流鏑馬(やぶさめ、異表記: 鏑流馬)は、日本の古式(伝統的騎射術)である。武家社会で行われた騎射の一種で、馬術と弓術を組み合わせたもの。 疾走する馬に乗りながら鏑矢(かぶらや)で的(まと)を射る、技術であり儀式であり競技である。古代においては、馬的射(むまゆみいさせ)騎射(むまゆみ)矢馳せ馬(やはせむま)と呼ばれた。これが矢馳せ馬(やばせめ、やばせうま)」と変化し、いつしか「やぶさめ」へと転訛し、その音変化に対して当て字された名称が「流鏑馬」および「鏑流馬」であったと考えられている。 現代では、武田流や小笠原流などの流派が伝承する流鏑馬と、神社の神職や氏子、または保存会などに受け継がれた流鏑馬が、催事(信仰と関わりないイベント)と神事のいずれかの形で実施されている。 また、そのような古式とは別に新しく考案された弓馬術の儀式もあり、これも「流鏑馬」と呼ばれている。さらには、流鏑馬をスポーツ競技として規格化したものもあり、「流鏑馬」「」「スポーツ流鏑馬」などと呼ばれている。 (ja)
  • 流鏑馬(やぶさめ、異表記: 鏑流馬)は、日本の古式(伝統的騎射術)である。武家社会で行われた騎射の一種で、馬術と弓術を組み合わせたもの。 疾走する馬に乗りながら鏑矢(かぶらや)で的(まと)を射る、技術であり儀式であり競技である。古代においては、馬的射(むまゆみいさせ)騎射(むまゆみ)矢馳せ馬(やはせむま)と呼ばれた。これが矢馳せ馬(やばせめ、やばせうま)」と変化し、いつしか「やぶさめ」へと転訛し、その音変化に対して当て字された名称が「流鏑馬」および「鏑流馬」であったと考えられている。 現代では、武田流や小笠原流などの流派が伝承する流鏑馬と、神社の神職や氏子、または保存会などに受け継がれた流鏑馬が、催事(信仰と関わりないイベント)と神事のいずれかの形で実施されている。 また、そのような古式とは別に新しく考案された弓馬術の儀式もあり、これも「流鏑馬」と呼ばれている。さらには、流鏑馬をスポーツ競技として規格化したものもあり、「流鏑馬」「」「スポーツ流鏑馬」などと呼ばれている。 (ja)
rdfs:label
  • 流鏑馬 (ja)
  • 流鏑馬 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:備考 of
is prop-ja:画像の説明 of
is prop-ja:神事 of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of