池禅尼(いけのぜんに、長治元年(1104年)? - 長寛2年(1164年)?)は、平安時代末期の女性。平忠盛の正室。平清盛の継母に当たる。後に崇徳天皇の皇子・重仁親王の乳母となる。父は、母は藤原有信の娘。中納言・藤原隆家の後裔。名は宗子。

Property Value
dbo:abstract
  • 池禅尼(いけのぜんに、長治元年(1104年)? - 長寛2年(1164年)?)は、平安時代末期の女性。平忠盛の正室。平清盛の継母に当たる。後に崇徳天皇の皇子・重仁親王の乳母となる。父は、母は藤原有信の娘。中納言・藤原隆家の後裔。名は宗子。 (ja)
  • 池禅尼(いけのぜんに、長治元年(1104年)? - 長寛2年(1164年)?)は、平安時代末期の女性。平忠盛の正室。平清盛の継母に当たる。後に崇徳天皇の皇子・重仁親王の乳母となる。父は、母は藤原有信の娘。中納言・藤原隆家の後裔。名は宗子。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 384662 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 2262 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 74011109 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • 池禅尼(いけのぜんに、長治元年(1104年)? - 長寛2年(1164年)?)は、平安時代末期の女性。平忠盛の正室。平清盛の継母に当たる。後に崇徳天皇の皇子・重仁親王の乳母となる。父は、母は藤原有信の娘。中納言・藤原隆家の後裔。名は宗子。 (ja)
  • 池禅尼(いけのぜんに、長治元年(1104年)? - 長寛2年(1164年)?)は、平安時代末期の女性。平忠盛の正室。平清盛の継母に当たる。後に崇徳天皇の皇子・重仁親王の乳母となる。父は、母は藤原有信の娘。中納言・藤原隆家の後裔。名は宗子。 (ja)
rdfs:label
  • 池禅尼 (ja)
  • 池禅尼 (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:parent of
is dbo:spouse of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:父母 of
is foaf:primaryTopic of