横大路(よこおおじ)は、鎌倉幕府による都市計画の中核を成す「六大路」の一つで、『吾妻鏡』にもその名が記されている。鶴岡八幡宮の南側の瑞垣に沿って走る東西の基幹大路であった。東端は、寶戒寺前で小町大路に接し、西は鉄の井の先でへと続き、その先は今大路に至る。

Property Value
dbo:abstract
  • 横大路(よこおおじ)は、鎌倉幕府による都市計画の中核を成す「六大路」の一つで、『吾妻鏡』にもその名が記されている。鶴岡八幡宮の南側の瑞垣に沿って走る東西の基幹大路であった。東端は、寶戒寺前で小町大路に接し、西は鉄の井の先でへと続き、その先は今大路に至る。 (ja)
  • 横大路(よこおおじ)は、鎌倉幕府による都市計画の中核を成す「六大路」の一つで、『吾妻鏡』にもその名が記されている。鶴岡八幡宮の南側の瑞垣に沿って走る東西の基幹大路であった。東端は、寶戒寺前で小町大路に接し、西は鉄の井の先でへと続き、その先は今大路に至る。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 1026384 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 851 (xsd:nonNegativeInteger)
  • 878 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 57992403 (xsd:integer)
  • 85094117 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
dct:subject
rdfs:comment
  • 横大路(よこおおじ)は、鎌倉幕府による都市計画の中核を成す「六大路」の一つで、『吾妻鏡』にもその名が記されている。鶴岡八幡宮の南側の瑞垣に沿って走る東西の基幹大路であった。東端は、寶戒寺前で小町大路に接し、西は鉄の井の先でへと続き、その先は今大路に至る。 (ja)
  • 横大路(よこおおじ)は、鎌倉幕府による都市計画の中核を成す「六大路」の一つで、『吾妻鏡』にもその名が記されている。鶴岡八幡宮の南側の瑞垣に沿って走る東西の基幹大路であった。東端は、寶戒寺前で小町大路に接し、西は鉄の井の先でへと続き、その先は今大路に至る。 (ja)
rdfs:label
  • 横大路 (鎌倉市) (ja)
  • 横大路 (鎌倉市) (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of