極軌道(きょくきどう、英語: polar orbit)とは、惑星や衛星等が、その母星である天体の、極の上空やその付近を通る軌道である。軌道力学の用語で言うならば(赤道面に対して)軌道傾斜角が90度に近い軌道である。 極軌道は、地図作成や地球観測衛星、偵察衛星、気象衛星などでよく用いられる。対地同期軌道と比較して、地球上の広い範囲の地点を常に上空から次々と観測することが利点あるいは欠点であり、地球上のある地点を常に同じ角度から観測しないことが利点あるいは欠点である。

Property Value
dbo:abstract
  • 極軌道(きょくきどう、英語: polar orbit)とは、惑星や衛星等が、その母星である天体の、極の上空やその付近を通る軌道である。軌道力学の用語で言うならば(赤道面に対して)軌道傾斜角が90度に近い軌道である。 極軌道は、地図作成や地球観測衛星、偵察衛星、気象衛星などでよく用いられる。対地同期軌道と比較して、地球上の広い範囲の地点を常に上空から次々と観測することが利点あるいは欠点であり、地球上のある地点を常に同じ角度から観測しないことが利点あるいは欠点である。 (ja)
  • 極軌道(きょくきどう、英語: polar orbit)とは、惑星や衛星等が、その母星である天体の、極の上空やその付近を通る軌道である。軌道力学の用語で言うならば(赤道面に対して)軌道傾斜角が90度に近い軌道である。 極軌道は、地図作成や地球観測衛星、偵察衛星、気象衛星などでよく用いられる。対地同期軌道と比較して、地球上の広い範囲の地点を常に上空から次々と観測することが利点あるいは欠点であり、地球上のある地点を常に同じ角度から観測しないことが利点あるいは欠点である。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 226509 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 1637 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80035319 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • 極軌道(きょくきどう、英語: polar orbit)とは、惑星や衛星等が、その母星である天体の、極の上空やその付近を通る軌道である。軌道力学の用語で言うならば(赤道面に対して)軌道傾斜角が90度に近い軌道である。 極軌道は、地図作成や地球観測衛星、偵察衛星、気象衛星などでよく用いられる。対地同期軌道と比較して、地球上の広い範囲の地点を常に上空から次々と観測することが利点あるいは欠点であり、地球上のある地点を常に同じ角度から観測しないことが利点あるいは欠点である。 (ja)
  • 極軌道(きょくきどう、英語: polar orbit)とは、惑星や衛星等が、その母星である天体の、極の上空やその付近を通る軌道である。軌道力学の用語で言うならば(赤道面に対して)軌道傾斜角が90度に近い軌道である。 極軌道は、地図作成や地球観測衛星、偵察衛星、気象衛星などでよく用いられる。対地同期軌道と比較して、地球上の広い範囲の地点を常に上空から次々と観測することが利点あるいは欠点であり、地球上のある地点を常に同じ角度から観測しないことが利点あるいは欠点である。 (ja)
rdfs:label
  • 極軌道 (ja)
  • 極軌道 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:orbitRegime of
is prop-ja:orbitType of
is prop-ja:payload2Location of
is prop-ja:発見場所 of
is prop-ja:軌道 of
is foaf:primaryTopic of