植物(しょくぶつ)とは、生物区分のひとつ。日常語としての「植物」と生物学用語としての「植物」はその示す範囲が異なるが、日常語としては、草や木などのように、根があって場所が固定されて生きているような生物のことで、動物と対比させられた生物区分である。 それに対し生物学では科学的知見が増えるにつれ、植物という語が指し示す範囲は歴史的に変遷してきた。「植物」を分類群としては認めなかったり、別の名前を採用し「植物」はシノニムとしたりする動きもある。分類群としての名称は植物界となる。2012年現在は陸上植物を含む単系統群として植物を定義するが、どの単系統を選ぶかにより複数の定義が並立している。狭い定義では陸上植物のみを植物として認めるが、より広い定義では緑色植物全体を植物としたり、紅色植物、灰色植物をも植物に含めたりする。 一方、二界説ないし五界説のような古い分類では植物とみなされていた菌類(キノコやカビ)、褐藻(ワカメなど)、あるいは光合成原生動物(ミドリムシや珪藻など)は系統が異なるため、2012年現在は生物分類学上は植物とみなされていない。なお、生態学的にはこの限りでは無い。例えば光合成を行うワカメや珪藻は、生態学的には植物(生産者)扱いである。

Property Value
dbo:abstract
  • 植物(しょくぶつ)とは、生物区分のひとつ。日常語としての「植物」と生物学用語としての「植物」はその示す範囲が異なるが、日常語としては、草や木などのように、根があって場所が固定されて生きているような生物のことで、動物と対比させられた生物区分である。 それに対し生物学では科学的知見が増えるにつれ、植物という語が指し示す範囲は歴史的に変遷してきた。「植物」を分類群としては認めなかったり、別の名前を採用し「植物」はシノニムとしたりする動きもある。分類群としての名称は植物界となる。2012年現在は陸上植物を含む単系統群として植物を定義するが、どの単系統を選ぶかにより複数の定義が並立している。狭い定義では陸上植物のみを植物として認めるが、より広い定義では緑色植物全体を植物としたり、紅色植物、灰色植物をも植物に含めたりする。 一方、二界説ないし五界説のような古い分類では植物とみなされていた菌類(キノコやカビ)、褐藻(ワカメなど)、あるいは光合成原生動物(ミドリムシや珪藻など)は系統が異なるため、2012年現在は生物分類学上は植物とみなされていない。なお、生態学的にはこの限りでは無い。例えば光合成を行うワカメや珪藻は、生態学的には植物(生産者)扱いである。 (ja)
  • 植物(しょくぶつ)とは、生物区分のひとつ。日常語としての「植物」と生物学用語としての「植物」はその示す範囲が異なるが、日常語としては、草や木などのように、根があって場所が固定されて生きているような生物のことで、動物と対比させられた生物区分である。 それに対し生物学では科学的知見が増えるにつれ、植物という語が指し示す範囲は歴史的に変遷してきた。「植物」を分類群としては認めなかったり、別の名前を採用し「植物」はシノニムとしたりする動きもある。分類群としての名称は植物界となる。2012年現在は陸上植物を含む単系統群として植物を定義するが、どの単系統を選ぶかにより複数の定義が並立している。狭い定義では陸上植物のみを植物として認めるが、より広い定義では緑色植物全体を植物としたり、紅色植物、灰色植物をも植物に含めたりする。 一方、二界説ないし五界説のような古い分類では植物とみなされていた菌類(キノコやカビ)、褐藻(ワカメなど)、あるいは光合成原生動物(ミドリムシや珪藻など)は系統が異なるため、2012年現在は生物分類学上は植物とみなされていない。なお、生態学的にはこの限りでは無い。例えば光合成を行うワカメや珪藻は、生態学的には植物(生産者)扱いである。 (ja)
dbo:colourName
  • lightgreen (ja)
  • lightgreen (ja)
dbo:domain
dbo:synonym
  • Plantae sensu Margulis 1981 =Embryophyta
  • Plantae sensu stricto =Viridiplantae
  • Plantae sensulato =Archaeplastida
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 5071 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 9868 (xsd:nonNegativeInteger)
  • 10997 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81458900 (xsd:integer)
  • 86067385 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 2021 (xsd:integer)
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:title
  • 生物学の文脈であっても、「植物界」の定義 と 「植物」という言葉の用法 では違うのでは? (ja)
  • 生物学の文脈であっても、「植物界」の定義 と 「植物」という言葉の用法 では違うのでは? (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:シノニム
  • Plantae sensu Margulis 1981 = Embryophyta (ja)
  • Plantae sensu lato = Archaeplastida (ja)
  • Plantae sensu stricto = Viridiplantae (ja)
  • Plantae sensu Margulis 1981 = Embryophyta (ja)
  • Plantae sensu lato = Archaeplastida (ja)
  • Plantae sensu stricto = Viridiplantae (ja)
prop-ja:ドメイン
  • 真核生物 (ja)
  • 真核生物 (ja)
prop-ja:上界
  • バイコンタ (ja)
  • バイコンタ (ja)
prop-ja:下位分類
  • アーケプラスチダ (ja)
  • (マーギュリスの植物) *紅色植物 *灰色植物 (ja)
  • (狭義の植物) **緑藻植物 **ストレプト植物 *** 接合藻 *** 車軸藻 *** 陸上植物 (ja)
  • (広義の植物) *緑色植物 (ja)
  • アーケプラスチダ (ja)
  • (マーギュリスの植物) *紅色植物 *灰色植物 (ja)
  • (狭義の植物) **緑藻植物 **ストレプト植物 *** 接合藻 *** 車軸藻 *** 陸上植物 (ja)
  • (広義の植物) *緑色植物 (ja)
prop-ja:下位分類名
  • 下位分類 (ja)
  • 下位分類 (ja)
prop-ja:名称
  • 植物界 (ja)
  • 植物界 (ja)
prop-ja:学名
  • Plantae (ja)
  • Plantae (ja)
prop-ja:画像
prop-ja:画像キャプション
  • 異なる種と特性のいくつかの植物 (ja)
  • 異なる種と特性のいくつかの植物 (ja)
prop-ja:
  • 植物界 (ja)
  • 植物界 (ja)
prop-ja:
  • lightgreen (ja)
  • lightgreen (ja)
dc:description
  • 異なる種と特性のいくつかの植物
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 植物(しょくぶつ)とは、生物区分のひとつ。日常語としての「植物」と生物学用語としての「植物」はその示す範囲が異なるが、日常語としては、草や木などのように、根があって場所が固定されて生きているような生物のことで、動物と対比させられた生物区分である。 それに対し生物学では科学的知見が増えるにつれ、植物という語が指し示す範囲は歴史的に変遷してきた。「植物」を分類群としては認めなかったり、別の名前を採用し「植物」はシノニムとしたりする動きもある。分類群としての名称は植物界となる。2012年現在は陸上植物を含む単系統群として植物を定義するが、どの単系統を選ぶかにより複数の定義が並立している。狭い定義では陸上植物のみを植物として認めるが、より広い定義では緑色植物全体を植物としたり、紅色植物、灰色植物をも植物に含めたりする。 一方、二界説ないし五界説のような古い分類では植物とみなされていた菌類(キノコやカビ)、褐藻(ワカメなど)、あるいは光合成原生動物(ミドリムシや珪藻など)は系統が異なるため、2012年現在は生物分類学上は植物とみなされていない。なお、生態学的にはこの限りでは無い。例えば光合成を行うワカメや珪藻は、生態学的には植物(生産者)扱いである。 (ja)
  • 植物(しょくぶつ)とは、生物区分のひとつ。日常語としての「植物」と生物学用語としての「植物」はその示す範囲が異なるが、日常語としては、草や木などのように、根があって場所が固定されて生きているような生物のことで、動物と対比させられた生物区分である。 それに対し生物学では科学的知見が増えるにつれ、植物という語が指し示す範囲は歴史的に変遷してきた。「植物」を分類群としては認めなかったり、別の名前を採用し「植物」はシノニムとしたりする動きもある。分類群としての名称は植物界となる。2012年現在は陸上植物を含む単系統群として植物を定義するが、どの単系統を選ぶかにより複数の定義が並立している。狭い定義では陸上植物のみを植物として認めるが、より広い定義では緑色植物全体を植物としたり、紅色植物、灰色植物をも植物に含めたりする。 一方、二界説ないし五界説のような古い分類では植物とみなされていた菌類(キノコやカビ)、褐藻(ワカメなど)、あるいは光合成原生動物(ミドリムシや珪藻など)は系統が異なるため、2012年現在は生物分類学上は植物とみなされていない。なお、生態学的にはこの限りでは無い。例えば光合成を行うワカメや珪藻は、生態学的には植物(生産者)扱いである。 (ja)
rdfs:label
  • 植物 (ja)
  • 植物 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 植物界 (ja)
  • 植物界 (ja)
is dbo:category of
is dbo:colour of
is dbo:field of
is dbo:kingdom of
is dbo:knownFor of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:knownFor of
is prop-ja:ジャンル of
is prop-ja:テーマ of
is prop-ja:専門分野 of
is prop-ja: of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of