松本 彦七郎(まつもと ひこしちろう、1887年6月9日 - 1975年9月1日)は、日本の動物学者、地質学者、古生物学者、人類学者、考古学者、博物学者。 大正時代に、仙台湾周辺の貝塚において層位学的な発掘調査を行い、科学的・実証的な発掘調査法と編年学の基礎をつくった。戦後、花泉遺跡の調査を行い、(Lephobison hanaizumiensis)の命名者としても著名である。日本哺乳動物学会名誉会員。

Property Value
dbo:abstract
  • 松本 彦七郎(まつもと ひこしちろう、1887年6月9日 - 1975年9月1日)は、日本の動物学者、地質学者、古生物学者、人類学者、考古学者、博物学者。 大正時代に、仙台湾周辺の貝塚において層位学的な発掘調査を行い、科学的・実証的な発掘調査法と編年学の基礎をつくった。戦後、花泉遺跡の調査を行い、(Lephobison hanaizumiensis)の命名者としても著名である。日本哺乳動物学会名誉会員。 (ja)
  • 松本 彦七郎(まつもと ひこしちろう、1887年6月9日 - 1975年9月1日)は、日本の動物学者、地質学者、古生物学者、人類学者、考古学者、博物学者。 大正時代に、仙台湾周辺の貝塚において層位学的な発掘調査を行い、科学的・実証的な発掘調査法と編年学の基礎をつくった。戦後、花泉遺跡の調査を行い、(Lephobison hanaizumiensis)の命名者としても著名である。日本哺乳動物学会名誉会員。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 485927 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 7556 (xsd:nonNegativeInteger)
  • 7610 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80188084 (xsd:integer)
  • 86330963 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • 松本 彦七郎(まつもと ひこしちろう、1887年6月9日 - 1975年9月1日)は、日本の動物学者、地質学者、古生物学者、人類学者、考古学者、博物学者。 大正時代に、仙台湾周辺の貝塚において層位学的な発掘調査を行い、科学的・実証的な発掘調査法と編年学の基礎をつくった。戦後、花泉遺跡の調査を行い、(Lephobison hanaizumiensis)の命名者としても著名である。日本哺乳動物学会名誉会員。 (ja)
  • 松本 彦七郎(まつもと ひこしちろう、1887年6月9日 - 1975年9月1日)は、日本の動物学者、地質学者、古生物学者、人類学者、考古学者、博物学者。 大正時代に、仙台湾周辺の貝塚において層位学的な発掘調査を行い、科学的・実証的な発掘調査法と編年学の基礎をつくった。戦後、花泉遺跡の調査を行い、(Lephobison hanaizumiensis)の命名者としても著名である。日本哺乳動物学会名誉会員。 (ja)
rdfs:label
  • 松本彦七郎 (ja)
  • 松本彦七郎 (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of