東慶寺(とうけいじ)は、神奈川県鎌倉市山ノ内にある臨済宗円覚寺派の寺院である。山号は松岡山、寺号は東慶総持禅寺。寺伝では開基は北条貞時、開山は覚山尼と伝える。現在は円覚寺末の男僧の寺であるが、開山以来明治に至るまで本山を持たない独立した尼寺で、室町時代後期には住持は御所様と呼ばれ、江戸時代には寺を松岡御所とも称した特殊な格式のある寺であった。また江戸時代には群馬県の満徳寺と共に幕府寺社奉行も承認する縁切寺として知られ、女性の離婚に対する家庭裁判所の役割も果たしていた。

Property Value
dbo:abstract
  • 東慶寺(とうけいじ)は、神奈川県鎌倉市山ノ内にある臨済宗円覚寺派の寺院である。山号は松岡山、寺号は東慶総持禅寺。寺伝では開基は北条貞時、開山は覚山尼と伝える。現在は円覚寺末の男僧の寺であるが、開山以来明治に至るまで本山を持たない独立した尼寺で、室町時代後期には住持は御所様と呼ばれ、江戸時代には寺を松岡御所とも称した特殊な格式のある寺であった。また江戸時代には群馬県の満徳寺と共に幕府寺社奉行も承認する縁切寺として知られ、女性の離婚に対する家庭裁判所の役割も果たしていた。 (ja)
  • 東慶寺(とうけいじ)は、神奈川県鎌倉市山ノ内にある臨済宗円覚寺派の寺院である。山号は松岡山、寺号は東慶総持禅寺。寺伝では開基は北条貞時、開山は覚山尼と伝える。現在は円覚寺末の男僧の寺であるが、開山以来明治に至るまで本山を持たない独立した尼寺で、室町時代後期には住持は御所様と呼ばれ、江戸時代には寺を松岡御所とも称した特殊な格式のある寺であった。また江戸時代には群馬県の満徳寺と共に幕府寺社奉行も承認する縁切寺として知られ、女性の離婚に対する家庭裁判所の役割も果たしていた。 (ja)
dbo:address
  • 神奈川県鎌倉市山ノ内1367 (ja)
  • 神奈川県鎌倉市山ノ内1367 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 87699 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 95727 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 79220116 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:別称
  • 縁切寺、駆込寺、駆入寺 (ja)
  • 縁切寺、駆込寺、駆入寺 (ja)
prop-ja:創建年
  • 1285 (xsd:integer)
prop-ja:名称
  • 東慶寺 (ja)
  • 東慶寺 (ja)
prop-ja:地図
  • Japan Kanagawa (ja)
  • Japan Kanagawa (ja)
prop-ja:宗派
prop-ja:寺格
prop-ja:山号
  • 松岡山 (ja)
  • 松岡山 (ja)
prop-ja:所在地
  • 神奈川県鎌倉市山ノ内1367 (ja)
  • 神奈川県鎌倉市山ノ内1367 (ja)
prop-ja:文化財
  • 木造聖観音立像・初音蒔絵火取母・葡萄蒔絵螺鈿聖餅箱(重文)他 (ja)
  • 木造聖観音立像・初音蒔絵火取母・葡萄蒔絵螺鈿聖餅箱(重文)他 (ja)
prop-ja:本尊
prop-ja:札所等
  • 東国花の寺百ヶ寺 鎌倉10番 (ja)
  • 鎌倉三十三観音32番 (ja)
  • 東国花の寺百ヶ寺 鎌倉10番 (ja)
  • 鎌倉三十三観音32番 (ja)
prop-ja:正式名
  • 松岡山 東慶総持禅寺 (ja)
  • 松岡山 東慶総持禅寺 (ja)
prop-ja:画像
  • 300 (xsd:integer)
  • 現在の山門は中門で男子禁制の結界だった。 (ja)
  • 山門。江戸時代には街道に面して大門があり (ja)
prop-ja:開基
dct:subject
georss:point
  • 35.33524444444444 139.54563055555556
rdf:type
rdfs:comment
  • 東慶寺(とうけいじ)は、神奈川県鎌倉市山ノ内にある臨済宗円覚寺派の寺院である。山号は松岡山、寺号は東慶総持禅寺。寺伝では開基は北条貞時、開山は覚山尼と伝える。現在は円覚寺末の男僧の寺であるが、開山以来明治に至るまで本山を持たない独立した尼寺で、室町時代後期には住持は御所様と呼ばれ、江戸時代には寺を松岡御所とも称した特殊な格式のある寺であった。また江戸時代には群馬県の満徳寺と共に幕府寺社奉行も承認する縁切寺として知られ、女性の離婚に対する家庭裁判所の役割も果たしていた。 (ja)
  • 東慶寺(とうけいじ)は、神奈川県鎌倉市山ノ内にある臨済宗円覚寺派の寺院である。山号は松岡山、寺号は東慶総持禅寺。寺伝では開基は北条貞時、開山は覚山尼と伝える。現在は円覚寺末の男僧の寺であるが、開山以来明治に至るまで本山を持たない独立した尼寺で、室町時代後期には住持は御所様と呼ばれ、江戸時代には寺を松岡御所とも称した特殊な格式のある寺であった。また江戸時代には群馬県の満徳寺と共に幕府寺社奉行も承認する縁切寺として知られ、女性の離婚に対する家庭裁判所の役割も果たしていた。 (ja)
rdfs:label
  • 東慶寺 (ja)
  • 東慶寺 (ja)
owl:sameAs
geo:geometry
  • POINT(139.5456237793 35.335243225098)
geo:lat
  • 35.335243 (xsd:float)
geo:long
  • 139.545624 (xsd:float)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 東慶寺 (ja)
  • 東慶寺 (ja)
is dbo:restingPlace of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:location of
is prop-ja:restingPlace of
is prop-ja:兄弟 of
is prop-ja:墓所 of
is foaf:primaryTopic of