東急7000系電車(とうきゅう7000けいでんしゃ)は、134両が東急車輛製造で製造され、1962年(昭和37年)から2000年(平成12年)まで東京急行電鉄で運用された通勤形電車である。 本項では、編成単位で表記する場合は東横線上で渋谷寄りの先頭車番号で代表し、「7001F」などの様に表記する。「6000系」は1960年製造開始の東急6000系電車 (初代)を指す。本系列の仕様に大きな影響を与えた、日比谷線直通車両の規格や運転取り扱いは、「乗り入れ協定」と表記する。「東急」と表記する場合は1962年当時の社名である鉄道会社の「東京急行電鉄」を指し、車両製造メーカーの「東急車輛製造」は「東急車輛」と表記する。東急の各線は過去に路線名・運転系統を何回か変更し、路線名および区間が時代により異なるが、記事中では記載された事象がおこった時点の路線名で記載している。 なお、本項目では基本的に7000系のみ解説するため、当形式より改造された7700系や譲渡車については当該記事を参照。

Property Value
dbo:abstract
  • 東急7000系電車(とうきゅう7000けいでんしゃ)は、134両が東急車輛製造で製造され、1962年(昭和37年)から2000年(平成12年)まで東京急行電鉄で運用された通勤形電車である。 本項では、編成単位で表記する場合は東横線上で渋谷寄りの先頭車番号で代表し、「7001F」などの様に表記する。「6000系」は1960年製造開始の東急6000系電車 (初代)を指す。本系列の仕様に大きな影響を与えた、日比谷線直通車両の規格や運転取り扱いは、「乗り入れ協定」と表記する。「東急」と表記する場合は1962年当時の社名である鉄道会社の「東京急行電鉄」を指し、車両製造メーカーの「東急車輛製造」は「東急車輛」と表記する。東急の各線は過去に路線名・運転系統を何回か変更し、路線名および区間が時代により異なるが、記事中では記載された事象がおこった時点の路線名で記載している。 なお、本項目では基本的に7000系のみ解説するため、当形式より改造された7700系や譲渡車については当該記事を参照。 (ja)
  • 東急7000系電車(とうきゅう7000けいでんしゃ)は、134両が東急車輛製造で製造され、1962年(昭和37年)から2000年(平成12年)まで東京急行電鉄で運用された通勤形電車である。 本項では、編成単位で表記する場合は東横線上で渋谷寄りの先頭車番号で代表し、「7001F」などの様に表記する。「6000系」は1960年製造開始の東急6000系電車 (初代)を指す。本系列の仕様に大きな影響を与えた、日比谷線直通車両の規格や運転取り扱いは、「乗り入れ協定」と表記する。「東急」と表記する場合は1962年当時の社名である鉄道会社の「東京急行電鉄」を指し、車両製造メーカーの「東急車輛製造」は「東急車輛」と表記する。東急の各線は過去に路線名・運転系統を何回か変更し、路線名および区間が時代により異なるが、記事中では記載された事象がおこった時点の路線名で記載している。 なお、本項目では基本的に7000系のみ解説するため、当形式より改造された7700系や譲渡車については当該記事を参照。 (ja)
dbo:capacity
  • 140 (xsd:nonNegativeInteger)
  • 150 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:thumbnail
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 15471 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 71231 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 87837708 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:主電動機
prop-ja:主電動機出力
  • 60 (xsd:integer)
  • 70 (xsd:integer)
prop-ja:保安装置
prop-ja:全幅
  • 2800.0
prop-ja:全長
  • 18000.0
prop-ja:全高
  • 3790 (xsd:integer)
prop-ja:制動装置
prop-ja:制御方式
  • 電動カム軸式抵抗制御 (ja)
  • 電動カム軸式抵抗制御 (ja)
prop-ja:台車
  • PIII-701形 (ja)
  • PIII-701形 (ja)
prop-ja:常用減速度
  • 4 (xsd:integer)
prop-ja:引退
  • --03-20
prop-ja:文字色
  • #ffffff (ja)
  • #ffffff (ja)
prop-ja:最高運転速度
  • 90.0
prop-ja:歯車比
  • 5113.0
prop-ja:画像
  • Tkk7000.JPG (ja)
  • Tkk7000.JPG (ja)
prop-ja:画像説明
  • (1980年3月) (ja)
  • 東横線で急行運用に就く7000系 (ja)
  • (1980年3月) (ja)
  • 東横線で急行運用に就く7000系 (ja)
prop-ja:編成
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:背景色
  • #ee0011 (ja)
  • #ee0011 (ja)
prop-ja:自重
  • 27.18
  • 27.32
  • 28.02
  • 28.15
prop-ja:製造年
  • 1962 (xsd:integer)
prop-ja:製造所
prop-ja:製造数
  • 134 (xsd:integer)
prop-ja:設計最高速度
  • 110.0
prop-ja:起動加速度
  • 4 (xsd:integer)
prop-ja:車両名
  • 東急7000系電車 (ja)
  • 東急7000系電車 (ja)
prop-ja:車両定員
  • 先頭車140人(座席52人) (ja)
  • 中間車150人(座席60人) (ja)
  • 先頭車140人(座席52人) (ja)
  • 中間車150人(座席60人) (ja)
prop-ja:車体
prop-ja:軌間
  • 1067.0
prop-ja:運用者
prop-ja:運用開始
  • 1962 (xsd:integer)
prop-ja:電気方式
  • (架空電車線方式) (ja)
  • 直流1,500V (ja)
  • (架空電車線方式) (ja)
  • 直流1,500V (ja)
prop-ja:駆動方式
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 東急7000系電車(とうきゅう7000けいでんしゃ)は、134両が東急車輛製造で製造され、1962年(昭和37年)から2000年(平成12年)まで東京急行電鉄で運用された通勤形電車である。 本項では、編成単位で表記する場合は東横線上で渋谷寄りの先頭車番号で代表し、「7001F」などの様に表記する。「6000系」は1960年製造開始の東急6000系電車 (初代)を指す。本系列の仕様に大きな影響を与えた、日比谷線直通車両の規格や運転取り扱いは、「乗り入れ協定」と表記する。「東急」と表記する場合は1962年当時の社名である鉄道会社の「東京急行電鉄」を指し、車両製造メーカーの「東急車輛製造」は「東急車輛」と表記する。東急の各線は過去に路線名・運転系統を何回か変更し、路線名および区間が時代により異なるが、記事中では記載された事象がおこった時点の路線名で記載している。 なお、本項目では基本的に7000系のみ解説するため、当形式より改造された7700系や譲渡車については当該記事を参照。 (ja)
  • 東急7000系電車(とうきゅう7000けいでんしゃ)は、134両が東急車輛製造で製造され、1962年(昭和37年)から2000年(平成12年)まで東京急行電鉄で運用された通勤形電車である。 本項では、編成単位で表記する場合は東横線上で渋谷寄りの先頭車番号で代表し、「7001F」などの様に表記する。「6000系」は1960年製造開始の東急6000系電車 (初代)を指す。本系列の仕様に大きな影響を与えた、日比谷線直通車両の規格や運転取り扱いは、「乗り入れ協定」と表記する。「東急」と表記する場合は1962年当時の社名である鉄道会社の「東京急行電鉄」を指し、車両製造メーカーの「東急車輛製造」は「東急車輛」と表記する。東急の各線は過去に路線名・運転系統を何回か変更し、路線名および区間が時代により異なるが、記事中では記載された事象がおこった時点の路線名で記載している。 なお、本項目では基本的に7000系のみ解説するため、当形式より改造された7700系や譲渡車については当該記事を参照。 (ja)
rdfs:label
  • 東急7000系電車 (初代) (ja)
  • 東急7000系電車 (初代) (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 東急7000系電車 (ja)
  • 東急7000系電車 (ja)
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of