東京方言または東京弁、東京語は、東京で話される日本語の方言。定義は諸説あるが、主なものは次の通り。 1. * 古くからの「東京」の範囲(「東京市街の変遷」も参照)に存在する方言の総称。 2. * 「東京都」に存在する方言の総称。1に加えて、多摩弁、八丈方言、小笠原方言、北部伊豆諸島方言など。 3. * 横浜市や千葉市などを含めた、東京を中心とする都市圏の方言の総称。首都圏方言 本記事では上記「1」について記述する。 東京方言(とうきょうほうげん)とは、江戸・東京で用いられてきた日本語の方言である。山の手言葉と江戸言葉(下町言葉)が含まれる。 明治時代に中流階層の山の手言葉を基盤に日本の標準語(太平洋戦争後は共通語と呼ばれる)が整備されたため、共通語と東京方言は同一視される傾向があるが、下町を中心に標準的と見なされない東京特有の発音や表現も少なくない。アクセントに関しても、標準アクセントの基準となる山の手と、下町あるいは多摩とで異なる場合がある。

Property Value
dbo:abstract
  • 東京方言または東京弁、東京語は、東京で話される日本語の方言。定義は諸説あるが、主なものは次の通り。 1. * 古くからの「東京」の範囲(「東京市街の変遷」も参照)に存在する方言の総称。 2. * 「東京都」に存在する方言の総称。1に加えて、多摩弁、八丈方言、小笠原方言、北部伊豆諸島方言など。 3. * 横浜市や千葉市などを含めた、東京を中心とする都市圏の方言の総称。首都圏方言 本記事では上記「1」について記述する。 東京方言(とうきょうほうげん)とは、江戸・東京で用いられてきた日本語の方言である。山の手言葉と江戸言葉(下町言葉)が含まれる。 明治時代に中流階層の山の手言葉を基盤に日本の標準語(太平洋戦争後は共通語と呼ばれる)が整備されたため、共通語と東京方言は同一視される傾向があるが、下町を中心に標準的と見なされない東京特有の発音や表現も少なくない。アクセントに関しても、標準アクセントの基準となる山の手と、下町あるいは多摩とで異なる場合がある。 (ja)
  • 東京方言または東京弁、東京語は、東京で話される日本語の方言。定義は諸説あるが、主なものは次の通り。 1. * 古くからの「東京」の範囲(「東京市街の変遷」も参照)に存在する方言の総称。 2. * 「東京都」に存在する方言の総称。1に加えて、多摩弁、八丈方言、小笠原方言、北部伊豆諸島方言など。 3. * 横浜市や千葉市などを含めた、東京を中心とする都市圏の方言の総称。首都圏方言 本記事では上記「1」について記述する。 東京方言(とうきょうほうげん)とは、江戸・東京で用いられてきた日本語の方言である。山の手言葉と江戸言葉(下町言葉)が含まれる。 明治時代に中流階層の山の手言葉を基盤に日本の標準語(太平洋戦争後は共通語と呼ばれる)が整備されたため、共通語と東京方言は同一視される傾向があるが、下町を中心に標準的と見なされない東京特有の発音や表現も少なくない。アクセントに関しても、標準アクセントの基準となる山の手と、下町あるいは多摩とで異なる場合がある。 (ja)
  • 東京方言または東京弁、東京語は、東京で話される日本語の方言。定義は諸説あるが、主なものは次の通り。 1. * 古くからの「東京」の範囲(「東京市街の変遷」も参照)に存在する方言の総称。 2. * 「東京都」に存在する方言の総称。1に加えて、多摩弁、八丈方言、小笠原方言、北部伊豆諸島方言など。 3. * 横浜市や千葉市などを含めた、東京を中心とする都市圏の方言の総称。首都圏方言 本記事では上記「1」について記述する。 東京方言(とうきょうほうげん)とは、江戸・東京で用いられてきた日本語の方言である。山の手言葉と江戸言葉(下町言葉)が含まれる。 明治時代に中流階層の山の手言葉を基盤に日本の標準語(太平洋戦争後は共通語と呼ばれる)が整備されたため、共通語と東京方言は同一視される傾向があるが、下町を中心に標準的と見なされない東京特有の発音や表現も少なくない。アクセントに関しても、標準アクセントの基準となる山の手と、下町あるいは多摩とで異なる場合がある。 (ja)
  • 東京方言または東京弁、東京語は、東京で話される日本語の方言。定義は諸説あるが、主なものは次の通り。 1. * 古くからの「東京」の範囲(「東京市街の変遷」も参照)に存在する方言の総称。 2. * 「東京都」に存在する方言の総称。1に加えて、多摩弁、八丈方言、小笠原方言、北部伊豆諸島方言など。 3. * 横浜市や千葉市などを含めた、東京を中心とする都市圏の方言の総称。首都圏方言 本記事では上記「1」について記述する。 東京方言(とうきょうほうげん)とは、江戸・東京で用いられてきた日本語の方言である。山の手言葉と江戸言葉(下町言葉)が含まれる。 明治時代に中流階層の山の手言葉を基盤に日本の標準語(太平洋戦争後は共通語と呼ばれる)が整備されたため、共通語と東京方言は同一視される傾向があるが、下町を中心に標準的と見なされない東京特有の発音や表現も少なくない。アクセントに関しても、標準アクセントの基準となる山の手と、下町あるいは多摩とで異なる場合がある。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 12062 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 4811 (xsd:nonNegativeInteger)
  • 5014 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 77852615 (xsd:integer)
  • 84845563 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • 東京方言または東京弁、東京語は、東京で話される日本語の方言。定義は諸説あるが、主なものは次の通り。 1. * 古くからの「東京」の範囲(「東京市街の変遷」も参照)に存在する方言の総称。 2. * 「東京都」に存在する方言の総称。1に加えて、多摩弁、八丈方言、小笠原方言、北部伊豆諸島方言など。 3. * 横浜市や千葉市などを含めた、東京を中心とする都市圏の方言の総称。首都圏方言 本記事では上記「1」について記述する。 東京方言(とうきょうほうげん)とは、江戸・東京で用いられてきた日本語の方言である。山の手言葉と江戸言葉(下町言葉)が含まれる。 明治時代に中流階層の山の手言葉を基盤に日本の標準語(太平洋戦争後は共通語と呼ばれる)が整備されたため、共通語と東京方言は同一視される傾向があるが、下町を中心に標準的と見なされない東京特有の発音や表現も少なくない。アクセントに関しても、標準アクセントの基準となる山の手と、下町あるいは多摩とで異なる場合がある。 (ja)
  • 東京方言または東京弁、東京語は、東京で話される日本語の方言。定義は諸説あるが、主なものは次の通り。 1. * 古くからの「東京」の範囲(「東京市街の変遷」も参照)に存在する方言の総称。 2. * 「東京都」に存在する方言の総称。1に加えて、多摩弁、八丈方言、小笠原方言、北部伊豆諸島方言など。 3. * 横浜市や千葉市などを含めた、東京を中心とする都市圏の方言の総称。首都圏方言 本記事では上記「1」について記述する。 東京方言(とうきょうほうげん)とは、江戸・東京で用いられてきた日本語の方言である。山の手言葉と江戸言葉(下町言葉)が含まれる。 明治時代に中流階層の山の手言葉を基盤に日本の標準語(太平洋戦争後は共通語と呼ばれる)が整備されたため、共通語と東京方言は同一視される傾向があるが、下町を中心に標準的と見なされない東京特有の発音や表現も少なくない。アクセントに関しても、標準アクセントの基準となる山の手と、下町あるいは多摩とで異なる場合がある。 (ja)
  • 東京方言または東京弁、東京語は、東京で話される日本語の方言。定義は諸説あるが、主なものは次の通り。 1. * 古くからの「東京」の範囲(「東京市街の変遷」も参照)に存在する方言の総称。 2. * 「東京都」に存在する方言の総称。1に加えて、多摩弁、八丈方言、小笠原方言、北部伊豆諸島方言など。 3. * 横浜市や千葉市などを含めた、東京を中心とする都市圏の方言の総称。首都圏方言 本記事では上記「1」について記述する。 東京方言(とうきょうほうげん)とは、江戸・東京で用いられてきた日本語の方言である。山の手言葉と江戸言葉(下町言葉)が含まれる。 明治時代に中流階層の山の手言葉を基盤に日本の標準語(太平洋戦争後は共通語と呼ばれる)が整備されたため、共通語と東京方言は同一視される傾向があるが、下町を中心に標準的と見なされない東京特有の発音や表現も少なくない。アクセントに関しても、標準アクセントの基準となる山の手と、下町あるいは多摩とで異なる場合がある。 (ja)
  • 東京方言または東京弁、東京語は、東京で話される日本語の方言。定義は諸説あるが、主なものは次の通り。 1. * 古くからの「東京」の範囲(「東京市街の変遷」も参照)に存在する方言の総称。 2. * 「東京都」に存在する方言の総称。1に加えて、多摩弁、八丈方言、小笠原方言、北部伊豆諸島方言など。 3. * 横浜市や千葉市などを含めた、東京を中心とする都市圏の方言の総称。首都圏方言 本記事では上記「1」について記述する。 東京方言(とうきょうほうげん)とは、江戸・東京で用いられてきた日本語の方言である。山の手言葉と江戸言葉(下町言葉)が含まれる。 明治時代に中流階層の山の手言葉を基盤に日本の標準語(太平洋戦争後は共通語と呼ばれる)が整備されたため、共通語と東京方言は同一視される傾向があるが、下町を中心に標準的と見なされない東京特有の発音や表現も少なくない。アクセントに関しても、標準アクセントの基準となる山の手と、下町あるいは多摩とで異なる場合がある。 (ja)
rdfs:label
  • 東京方言 (ja)
  • 東京方言 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:方言 of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of