材料工学(ざいりょうこうがく、英語:materials science and engineering)または材料科学(ざいりょうかがく、英語:materials science、マテリアルサイエンス)は、工学の一分野であり、物理学、化学等の知識を融合して新しい材料(素材)やデバイスの設計と開発、そして評価をおこなう学問である。 プロセス技術(結晶の成長、薄膜化、焼結、鋳造、圧延、溶接、イオン注入、ガラス形成など)、分析評価技術(電子顕微鏡、X線回折、熱量計測など)および産業上の材料生産での費用対利潤の評価などを扱う。

Property Value
dbo:abstract
  • 材料工学(ざいりょうこうがく、英語:materials science and engineering)または材料科学(ざいりょうかがく、英語:materials science、マテリアルサイエンス)は、工学の一分野であり、物理学、化学等の知識を融合して新しい材料(素材)やデバイスの設計と開発、そして評価をおこなう学問である。 プロセス技術(結晶の成長、薄膜化、焼結、鋳造、圧延、溶接、イオン注入、ガラス形成など)、分析評価技術(電子顕微鏡、X線回折、熱量計測など)および産業上の材料生産での費用対利潤の評価などを扱う。 (ja)
  • 材料工学(ざいりょうこうがく、英語:materials science and engineering)または材料科学(ざいりょうかがく、英語:materials science、マテリアルサイエンス)は、工学の一分野であり、物理学、化学等の知識を融合して新しい材料(素材)やデバイスの設計と開発、そして評価をおこなう学問である。 プロセス技術(結晶の成長、薄膜化、焼結、鋳造、圧延、溶接、イオン注入、ガラス形成など)、分析評価技術(電子顕微鏡、X線回折、熱量計測など)および産業上の材料生産での費用対利潤の評価などを扱う。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 13954 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 1681 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 76958478 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • 材料工学(ざいりょうこうがく、英語:materials science and engineering)または材料科学(ざいりょうかがく、英語:materials science、マテリアルサイエンス)は、工学の一分野であり、物理学、化学等の知識を融合して新しい材料(素材)やデバイスの設計と開発、そして評価をおこなう学問である。 プロセス技術(結晶の成長、薄膜化、焼結、鋳造、圧延、溶接、イオン注入、ガラス形成など)、分析評価技術(電子顕微鏡、X線回折、熱量計測など)および産業上の材料生産での費用対利潤の評価などを扱う。 (ja)
  • 材料工学(ざいりょうこうがく、英語:materials science and engineering)または材料科学(ざいりょうかがく、英語:materials science、マテリアルサイエンス)は、工学の一分野であり、物理学、化学等の知識を融合して新しい材料(素材)やデバイスの設計と開発、そして評価をおこなう学問である。 プロセス技術(結晶の成長、薄膜化、焼結、鋳造、圧延、溶接、イオン注入、ガラス形成など)、分析評価技術(電子顕微鏡、X線回折、熱量計測など)および産業上の材料生産での費用対利潤の評価などを扱う。 (ja)
rdfs:label
  • 材料工学 (ja)
  • 材料工学 (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:academicDiscipline of
is dbo:field of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:discipline of
is prop-ja:field of
is prop-ja:fields of
is prop-ja:学会種別 of
is prop-ja:専門分野 of
is prop-ja:活動領域 of
is prop-ja:研究分野 of
is prop-ja:職業 of
is foaf:primaryTopic of