暦応(りゃくおう、れきおう、旧字体:曆應)は、日本の元号の一つ。南北朝時代の、光明天皇の代で北朝(持明院統)が使用した。建武の後、康永の前。1338年から1342年までの期間を指す。 この時代の天皇は、北朝(持明院統)が光明天皇、南朝(大覚寺統)が後醍醐天皇と後村上天皇。室町幕府将軍は足利尊氏であった。 非常に珍しい「ら行」始まりの元号である。詳しくは「」を参照のこと。

Property Value
dbo:abstract
  • 暦応(りゃくおう、れきおう、旧字体:曆應)は、日本の元号の一つ。南北朝時代の、光明天皇の代で北朝(持明院統)が使用した。建武の後、康永の前。1338年から1342年までの期間を指す。 この時代の天皇は、北朝(持明院統)が光明天皇、南朝(大覚寺統)が後醍醐天皇と後村上天皇。室町幕府将軍は足利尊氏であった。 非常に珍しい「ら行」始まりの元号である。詳しくは「」を参照のこと。 (ja)
  • 暦応(りゃくおう、れきおう、旧字体:曆應)は、日本の元号の一つ。南北朝時代の、光明天皇の代で北朝(持明院統)が使用した。建武の後、康永の前。1338年から1342年までの期間を指す。 この時代の天皇は、北朝(持明院統)が光明天皇、南朝(大覚寺統)が後醍醐天皇と後村上天皇。室町幕府将軍は足利尊氏であった。 非常に珍しい「ら行」始まりの元号である。詳しくは「」を参照のこと。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 94173 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 7448 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81144843 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • 暦応(りゃくおう、れきおう、旧字体:曆應)は、日本の元号の一つ。南北朝時代の、光明天皇の代で北朝(持明院統)が使用した。建武の後、康永の前。1338年から1342年までの期間を指す。 この時代の天皇は、北朝(持明院統)が光明天皇、南朝(大覚寺統)が後醍醐天皇と後村上天皇。室町幕府将軍は足利尊氏であった。 非常に珍しい「ら行」始まりの元号である。詳しくは「」を参照のこと。 (ja)
  • 暦応(りゃくおう、れきおう、旧字体:曆應)は、日本の元号の一つ。南北朝時代の、光明天皇の代で北朝(持明院統)が使用した。建武の後、康永の前。1338年から1342年までの期間を指す。 この時代の天皇は、北朝(持明院統)が光明天皇、南朝(大覚寺統)が後醍醐天皇と後村上天皇。室町幕府将軍は足利尊氏であった。 非常に珍しい「ら行」始まりの元号である。詳しくは「」を参照のこと。 (ja)
rdfs:label
  • 暦応 (ja)
  • 暦応 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:創建年 of
is prop-ja:年号 of
is prop-ja:生誕 of
is foaf:primaryTopic of